【水墨画の描き方】難しい技法がなくても楽しんで描く方法

水墨画を始めたいと思ってもいざやるとなると

描き方とかわからないし難しそうな技法とかいっぱいありそうで

なんかややこしそう・・・。

そんな悩みはここでは無用です。

 

知識も技術も何もないゼロの状態の僕も独学で

下の写真のような絵が描けるようになりました。

なのであなたにも描けるようになります。大丈夫です。

僕が保証します。僕は世界一の水墨画家と言い切っている男です。

ちなみに僕の水墨画は難しい技法とかは一切使っておりません。

人間やれば何だってできるんですっっ。

 

僕の水墨画作品はこちら

 

ほかの作品もあるのでご興味があればこちらからご覧くださいませ。

Dの水墨画作品集

はじめに言っておきたいのは、

ここまで描けるようになるまでたくさん失敗したってことです。

挫折も何回もしました。心折れそうになったことも何回もあります。

折れてしまったこともあります

でも自信だけはありました。根拠のない自信だけが。

なので「絶対に素晴らしい作品が描けるようになるはずだ!」

という強い気持ちだけは心のどこかには常にありました。

描きたいという気持ちさえあれば絵が下手でも

技術がなくても関係ないんです。みんなゼロからのスタートです。

僕も最初は技術も知識もなにもなかったです。

それでいいんです。そこから頑張って練習を重ねて

ここまで描けるようになったんです。

 

【お知らせ】

水墨画の基本はエンピツ画です。

どこでも受けれる絵画教室始めました。

 ↓↓↓click!!↓↓↓

 

技術も知識もやっていれば勝手についてくるものです。

もちろんただボーっと流れ作業みたいにやっててもだめですよ?

 

その都度頭を使って考えながらやらないと

ただ時間をムダに過ごすだけだったでしょうね。

ここでは僕が実際にやったことをかる~く紹介しているので

どうぞおつきあいください。

百聞は一見にしかずなのでとりあえずみてください。

水墨画の描き方①:決まりなんかありません

 

水墨画は墨の濃淡だけで絵を描く芸術です。

墨と筆と水さえあればいつでもどこでもすぐにでも始めることができます。

でも屋外だと風とかがあるのでなるべく室内でやることをオススメします。笑

こんなシンプルな絵画ってほかにないですよね。にもかかわらず

いざ始めるとなると何か敷居が高いようなイメージがあるのが残念でなりません。

僕自身も始める前はなにかややこしそうだなというイメージは常に持っていました。

水墨画っていうだけでなんか高級そうな感じしません?

なんかね、きな臭いんですよね。笑

ある意味日本という国の縮図といえるかもしれません。

でも本来芸術にはなんの決まりもないのだから

自分が思うように描けばそれでイイはずなんです。

 

そんなふうに自分に言い聞かせて、僕は僕のやりたいように

自由にやろうと腹をくくりました。

僕のような水墨画を描く人はまれです。世界中どこを探してもいないです。

 

 

水墨画の描き方②難しい技法はいらない

 

本日のメインディッシュの話題です。

水墨画には独特の技法が数多く存在します。

はっきり言います。難しい技法なんていっさい必要ありません。

だいたいどれもこれも小難しいものばかりです。

技法を習得するだけでそれなりの時間がかかってしまいます。

僕はそんなことに時間をかけるのは楽しくないと思ったので

どうすればそこを省略できるかを考えました。

 

関連記事⇒水墨画の描き方:独自の技法を発見したときのハナシ

 

その結果、技法なんてなくても水墨画は描けるということが判明しました。

もちろん技法を習得して楽しむことを否定するつもりはサラサラありません。

それはそれで素晴らしい作品が数多くあることも知っています。

完全に好みの問題です。

僕はあまり好きではないです。それだけです。

 

水墨画の描き方③下描きはするべきなのか問題

 

技法がなくても水墨画が描けることはわかりました。

いざ実際に描いてみよう!ってなってぶち当たったのが

下描きをするのかどうなのかという問題

これ何気にものすごく大事なことなんですよね。

結論からいうと技法なんかいらないって言ってる時点で

好きにやればいいじゃねえかって話なんですが。笑

 

基本的に水墨画は下描きをしないというのが王道なんだそうです。

 

水墨画は和紙に描くというのがセオリーなので

和紙にエンピツで描くこと自体が

邪道な感じがするからなのかなんなのかはわかりませんが。

これは僕の勝手なイメージです。

調べてみると、下描きはしないという情報がけっこう

ネットとかでもあふれていることは間違いないですね。

 

でもね?

 

何のために下描きをするのかっていうことを考えたらむしろ

下描きしないことのほうが、作品を完成させるという点においては

あまりに体当たりすぎるのでは?

というのが僕の考えでして。

 

サイズの小さい紙ならまだしも、たとえば1メートルを超えるような

大きいサイズの紙にいきなり下描き無しで描き始めると、

画面全体のバランスが取れないので紙を何枚も無駄にしてしまいそうで

とてもじゃないけど僕にはできません。

 

もちろん下描きなしで描けるならそれに越したことはないのですが。

でもそれはライブペイントとか即興でやるものに限られます。

基本的には完成したものを披露するので完成までの過程をさらすことは

ないんじゃないかなと。僕は依頼されたときは途中経過を送ったりして一緒に

作品を完成させるというスタンスで楽しんでもらってます。

その場合は下描きがあろうがなかろうが特に問題はありません。

 

下描きはするべし

 

僕は水彩紙に描くので思いっきり下描きをします。

思いっきりといっても最低限の画面のバランスを取るために

薄くエンピツで形をとるぐらいにとどめますが。

そうすればエンピツで、なおかつ薄く描くので

間違えればすぐに消せるし、紙を無駄にしないですみます。

僕は環境にも優しい水墨画家なんです。

それに、見えるか見えないかのギリギリのところで描くので

上に墨をのせればエンピツは隠れるので最終的な仕上がりもスッキリします。

、ていうか消しゴムで消せますからね。笑

 

なによりも作品のクオリティを上げるためには

画面のバランスが超重要になるので下描きなしはありえません。

誰だ下描きしないなんて言い出したヤツは。

 

関連記事⇒絵を魅力的なものにするために画面のバランスをしっかり考えよう

 

【お知らせ】

水墨画の基本はエンピツ画です。

どこでも受けれる絵画教室始めました。

 ↓↓↓click!!↓↓↓

 

水墨画の描き方④デッサンのように何回も墨を重ねていく

 

 

下描きが終わったら次は筆を持って実際に描くのですが、

ここでもなにかにぶち当たりました。

 

先ほども触れましたが技法はいるのかいらないのか問題です。

始めた当初、ホントに何の知識もなくやり始めたので

ネットとかでいろいろ調べてたら、墨の薄いのと

濃いのをひとつの筆で描く技法があることを知りました。

 

 

こんな感じですね。

水墨画って面白いなと思いながら自分でも練習してやってみました。

 

でも。。。

 

なんかうすっぺらいんですよねぇ。。。

まあ僕の技量の問題も多々あるとは思うんですが。

 

実際にやってみると思ったよりも深みを出すことが

できなくて「これは違う」と直感で感じました。

 

何かいい方法はないかなといろいろ試してたら

これだ!、という方法にたどり着きました。

それが「薄い墨を何回も重ねる」という僕の独自の方法です。

これはエンピツでデッサンをするみたいに

少しずつ線を重ねて濃くしていくという手法で、

描く対象物にも厚みと深みがめっちゃ出ます。

 

厚みが出ることによって画面全体にも奥行き感が出るので

僕はこの方法で描くことで世界一の水墨画になりました。

これなら始めたばかりの人でも楽しく描けるハズ!

 

水墨画は自由です

 

僕は最初、何の知識もないところから誰に教わるでもなく、

自分で自分のやりたいように、やりやすいように、

をいちばんに考えてこの方法にたどり着きました。

なのではっきりいって

 

僕がやる方法は邪道なのかもしれません。笑

 

邪道だろうがなんだろうが描きたいように描いて、

最終的に見た人が喜んでくれたらそれが何よりです。

 

実際に多くの人が僕の絵を見て

「こんな水墨画みたことない!!」

、と喜んでくれているので

特に間違っているということはまったくないです。

 

独特な表現と言われることは多いけど、それはそれで面白いので。

 

【お知らせ】

水墨画の基本はエンピツ画です。

どこでも受けれる絵画教室始めました。

 ↓↓↓click!!↓↓↓

 

画力を上げるための方法

↓↓↓あわせて読みたい絵に関する記事あれこれ↓↓↓

魅力的な絵を描く方法:上手いか下手かよりも大事なこと

模写のコツ:絵が上達したいなら線を見たらダメ、形や雰囲気、空気感を見る

【絵の上達】頭の中にあるイメージを的確に表現する方法

絵の上達|上手く描けないのはバランスがとれていないせい

画力を上げるためにやるべきこと5つの詳細はこんな感じ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください