筋肉は鍛えるべきか否か:体が痛いときは鍛えると逆効果!?

「筋肉は鍛えたほうがいいんですか?」

 

体のどこかが痛くなってそれを治療して

治ったあとに聞かれることが多い質問です。

 

要するに「今後痛くならないようにするためには

どうすればいいのか?」

ということを知りたいということですよね。

 

 

結論からいうとその前にやるべきことがあります。

 

もちろん人間の体は使い続けないと

ドンドン衰えていくだけなので「鍛える」

ということに関しては決して間違ってはいません。

ただ、鍛えるというのは

それだけ筋肉に負荷をかけるということです。

人間の体がどこかしら痛くなるのは

十中八九「筋肉」からきます。

関連記事⇒体のあらゆる「痛い」の原因は筋肉の疲労が8割以上を占めている

 

 

筋肉に疲労物質がたまってそれが

血流を邪魔して次第に筋肉は硬くなっていきます。

その"硬さ"が原因でいたるところに

痛みが生じてしまうのです。

肩こりに悩まされている人なら

肩のまわりをさわってみれば

筋肉が硬くなってることがおわかりになると思います。

 

 

この硬い状態でさらに筋肉に負荷をかけてしまえば、

硬さが倍増してしまいます。

そうなればせっかく治った痛みがリバウンドしてしまいます。

ではどうすればいいか?

 

筋肉は鍛えるよりもストレッチ

 

 

人間の体は日々の生活の中でたえずどこかしら動いています。

たとえば1日中机に向かってる人でも、

動いてないように見えて実は"座る姿勢"を保つために

首から腰、お尻から足まで、

筋肉は常に血液を循環させて活動しています。

 

 

そして連続で同じ姿勢ばかりとってしまうと、

筋肉はずーっとその状態を保たないといけなくなります。

縮んだら縮みっぱなしの状態です。

それでは血液が細かいところまで行き渡らなくなってしまうのです。

 

これが筋肉が硬くなる原因です。

 

 

硬くなった筋肉を長い間放置していると

やがて痛みがやってきます。

 

そうなってしまう前に筋肉を

常に柔らかい状態を保つことが大事なことです。

 

 

筋肉を柔らかく保つ方法

 

 

 

一時的に柔らかくするのであれば、

マッサージをしてほぐしたりすることも有効な方法です。

が。

それでは時間がたてばまたすぐ痛くなってしまいます。

いちばんカンタンで手間がかからないのが「ストレッチ」です。

ストレッチは縮こまった筋肉を伸ばして

面積を広げて血流を促す効果があります。

 

 

ストレッチを毎日定期的に行えば、

少しずつですが体は柔らかくなっていきます。

 

特に腰が痛い人なんかは足がカタくて

前屈しても手が地面につかない人が多いです。

 

毎日ストレッチして手が地面につくようになるだけでも、

腰の痛みはずいぶんマシになります。

 

 

肩こりの人は1時間に1回ぐらい肩を回したり

首を回したりして縮こまった筋肉を

解放させてあげるだけでも肩こりはマシになります。

 

 

こんなふうに筋肉は鍛えることよりも、

柔らかい状態をキープするということに

重きを置いたほうがイイんです。

 

 

継続が命

 

 

毎日ストレッチしてても、

その効果が出てくるのは早い人で1ヶ月ぐらいです。

遅い人だと半年とか1年とか。

 

ちなみに僕は地面に手がつくまでに

半年ぐらいかかりました。

毎日欠かさずやったにもかかわらず。笑

 

、というように効果が出始めるのは非常に遅いです。

なので1ヶ月も続かない人がほとんどです。

 

これはホントにもったいないことです。

続かないからまた痛くなって同じことの繰り返し。

、、なんてことにならないように、

自分の体は自分でしっかり管理すべきです。

自分のことは自分がいちばん知ってるので。

 

 

↓↓↓あわせて読みたい体に関する記事あれこれ↓↓↓

能ナシ整形外科医が何もしてくれない理由と治療法を徹底解説!

【足首の違和感】捻挫の後遺症でむくみが起こる?

野球で肘の内側が痛い少年たちの保護者さまに伝えたいこと

手首に違和感、痛みを感じたら。知られざる腱鞘炎やバネ指の原因とは

原因は〇〇だった!?一瞬で背中の痛みから解放された

足を捻挫したときにすみやかにすべきこと

すべては脳の勘違い??体が痛い原因は意外なところにある

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください