1日5分で絵が上手くなる極意

1日24時間。分になおすと1440分。

そのうちのたった5分。288分の1日。

今までいろんな人を見てきたけど、

そんなごくわずかな時間でさえ、

毎日続けるとなるとできる人がかなり限られてくる。

 

たとえばストレッチ。

 

僕はこれまで整骨院の院長として

6000人以上の人の体を治療してきたけど、その人たちが

必ず言うことが「どうすれば痛くなくなりますか?」

、ということだった。

僕は「1日5分でもいいのでストレッチをしてください。」

、と返した。

 

1日5分〇〇をするだけでケガをしない健康な体が手に入る

 

ストレッチは毎日毎日5分でも、集中してやるだけで、

早い人なら1ヵ月もあれば少し体が柔らかくなっている

ことが実感できるぐらいにはなれる。

 

だけど、これができる人はホントにごく一部だけだった。

僕の話を聞いて「頑張ります!」、と意気込んで

やり始めたとしても、平均すると5日ぐらいしか続かない。

 

最初に意気込んで頑張りますっていう人はまだマシなほうで、

中には「時間がない」とか「そんなことできない」とか

トンチンカンなことをほざいてらっしゃる方もいる。

 

要はやる気がないだけなのだなと。

 

本気で健康な体を手に入れたいと思うなら

頭の中に常にそのことがあるはず。

どんなに仕事、その他もろもろ忙しくても、ほんとうの意味で

本気になればそのことが頭から離れなくなるものだ

 

そして時間なんてものは作ろうと思えばいくらでも作れる。

寝る時間でもなんでも削ればいい。

たった5分なんだから。

 

ケイゾクハチカラナリ

 

 

僕はこれまでにバスケットボール、ドラム、絵をやってきた。

そのうち、ドラムと絵はお金を稼げるまでに上達した。

バスケでも高校1年でレギュラーをとれるぐらいまで上達した。

 

楽器でもスポーツでもいきなり上手くなんてなれっこない。

 

僕が高校のとき、はじめてドラムセットに座ったにもかかわらず、

いきなりエイトビートを叩いてまわりを驚かせた。

そしてまわりにいた連中の度肝を抜いた。

まわりにいた連中には僕が初めてのくせに

いきなりドラムを叩いてるように見えたのだろう。

 

でも真実は違う。

 

僕は中学2年生のときに同級生がドラムを叩いてる姿をみて

感動していつかドラムをやってみたいなーぼんやり思った。

それ以来、頭の中でずーっとドラムを叩く

イメージトレーニングをくりかえしていたのだ。

いつそんなチャンスがくるかなんてわからないのに。笑

 

 

 

なのでドラムセットに座ったのは初めてだったけど、

ドラムの練習自体はひそかに頭の中でしていたのだ。

 

だけどそんなこと知らないまわりの連中は

「おまえ天才かっ」、とかいってはしゃいでくれる。

それが嬉しかった。

 

初めてドラムセットに座ったのが高校2年生のときなので

およそ2年間、僕はドラムの練習を頭の中でくりかえしていた。

 

ときには手や足を動かしたりして。

でも1日にやる練習量なんてたかだか5分とか10分とかだったと思う。

 

 

ちりも積もればなんとかなるもんだ。

 

 

 

 

1日5分で絵が上手くなる

 

 

本気でやる気があれば1日5分絵を描くだけでも

上達は可能なことだと思う。

 

ただ、5分というのは実際に白い紙に向かってるのが5分というだけで、

それ以外の時間でも常にあそこはこうしてとかあれがああなってとか

もうちょっと力抜いて描いたほうがいいかなとか、

頭の中は常に絵のことでいっぱいになる。

 

なので実質的に1日5分ではなく、

1日中絵のことばかり考えてしまっていることになる。

 

そして本気でやる気があるなら、

1日に5分で終わることなんかありえないと僕は考える。

 

だって上手くなりたくて練習したくてしかたないんだもの。

 

 

もっと上手く描きたいから5分でできることなんか限られてるし

どんなに忙しくても最低1時間は絵を描く練習をしたい。

 

本気になるってそういうことだと思う。

 

楽して絵が上手くなるとは僕は思わない。

 

僕は人物画がすごくニガテだった。

、というよりかなりヘタだった。

 

ほかの動物と比べると言葉が理解できるぶん

感情が移入しやすいので表情もより複雑になる。

 

顔は笑ってても心は曇ってるなんてことはよくある。

 

そんな微妙な表情をとらえることはできても、

紙の上に表現するということが僕にはできなかった。

だけど、絵を描いて生きていくということは

そんな依頼があるかもしれない。

 

そんなふうに思うとせっかく依頼してくれた人が

がっかりしてしまう。

だったら逃げるわけにはいかねぇ。

 

そんな思いで泣きそうになりながらも

毎日毎日ニガテだった人物画を描きまくった。

 

そのときの絵を描いてた時間は1日に2時間3時間は夢中になって

描いていたので5分なんてあっという間に過ぎてしまっていた。

 

でもときにはホントにイヤになって投げ出したくなったこともあった。

 

それでもふんばって描きつづけた。

そしたらあるとき、

コツみたいなものをつかむことができて、

それからは自分でも驚くほどみるみる上達していった。

おかげで人物画の依頼もくるようになった。

 

いちばん嬉しいのは依頼主に絵を見せた瞬間の笑顔。

 

 

正直、渡すまでは「喜んでくれなかったらどうしよう」、

という不安と、「大丈夫、全力を尽くしたんだからっ。」、

という自信がだいたい7対3ぐらいの割合で不安のほうが大きいのだけど。

 

それでも絵を見て喜んでくれたら

ホッと肩をなでおろして不安から一気に解放される。

 

その瞬間、あの苦しかった時間がすべて報われる。

 

 

まとめ

 

 

1日5分っていうと楽してできるというイメージがあるけど、

のめりこんでしまえば5分なんて時間は勝手に過ぎて

いつのまにか2、3時間やってたなんてこともよくある話。

 

ようはその「のめりこむ」ことができるかどうかで

過程が全然ちがうものになるということ。

過程が変われば当然結果も全然ちがったものになる。

 

気持ちが大事だというおハナシでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください