ゲームの世界観が好きすぎて絵にしてしまった水墨画アート

「聖剣伝説」というゲームがあるのをご存知だろうか?

ゲームボーイ(任天堂)というゲームのソフトで

スクウェア(現:スクウェアエニックス)という

会社から発売されたソフトなんだけども

このゲームに夢中になってとにかく遊びまくった。

 

 

「聖剣伝説」はマナの樹という聖なる樹をめぐって

守る者とその力を利用して世界を支配しようとする者の

争いを主軸において、奴隷剣士だった主人公が

いろんな出会いや別れを経て成長しながら、

マナの樹を守るジェマの騎士として成長していくという

壮大なストーリーのアクションRPG。

 

このストーリー展開の良さと音楽の素晴らしさで

発売から20年以上たった今でも根強いファンが多く存在するほどだ。

 

もちろん僕もそのひとり。

 

気になる人はぜひプレイしてみてほしい。

絶対ハマるから!

注意点として実際にプレイするならゲームボーイ版がオススメ。

 

いろんな媒体でリメイクされてるけどやっぱり

初代のゲームボーイ版のやつがいちばん

雰囲気があるというか、空気感が全然違うので。

 

世界観(ネタバレ)

 

 

このゲームのいちばんのみどころは

ヒロインの少女の正体がマナの樹の種であるということ。

 

マナの樹は世界を守る役目がある。

 

いろんな冒険を乗り越えて最終的にマナの樹は消滅してしまう。

 

そこで彼女は元々のマナの樹だった母の教えにより

自分が種になってマナの樹を復活させる道を選ぶ。

 

 

その少女の決意があまりにも印象深かったので

それがずーっと頭に残っていた。

 

そんな少女の決意を絵にしたのがこれ。

 

 

タイトルは『想いは調べにのせて』

 

この絵はマナの樹から世界を見下ろす少女を描いていて、

実際には彼女は樹なのだからこんなふうに

人間として現れることはないんだろうけど、

僕なりのアレンジでこんな構図にした。

 

タイトルもゲーム中に流れるBGMのタイトルそのまんまである。

 

僕はこのゲームが好きすぎてどこかで

その世界観を自分で絵に描きたいと思っていた。

その念願を叶えたものすごく思い入れのある絵。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください