馬好きが高じて馬の絵ばかり描くようになった

僕は中学2年の時に「ダービースタリオン」というゲームに夢中になったことがあります。

「ダービースタリオン」通称「ダビスタ」は競走馬を誕生させて育成して調教してレースに出走させて賞金を稼いでそこからまた馬を買って誕生させて…という至ってシンプルな競走馬育成シミュレーションゲームです。

ただ馬を作って走らせるというだけではなく、父馬と母馬の血統とか距離適性とかいろんな要素を見極めてより強い競走馬を作るというのがこのゲームの最大の魅力でおそらく終着点です。

このゲームをするために徹夜をしたことも数えきれないほど。

育成シミュレーションゲームなので、自分が作った馬には自分で名前を付けることができてすごく愛着がわきます。

自分で名前を付けて自分で調教してレースで勝ったときの喜びはかなり大きくてレースの最中にテレビの前で叫んでしまうこともしばしば。日本という国でそういったプレイヤーが多数存在していることでしょう。

ゲームなのに、いやだからこそなのか自分の作った馬に対して深い愛情が生まれるのもこのゲームの魅力のひとつです。

このゲームがきっかけで競馬って面白い、と思うようになりました。じゃあ現実の競馬って一体どんなものなんだろう?と興味を持つようになりました。ゲームの世界では賞金が高い大きなレースでも簡単に勝ててしまったりするけれど、実際の競馬ではゲームのように簡単にはいくはずがありません。

競馬に興味を持つまで競馬なんてのはオッサンたちのギャンブルというちょっと陰気くさいイメージがあったけれど、実際の競馬を深いところまで知ると、ものすごい数のサラブレッドたちがいて、その数だけドラマがあって、競馬の世界がいかにロマンがあふれてるのかということをまざまざと見せつけられてしまいました。

『淀を愛した孤高のステイヤー:ライスシャワー』

『流星の貴公子:テンポイント』

『天馬、空をゆく:トウショウボーイ』

こんな感じでカッコイイキャッチフレーズがいろんな名馬につけられてて競馬ファンにとってはたまらないものになってます。これは一部抜粋したものでもっとたくさんあります。

ほかにもこんなものも。

ただただカッコイイんです。

 

オーナーは競走馬一頭一頭に深い愛情を注いでレースを見守っています。ゲームでですがその気持ちは僕も同じでした。

競馬ファンの人と話をすると必ずと言っていいほど好きな馬が一頭や二頭はいるんですね。僕がよく行くお好み焼き屋さんの店長も大の競馬好きで行けば競馬の話を延々と2時間3時間は平気でしたりします。競馬にはロマンがあふれているんです。

馬という動物はおとなしくてとてもキレイな目をしていて、それでいて走る姿は雄大でカッコよくて、いろんなドラマがあって僕は馬が大好きになりました。競馬はブラッドスポーツと呼ばれていて、活躍した馬の子供がまた活躍してたらその親の時代を思い出して感慨深くなって胸が熱くなったりあいます。そんな理由から僕は馬の絵を描くことが非常に多くてですね。いろんな作品を描きました。これからも描いていこうと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください