魅力的な絵を描く方法:上手いか下手かよりも大事なこと

絵を魅力的に描くということにおいて最も大切なことは

絵が放つ雰囲気や世界観が出せているかどうかです。

極端な話、下手でも世界観や雰囲気、要は伝えたいこと、

自分の内なるものが前面にでていればそれでいいのです。

それを無視して技術ばっかりを追い求めてしまうと

すっからかんの中身がない絵になってしまいます。

そんな絵は「上手いなぁ~」とは言われますがあまり印象には残りません。

どうせなら見る人の頭に強烈なインパクトを残したほうが楽しいですよね。

絵描きにとっていちばん嬉しいのは「上手い」よりも

「なんかわからんけどいい」とか「すごい引き込まれる」とか

そういうお言葉がいちばん嬉しいんです。

もっと言うと「上手い」のは当たり前なんです。だって絵描きなんだもの。

大事なのはそこから先のことでしょ?

今回はそんなお話です。

 

伝えることが何よりも大事なこと

 

大事なことなのでもう一回言います。

絵は自分の「内なるもの」を紙の上に表現する芸術です。

ただ、自分の内なるものを正確に表現するためには

それなりの技術だったり知識があったほうが、

より見る人に伝わりやすいというだけの話です。

 

たとえば子どもが描く絵は下手だけど、妙に伝わってくるナニカがあります。

わかってくれます?笑

それは子どもには上手く描こうとかそういった余計な気持ちがないから。

彼らは純粋に楽しいから描いてるだけです。

ただ描きたいから描いてるだけです。

描いてるときもただ無心で何かを表現しようとしています。

だから一切迷いがないのです。

その迷いのなさがより明確に、手を通って

紙の上に"自分の中のナニカ"を爆発させます。

ここがめちゃくちゃ大事なところですね。

 

芸術っていうのは、音楽でも絵でも彫刻でもなんでもそうですが、

自分の中にある"ナニカ"が一番大事なことです。

極端な話、下手でもいいんです。伝われば。

上手いけど何も伝わってこないぺらぺらな絵を描く人もいます。

そんな絵に魅力を感じますか?

感じないですよね。

僕は、音楽をやっているときにこの大失敗をしたことがあります。

技術や知識が先走ってしまって

自分の中の内なる"ナニカ"を伝えるということを

完全に後回しにしてしまいました。

僕はドラム担当だったのですが、

ドラムセットに座って演奏してるときに技術的なことを考えてしまって

演奏がすごく中途半端なものになってしまったんです。

 

というかもうクソみたいな演奏でした。そのときは。

今思い出しても穴があったら入りたいぐらい恥ずかしい…。

 

それが聴いてる側からするとその場から帰りたくなるような

ヒドイものになってたりします。

実際あとでボロクソに言われたのを覚えています。

もはやなんのためにやってるかわかりません。泣

演奏するときの心のありようってすごく大事なことなんです。

これは芸術全般に言えることです。

 

そんな経験をしたからこそ、

芸術は技術は関係ないんだなということを思い知りました。

 

プロとしてやっていくと決めたからにはたしかに

技術や知識はあって損するものではありません。

でもそれはあくまで実際にその物事に取り組んでないときに

考えるべきことなんです。たとえば描き終えた絵を見ながら

「もっと技術があればこの波の表現もっと水っぽくなるのになぁ~」

って考えるのは素晴らしいことだと思います。

でも描いてる最中にそんなことを考えていたらそれは邪念にしかなりません。

そういうのって全部紙の上に表現されちゃうんですね。

本人にその自覚がなかったとしても。

だから描くときは全身全霊をかけて描くことに集中する

これが魅力的な絵を描く最大のコツであり、最初の一歩です。

【お知らせ】

絵画教室始めました。

お得情報満載です。

     ↓↓↓click!!↓↓↓

 

 

芸術には魔法がある

 

プロドラマーの村上ポンタ秀一氏が

棒きれ持って10000年やるよりも、

もっと広い視野でたとえば綺麗なものを見る、

それに感動する、思いっきり泣く、思いっきり怒る、

思いっきりスケベな気持ちになるとか、

そっちの方が大事で、そういう感性があるからこそ

音符を操ったときにそれこそ

音楽のマジックみたいなものがあるんだけど

そういうことを考えないでやってるやつと

同じことやってても表現が全然違ってくる。

 

と言っていました。

もうね。これに尽きるんです。

素晴らしい言葉です。

音楽だけじゃなくてすべての芸術に通じる言葉です。

この言葉をはじめて聞いたのはかれこれ20年ぐらい前の話ですが、

このときに受けた衝撃は今でも鮮明に覚えてます。

この言葉がずーっと頭にはありました。

 

が。

 

その当時はわかってたつもりでも、後々考えたら

全然わかってなかったことに気づきました。

 

わかったフリをしてただけでしたね。

何十年か後に同じこと言ってるかもしれませんが。笑

芸術全般に言えることです。

 

技術どうこうで悩むことよりも、

いかに自分の身の周りのものに触れて

それに対して心を動かせるかどうか。

要するに「わあ!すげえ!!」って子どもみたいにはしゃげるかってことですね。

 

心を動かされることによって感性がどんどん研ぎ澄まされていきます。

その研ぎ澄まされた感性が自分の中の"ナニカ"を成長させてくれるのです。

これはもう一種の魔法のようなものです。

僕はこの言葉では表現できない魔法のことを「ナニカ」と呼んでいます。

「ナニカ」に触れるとタマシイが突き動かされるんです。

 

【お知らせ】

絵画教室始めました。

お得情報満載です。

     ↓↓↓click!!↓↓↓

 

 

魅力的な絵を描くための考えかた

 

 

絵は1枚の紙ですべてを表現する芸術です。

1枚の紙にどうやったら魅力的なものになるのか。

いくつか考えてみました。

 

バックヒストリーを考えてみる

 

たとえば人物画を描くとき。

その人がどんな性格なのか、何に感動する人なのか、

短気なのか、おおらかなのか、

どんな人生を送ってきたのか、

などなど、細かい設定を考えて描いてみるとそれだけでも絵は変わります。

 

そうすると、じゃあ今この瞬間何を考えてるのか。

そうなるとこのポーズはちょっとおかしいなとか、

これはこの人っぽくないなとか、いろんなことがみえてきます。

 

 

その絵の枠の外のことを考える

 

絵は1枚の紙の上に自分が描きたいものを描きます。

それはひとつの枠の中に収めなくてはなりません。

たとえばこんな絵を描くとします。

どこのどなたかはいっさい知りません。笑

 

一部分を切り取って枠の中に収めますが、実際には枠の外まで風景は広がってます。

 

その外のことまで細かく考えてみるのです。

ここから先はどうなってるんだろう。

枠の中は平和にみえても実は枠の外はものすごい凄惨な場所だったり。

 

逆に意図的にあえて不自然なところで切ることによって

観る人に考えさせるということもできます。

「え?ここから先どうなってんの?」

みたいな。

上の絵は実際はこんな感じになってます。

切り取った写真だと木の上の部分までは見えていないので

どんな木かわかりません。

そういうところまで細かく設定して描くことで、絵の深みが出やすくなります。

 

関連記事⇒絵の構図:「決められた枠の中」という制約が創造性を膨らます

 

細かいところまで描き込む

 

バックヒストリーにも通ずるところがありますが、

その絵に登場するものの細かいところを描きこんでみる、

というのも面白いですね。

 

たとえば人物画だったら、目の下に傷の跡があるとか。

服が微妙によごれてるとか。

 

そういう細かいところまで描くことで

必然的に自分の中でその裏の設定が出来上がります。

そうすると、不思議なことにそれだけでも深みは出てくるのです。

 

『もののけ姫はこうして生まれた』

というドキュメンタリーで宮崎駿氏は

キャラクターのひとりひとりの設定を

めちゃくちゃ細かいところまで考えていました。

 

中でも特にこれはすげえなと思ったのが、

モロという山犬の声を担当した美輪明宏さんがアフレコ現場で、

モロとオッコトヌシ(いのししの神様)の会話のシーンを

録音してる最中の出来事です。

音響の担当の人に何気なく美輪さんが「はぁーい」

、と返事をしたのを宮崎さんが聞いてニヤリとしました。

 

そのわけは、

「モロとオッコトヌシは大昔いい仲だった」

という設定をそのときに思いついた、とのことです。

そういう感じを出してくださいと

美輪さんに伝えて実際に声をあてると、

それまでのものと全然違うものになりました。

よろしければ見てみてください。マジでためになります。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

そんな小さなこだわりが随所にあるからこそあの映画は

あれだけの素晴らしい作品になったんだとものすごい感動をおぼえました。

そりゃ社会現象にまでなるわ…。

絵に魅力を持たせるために必要なのはそういうことです。

 

それを表現するために技術を習得したり、知識を学んだりする。

 

順番を間違えるとつまらないものが出来上がってしまいます。

そしてなによりもそれを楽しむことが一番大事なことです。

 

【お知らせ】

絵画教室始めました。

お得情報満載です。

     ↓↓↓click!!↓↓↓

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください