オスグッドで膝のお皿の下が痛い子どもたちの対処法と対策

「膝が痛い」

「膝のお皿の下の部分が痛い」

もし子どもがそんなことを言い出したらそれは

"オスグッド・シュラッター病"という成長期特有の症状を

疑ったほうがいいです。

 

病気のような名前がついていますが正確には

特にウイルスとか細菌がカラダを攻撃してる

わけではないのでそういう意味ではそんなに心配する必要はありません。

 

このオスグッドというのはバスケやバレーボールなど

ジャンプを多用するスポーツをする

10歳~15歳ぐらいの子どもに起こりやすいです。

運動中はそんなに痛くなくても運動を終えて

カラダが冷えたときに歩けないぐらいの激痛に襲われるのが特徴です。

 

この運動中はそんなに痛くないというのがミソで

普通のケガなら痛くて運動どころではないのですが、

体がある程度温まると痛みがおさまってしまうんです。

 

その原因と対策について解説していこうと思います。

 

 

オスグッドの原因

 

 

カンタンに説明するとオスグッドというのは

膝のお皿の下の部分の骨を筋肉が過剰に引っ張ることで

その部分の骨が剥がれそうになってしまった状態のことです。

 

子どもは成長期に入ると成長ホルモンが

大量に放出して背がぐんぐん伸びてきます。

この時期の子どもは成長するために骨が柔らかくなります。

柔らかいので大人の骨よりも傷つきやすい状態になっています。

 

 

オスグッドの原因は「大腿四頭筋」

 

 

大腿四頭筋はその名のとおり股関節や大腿骨から

4つの筋肉が伸びていてその4つの筋肉がまとまって

脛骨の脛骨粗面という部分に付着しています。

 

激しい運動をしたりジャンプを繰り返したりすると

大腿四頭筋を激しく伸ばしたり縮めたりすることに

なるので脛骨粗面が過剰に引っ張られてしまうのです。

引用:https://www.joa.or.jp

成長期で柔らかくなってる骨はいわば大人の

硬くなった骨よりも傷つきやすい状態なので

激しく引っ張られると骨が剥がれてしまうのです。

 

この剥がれた状態がオスグッドです。

 

引っ張られた骨が剥がれてどんどん膨らんできて

激痛が走り、ボコっと腫れ上がったような状態になります。

 

オスグッドの対処法と対策

 

 

先ほども書きましたが運動中は血液の流れが

活発なので筋肉はある程度柔らかい状態にあります。

 

柔らかいということはそれだけ伸びしろがある状態なので

そこまで骨を引っ張ってしまって痛くなるということはありません。

が。

運動を終えると筋肉は冷えて血液の流れも悪くなります。

 

すると筋肉の状態は運動中よりも硬くなっていきます。

すると筋肉の伸びしろがなくなるので骨を引っ張ってしまいます。

 

運動中よりも終えた後のほうが痛いのはそのためです。

ではどうすればいいのか?

 

痛いからといって冷やしてはいけない

 

 

捻挫や打撲みたいな明らかに原因があって

ケガをした場合は真っ先に冷やすことを

考えるのが一般的です。

だけどオスグッドはケガでもなんでもなく、

筋肉が硬くなって起こる症状なので

絶対に冷やしてはいけません。

 

冷やしてしまったら逆に

筋肉が余計に硬くなって痛みが増強してしまうので。

 

最悪、冷やすとしても膝のお皿の下の部分のみです。

 

でも一部分を冷やしてしまうとその周辺にも

冷たいのが伝わってしまうのでできれば冷やさないほうがいいですね。

 

太ももの筋肉をほぐして温める

 

 

オスグッドは太ももの筋肉が冷えて

付着部分を引っ張るから痛みが起こるので

冷やすのではなく逆に温めるほうがいいです。

温める場所は太ももの前の筋肉です。

温めることによって筋肉がほぐれるので痛みは軽減します。

 

もしくはできるのであれば手の親指の付け根のところで

太ももの前の部分をこするようにマッサージしてあげるとイイです。

 

柔軟性がないとオスグッドになりやすい

 

 

オスグッドは筋肉が硬くなることで起きてしまう症状なので

カラダに柔軟性があるのとないのでは

柔軟性がないほうがオスグッドになりやすいです。

 

なのでスポーツをやる人にとっては当たり前の話ですが

前屈して手が床に着かないようなカラダの硬い人は

オスグッドになる可能性が極めて高いということになります。

 

この柔軟性というものをナメてかかってる人が非常に多いです。

柔軟性がないということはオスグッドになりやすい

だけでなく、大きなケガの原因にもなりえます。

これはどんなスポーツでも同じことです。

実際僕が治療してきた10代の若い子たちの

ほとんどがカラダがカタイ子たちでした。

 

柔軟性を高めるためには、毎日欠かさず

ストレッチをして少しずつ可動域を広げていきます。

これ以外に方法はありません。

 

ちなみに僕自身もこのオスグッドで

中学1年生のいちばん大事な時期に半年ぐらい棒に振ってしまいました。

そのときの僕のカラダは硬かったです。苦笑

ストレッチもほぼしてないに等しい状態だったので

柔軟性は皆無に等しかったですね。

 

だからオスグッドに苦しんでしまったのです。

 

まとめ

 

オスグッドになってしまうと

軽傷なら大人になってまで苦しむことはありませんが、

僕は30を超えた今でも膝のお皿の下の部分が

ボコっと出てしまっているので正座をするとき

多少違和感を感じることがあります。

 

オスグッドになるかならないかは個人差があるので

同じようにカラダが硬くてもならない人もいます。

だけどなってしまってからでは遅いので

成長期のスポーツをやる子どもは

カラダの柔軟性を高めるに越したことはありません。

どうしても痛い場合はこんなアイテムも使ってみるといいですよ。

痛みが半減します。

 

 

ご自愛ください。

 

 

↓↓↓あわせて読みたい体に関する記事あれこれ↓↓↓

能ナシ整形外科医が何もしてくれない理由と治療法を徹底解説!

【足首の違和感】捻挫の後遺症でむくみが起こる?

野球で肘の内側が痛い少年たちの保護者さまに伝えたいこと

手首に違和感、痛みを感じたら。知られざる腱鞘炎やバネ指の原因とは

原因は〇〇だった!?一瞬で背中の痛みから解放された

足を捻挫したときにすみやかにすべきこと

すべては脳の勘違い??体が痛い原因は意外なところにある

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください