水墨画の筆の選び方:初心者は2,3本あれば事足りる

水墨画の道具でいちばん使うといっても過言ではない「筆」ですが

筆の選び方次第で作品が良くなることもあるしその反対も然り。

 

でも安心してください。

 

やり始めたばっかりの初心者が

筆の良し悪しなんかわかるはずもないです。

 

、というか筆がどうのこうの言ってられる状態じゃないと思います。

 

僕もやり始めの頃は何がいいとか悪いとか、

そんなことわからなかったし考える余地もなかったので。

 

僕は水墨画を始める前にまずは画力を上げることを重点に置いていたので

とにかくエンピツと紙でひたすら絵を描きまくって練習してました。

描きまくってある程度画力が上がったなと思ったら、

そこからはじめて筆を使うようになりました。

いきなり筆を使うと確実に失敗するだろうと思ったので。

 

本題の筆ですが、使えればなんでもいいのです。

小学校の書道の時間に使うような筆でも。

 

頭のお堅い連中の中には

 

「書道用の筆は使えません」

 

みたいなことを言う人もいたりしますが、

誰がそんなことを勝手に決めたんだという感じですね。

こんなこというから水墨画が世の中に広まらないんですよ。

 

描きたいものが描けたらそれでいいじゃないか。

 

、という精神になればもっといろんな人が

水墨画をやるたくなるんじゃないかなあ。

 

実際に僕はやり始めた頃は100均で売ってる

書道用の筆を太いやつと細いやつの2本買っただけです。

これでじゅうぶんなんです。

初心者にとっては。

 

その他の道具だって身のまわりにあるやつを

使いやすいように加工したりして使っています。

詳しくはコチラに書いてあります。↓↓↓

初心者でもお手軽!お金をかけずに水墨画の道具をそろえる方法

 

ライブペイントみたいな人前で絵を描くような場合には

多少見た目とかにも気をつけて選んだほうがいいかなとは思いますが。

 

でもいきなりそんなことやるようなこともないだろうし、

やるんならある程度画力が上がって描けるようになってからやるだろうし。

 

ひとりや数人で黙々とやるぶんには道具はホントになんでもイイです。

絵は道具で決まるものじゃなく、腕で決まるものなので。

 

筆は2,3本あれば事足りる

 

水墨画は色を使わない白と黒とその中間のグレーだけの

世界なのでいかに濃淡をつけるかがカギになります。

 

そのために筆は太いのから細いのまで

何種類かあった方が表現の幅は確実に広がります。

 

僕の経験上、やり始めたばっかりでも2、3本

太さの違う筆を用意しておいた方がいいと思いました。

中でも細い筆は重宝するので用意しておいて損はないです。

 

 

僕はやり始めた当時は画材屋さんに行く勇気すらなかったので(笑)

あえて最初に買った100均の細いほうの筆でやり通しました。

 

でも実際にはもっと細い筆があったらなーと思う場面はけっこう

あったのでそこらへんは各々の判断で

用意するとイイのではないかと思います。

 

でもやり始めたばかりのときってそんなに大きいサイズに

描くこともないと思いますので最低限、中ぐらいの太さの

筆があればじゅうぶんです。

できればこれより細い筆があったら細かいところを描くのに便利です。

 

 

筆以外でも使えるものは使う

 

先ほども述べたように水墨画は墨の濃淡だけで表現する絵画。

描く絵によっては広い範囲のモチーフもあるかと思います。

 

たとえば霧とか雲とか。

 

 

霧とか雲は水の細かい粒の集まったもの。

光が当たると幻想的な雰囲気が出て水墨画で表現できたらカッコイイです。

 

 

そのモヤモヤっとした感じは筆ではどうしても表現しにくいです。

ホントに。

なぜかと申しますと、

筆は細い毛の集まりなので水や墨を含むと表面張力で筆先が

まとまってしまって、墨が一点に集中してしまうからです。

 

うまく水を使えば筆でもできます。

 

が。

 

はじめのうちは、なかなか思うようにいかないので

表現を深めようと思ったら筆ではなかなか

納得いくものができないことが多いです。

そんなときはティッシュや布を丸めて使ったりもします。

 

 

そうすればいい具合にぼやけた感じが出てくれるのでオススメです。

綿棒なんかもけっこういい味を出してくれます。

せまい範囲でぼかしたいときなんかは重宝しますね。

 

そのほかにも爪楊枝なんかも使えます。

ただ、爪楊枝は水分を吸収してくれないので

使い方はいろいろ工夫する必要がありますね。

 

べつに筆を使わないとダメだとかいう決まりなんかどこにもないので、

使えると思ったものはなんでも使うべきです。

それによって独創性のある絵が描けたりするので。

 

大事なことは描いた絵が観た人を魅了できるかどうか

そこに尽きます。

 

まとめ

 

水墨画は色がないのでその対象物の形や

画面の構図だけで作品の良し悪しが決まる絵画です。

 

あくまでそれを表現するための道具のひとつとして

「筆」があるだけなので、実際には

書道用の筆だろうが絵の具用の筆だろうが

水と墨を含んでくれればなんでもイイのです。

 

特にやり始めたばかりのときは使いやすいと

思ったものを使えばそれでじゅうぶんです。

 

僕がそうだったようにやっていく中でもっとこんな感じの

表現がしたいと思うときがくるのでそのときにいろいろ

試したりすればイイと思います。

 

安物の筆で描いた作品を人に見せて

「これ100均で買った筆で描いてますねん」

、って言ったとき、すごく驚いてくれる感覚はたまらないですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください