【足がつる】超カンタン!こむら返りの対策と治す方法

足のふくらはぎに激痛が走り、痙攣する「こむら返り」。

走っているときや、寝ているときなどに

突然起こるこの現象はふくらはぎの筋肉が

縮み過ぎることによって起こる。

 

筋肉のしくみ

 

 

筋肉は脳からの命令が

電気信号で筋肉に伝わって収縮する。

筋肉が収縮することでそのまたいだ骨と骨の

距離を縮めることができる。

 

この収縮がなんらかの原因で過剰にいきすぎた状態。

縮みすぎてそれ以上縮めないところまで

いってしまって力が行き場を失ってプルプル

ふるえている状態。

 

手を胸の前で合わせて両手を強く

押し合っても、力が行き場を失くして

ぶつかり合って腕がプルプル震える。

これがふくらはぎの中で起こっていると

考えるとわかりやすい。

 

 

 

 

 

さまざまな原因がある

 

冷えによる血行不良

 

縮みすぎる原因として、「冷え」がある

冷えて血管が収縮すると血行が悪くなる。

血行が悪くなると筋肉に酸素と栄養がじゅうぶん

行き渡らなくなり、筋肉がパニックを起こして

縮みすぎてしまうというイメージ。

冬のほうが起こりやすいと思われがちだが

冬は寒いのでふとんを足までかけることが

多いのでそうでもないみたい。

 

 

むしろ、夏のほうがエアコンを使って部屋を冷やし

ふとんは薄いものを使って足までかけることが

少なくなる。なので足が冷えてしまう。

 

疲労の蓄積による血行不良

 

同じように血行が悪くなるもので

「疲労の蓄積」がある。

疲労がたまると筋肉に老廃物がたまっていく。

 

老廃物が邪魔になって血行が悪くなる。

ちょうど排水溝にゴミがたまって

水の流れが悪くなるようなイメージ。

 

 

 

この疲労の蓄積は長年の積み重ねによるものが

多くて一朝一夕でなるものじゃない。

なので筋肉が硬くなってしまっていて

ひどいときには「肉離れ」を起こしてしまう。

生のお肉は弾力性があるけど、

ビーフジャーキーは弾力性がなくて

なかなか噛み切れないみたいな感じ。笑

 

 

 

オーバーヒート

 

また、運動中におこる「こむら返り」は、

筋肉の収縮に必要なエネルギー源の「糖質」が

不足することによって起こる。

運動量とエネルギーの補給のバランスが崩れて

運動量のほうが多くなるとエンジンが熱しすぎて

オーバーヒートを起こしたような状態になる。

これは普段運動不足な人ほど起こりやすい。

 

 

無意識に足を動かすことで起きるこむら返り

 

 

寝ているときの一瞬で目が覚める

絶望的なあの痛み。

人は睡眠中の動きはコントロールできない。

 

 

起きてるときなら「これ以上動かしたらつる」

ということがわかるものでも、

寝ているときは意識がないのでそんなこと

おかまいなしにやっちまう。

寝違えて首が痛くなるのもこれと同じ原理

 

 

 

 

予防と対策

 

 

いちばんいいのは

「筋肉がこむら返りを起こさないこと」

そのためにやるべきことは

「筋肉を常に柔らかく保つこと。」

たったこれだけ。

口で言うのはものすごくカンタンなこと

なんだけれども、なかなかそうはいかない。

 

 

予防法その①「冷やさないこと」

 

ふくらはぎは心臓から離れているので

どうしても血液が行き渡りにくい。

なので必然的に冷えやすい。

あまりそういう意識がないかもしれないけど、

触ってみるとけっこう冷たかったりする。

いちばんいいのはお風呂にゆっくり浸かって温めること。

 

 

オススメは半身浴で20〜30分ぐらいゆっくりつかるとイイ。

 

「足湯」もかなり有効な方法で、

バケツにお湯を入れてこれも20〜30分ぐらい。

 

予防法その②栄養をしっかりとること

 

筋肉が活動するためには

カルシウムやナトリウムが必須アイテムになる。

ふつうに生活していればこれらが不足することは

あまりないけど、ダイエットなどで

栄養が足りてないとこむら返りを起こしやすくなる。

 

 

予防法その③「筋肉をほぐすこと」

 

 

筋肉をほぐすために速効性があるのは「ストレッチ」。

ストレッチをすれば一時的に筋肉が伸びて

血管が広がるので血行が良くなる。

それで酸素や栄養がじゅうぶんに行き渡るので

1、2時間は乗り切れる。

そしてすぐ元に戻る。笑

 

筋肉をほぐすためには

適度な運動をするのもイイ。

運動をすれば、筋肉を使って体が温まるので

そのぶん血管も広がりやすくなる。

 

いろんな対策をしてもどうしても

こむら返りを起こしてしまうときもある。

そんなときは筋肉を伸ばして、

手などでほぐして温めるとイイ。

 

何よりも大事なこと

 

いちばん大事なのは何よりも「気持ち」。

健康な状態を保とうとする姿勢が何よりも大事なこと。

僕がとったデータでは、

こむら返りを起こしやすい人というのは、

自分でなんとかしようという

意志を感じられない人が圧倒的に多い。

こんなにもネットとかで情報があふれてるのに。

 

 

、というわけでこむら返りを起こさないためには

手間も時間もかからなくて方法としては

カンタンなんだけど、継続させることがムズカシイ。

気持ちを切らすことなくやることで

こむら返りなんかチョチョイのチョイ。

 

ご案内

これまで年間6000人、のべ4万人以上の人の体を治してきた

知識と経験をすべてつめこんだ電子書籍を執筆しました。

 

…、とはいってもまだまだ執筆中なので定価1700円を半額以下の

780円で期間限定配信します。一度購入すればどれだけ更新しても

追加でお金を払う必要はないのでご安心を。

完成したら定価に値上げします。お早めにどうぞ!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

書籍をみてみる

 

 

↓↓↓あわせて読みたい体に関する記事あれこれ↓↓↓

能ナシ整形外科医が何もしてくれない理由と治療法を徹底解説!

【足首の違和感】捻挫の後遺症でむくみが起こる?

野球で肘の内側が痛い少年たちの保護者さまに伝えたいこと

手首に違和感、痛みを感じたら。知られざる腱鞘炎やバネ指の原因とは

原因は〇〇だった!?一瞬で背中の痛みから解放された

足を捻挫したときにすみやかにすべきこと

すべては脳の勘違い??体が痛い原因は意外なところにある