【腰痛対策コルセット】正しい巻き方を知らないとお金のムダ

腰が痛いときなどに巻いている人が多い「コルセット」

 

意外と本当の使い方を知らない人が多いので、世の中から腰痛で悩む人が減ることはないんだろうか?と不安で胸が高鳴ってきたので今回は正しいコルセットの使い方の解説をしていきます。世の中から「腰痛」がなくなることを願っています。

能書きはいいからさっさと巻き方教えてほしい場合は下まで飛ばしてください。そんな方のためにネタバレすると意外なほど下に巻くんです。

それだけっす。

超カンタンです。ぜひ最後まで読んでみてください。「ああ!なるほど!」ってスッキリすること間違いナシです。

 

腰痛のことを隅から隅まで詳しく書きまくったオススメの一冊をあなたにお届けします。読むだけでも腰痛がスッキリ改善します。期間限定今ならワンコインです。※改善するかどうかは個人差があります

 

 

腰の痛みの原因は意外なところにある

 

 

腰の痛みはだいたい腰に原因はなく、腰の下のお尻の部分にあることがほとんどです。

 

今までほぼ100%腰痛を治してきた僕の経験則なので間違いありません。

、というのも体の構造をちゃんと考えれば至極当然のことなのですが、これを理解している人は驚くほど少ないのも事実です。

整形外科のお医者さんとかでも知らない人のほうが圧倒的に多いのが現実です。

なので今ここでそれをしっかり理解してもらって少しでも腰が痛いのを和らげてもらえればと思います。

 

腰痛の原因は二足歩行にあり

 

まずは腰の痛みの原因をキチンと理解しましょう。

これが理解できないとそれに対する処置ができません。

なぜ腰が痛くなるのでしょう?

理由は超カンタンです。僕ら人間という動物は唯一二足歩行で生活する生き物だからです。

大昔、僕らの祖先である猿は二足歩行ではなく四足歩行でした。

進化の過程で二足歩行することによってもともと「前脚」として使っていたものを「手」として自由に使えるようになりました。その手を使って道具を使うようになると脳がどんどん発達していきました。そこからさらに進化が急激に進み、手を自由に使うことでさまざまな文化が生まれ、今日の文明の発展があります。

その文明の発展により僕らは何不自由ない生活を送ることができています。

そうなんです。大昔は人間の祖先もサルやチンパンジー、ゴリラといった同じ類人猿の仲間と同じように四足歩行で移動してたんです。

四足歩行のいいところは体重を4つの場所に分散できたところにあります。

ひとつの脚にかかる負担は四分割だからその分少なくてすむんです。

でもどっかに頭のいいヤツがいました。

「二本足で立てば前脚自由につかえるやん!」

って。

そうやって長い年月をかけて進化を遂げて後脚だけで立つようになり、前脚を他のことに使えるようになったというわけです。

 

腰に負担が増えたことで腰痛のリスクが増えた

 

そうして長い年月をかけて前脚を自由に使えるようになりました。そうなるとその分いろんなところに負担がかかるようになってしまいました。

一番負担がかかるところはどこでしょう?ぱっと見たら足にいちばん負担がかかるようにもみえます。

体重が全部足に乗っかってくるのでそうみえるのは仕方ありません。

でもホントはそうじゃないのです。足はなんだかんだ言っても動かせるしよっぽどずっと同じ姿勢を続けない限りはそんなに負担がかかることはありません。

歩けばその分負担は分散するし、座れば足に負担がかかることはありません。「座る」と「立つ」の姿勢を交互に入れ替えればそのぶん負担を分散させたりすることもできます。

なので足がいちばん下にあるのですが実はそんなに負担がかかるというわけではなさそうです。

実際に僕のところに足が痛いとやってくる人は僕のデータの中では全体のおよそ2割ほど。

何かスポーツをしたり特別な行事や仕事で一日中同じ姿勢で立ちっぱなしだったりしない限り、足が痛くなるということはそんなに起きていません。

でも腰に関しては、立とうが座ろうが歩こうが同じ重力が常にかかっています。

寝たきりの人でも腰には負担がかかって腰が痛くなるほどです。

そのぐらい腰という部分には負担がかかってるということになります。

そしてこの腰を支えている場所が存在します。それがお尻の筋肉、「臀筋」というやつです。この臀筋が頑張ってくれていることを知る人がホントに少ないのが事実です。

腰痛の真実は殿筋が健気に頑張りすぎて「もう無理!」ってなった状態です。

もっと詳しく知りたいという方はコチラの書籍をご一読ください。

 

「コルセット」の正しい巻きかた

 

勘違いしている人が圧倒的に多いのですが、腰が痛いのを和らげるためにコルセットやその他のバンドなどを巻くのはいいんですがおなかの部分に巻いている人を多く見かけます。

これは実はほとんど意味がないんです。

なぜ意味がないのかというと、その部分に巻いたところで腰にかかる負担はなにも変わらないからです。

図のように重力はコルセットの間を素通りしてしまっているのでもはや何のために巻いているのかわからないですね。

しかもこの部分に巻いてしまうとおなかが苦しくなってしまうだけです。

せっかくのコルセットなのに正しく使わないと無意味です。

 

思ったよりも下にもっていく

 

腰が痛くなるのは臀筋が負担に耐えきれなくなって限界がきた状態です。

本来分散するはずの負担がすべて腰にきてしまうのです。なので腰が痛いと感じてしまいます。

人間の腰は弱っちいのですぐに根を上げてしまうのです。その負担を少しでも和らげてあげることが大切です。

そうするためには

巻く位置を少し下の骨盤のところに持っていけばOKです。

そうすることで臀筋がしている仕事を手助けできます。

重力は骨盤から大腿骨に向かって逃げようとします。

それを逃げないように支えているのが臀筋なのでその負担をコルセットなどに委ねてしまおうという仕組みです。

コルセットを巻いて締め付けることで重力が外に逃げて足が開いていかないようにします。

 

コツは足の付け根あたりをさわったときに少し出っ張ってる部分があるのでその部分をコルセットの真ん中にもっていって骨盤を下から持ち上げるようなイメージでやるとちょうどイイです。

巻く位置をほんの少し下にするだけで驚くほど痛みは軽減します。

そしてできるなら結構キツめに巻く方がより効果は期待できます。

コルセットなどがない場合はなんでもいいので骨盤を包み込めるようなバスタオルなどでもいいです。

これはカンタンかつ効果はバツグンなのでぜひ一度お試しください。

ちなみに僕のオススメはこれです。

商品説明では例によって上のほうに巻いていますが下のほうに巻いたら効果倍増でまるで別人のように腰が軽くなります。

 

ここまで説明しといてアレなんですが、コルセットは着用するのが当たり前になってしまうと腰まわりの筋肉がドンドン弱ってしまって歩けなくなってしまいます。コルセットなしで快適な生活を送れたらそれに越したことはありません。

コルセットはあくまでも最終手段として、応急処置的に使うのがいいと思います。

僕は仕事柄、腰が痛くて悩んでる高齢の人たちを何人もみてきました。ヒドイ人だと腰が直角に近いぐらい曲がってしまって高い所のものが取れなかったり、顔を洗うのにもひと苦労なんてことも珍しくありません。そんなふうにならないようにするためには日々の積み重ねが大事なことです。腰の仕組みをちゃんと理解して正しい方法でケアすれば間違いなく健康で豊かな人生をまっとうできることでしょう。『腰痛の書』では腰痛の仕組みから対策までを隅から隅まで余すことなく書き記してあります。腰痛に苦しむことのない快適でステキな人生をサポートします。ぜひご一読ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください