デッサンをする意味とは?デッサンが教えてくれる7つの絵の極意

絵の練習に欠かせないもの。

それはデッサンです。

デッサンというとどうしても地味な印象があるため、嫌う人は多いです。

デッサンなんか役に立たないという人も中にはいらっしゃいます。

アナログだろうとデジタルだろうと絵を描くことにおいてはデッサンはやっておいたほうがいいんじゃないかなと思う派です。

野球で言えばキャッチボール、素振り。バスケットボールで言えばドリブルが基本です。その動きにすべての動きの基礎になるものが詰まっています。

デッサンにも絵が上手くなるための基礎がたくさんたくさん詰まっています。

デッサンはただ描く技術を上げるためのものではありません。

いろいろな技術を習得できます。そんなデッサンを徹底的に紐解いていきたいと思います。

 

デッサンとは

 

そもそもデッサンとはなんなのでしょうか。

デッサンはフランス語で「dessin」です。

日本語では素描、英語では「drawing」といいます。

 

物体の形や明暗などを平面に描画する美術の制作技法

Wikipedia参照

とあります。

立体的に見えるものをいかに平面で表現するかがデッサンの真髄です。

基本的に人間の目で視認できるのは立体的なようで平面です。片目でみるとそれがよくわかります。でも僕らはそれが立体だということを知っているから、脳がそう認識しているから奥行きとか立体感を感じることができているわけですね。

そこが本質です。

デッサンをきちんと理解して練習に取り組めば絵のレベルの底上げになること間違いなしです。

 

デッサンが教えてくれる絵の極意①コンセプト

 

まずはいちばんの肝の部分です。

どんなコンセプトで絵を描くのか。

こんなこともデッサンは教えてくれます。僕は馬が好きなので馬を例に挙げて解説していきます。

 

ひとくちに馬といってもいろんな馬がいます。

競走馬、乗馬、動物園の馬、野生の馬、それらの中から自分が描きたいもの、または描けば素晴らしい作品になる、作品を観た人に自分の想いを伝えられる、と思ったものを選択することから始めます。

僕は競走馬が好きなのでとりあえず競走馬にしてみます。

競走馬は人間が作ったものです。より速く走れる馬を作るために血統を見て配合したり、調教と呼ばれる訓練をします。

そこにはいろんな人の想いが詰まっています。

感動のドラマだったり親子のつながりだったり、人が共感できる、要素がたくさん詰まっています。

そこからどんなコンセプトが導き出されるのかを考えます。

仮に「栄光」とします。大きなレースを勝てばその馬にとっては「栄光」です。

栄光の裏には挫折があったりします。挫折からはいあがって勝ち取った栄光は感動を生みます。

ということでコンセプトは「栄光」にします。

 

デッサンが教えてくれる絵の極意②構図

 

ふたつめは「構図」です。

どんな構図で絵を描けばコンセプトである「栄光」がより見る人に伝わるか、ということを考えます。

ここで大事なのは目線です。人間にとっての栄光なのか、馬にとっての栄光なのか、で構図はずいぶん変わってきます。

人間にとっての栄光はわかりやすいですね。たぶんこんな構図です。

引用:https://www.sponichi.co.jp

 

このような構図は人間にとってはまさに栄光の瞬間です。大きいレースを勝った直後の口取り式。

この瞬間のために馬主さん、並びに関係者の皆さんは頑張っています。

では、馬にとっての栄光とはなんでしょう?

馬には大きいレースなのかどうかすらも理解しているかは曖昧です。

頭のいい馬なら理解しているかもしれませんが、必ずしもそうであるとはいえません。

ですが、栄光があるとしたらおそらく"他の馬よりも速く走る"ことだと思います。馬は他の馬よりも速く走りたいという性質をもっています。

というわけで、構図としてはこんな感じかなぁと。

引用:https://www.hochi.co.jp

馬にゴールというものが理解できているかどうかはわかりませんが、馬はとにかく走ることが大好きです。

なのでこんな構図がいちばんそれを表しているのではないかなぁと思います。

実際のゴールの瞬間を見ながら絵にするのはなかなか困難なので写真をもとに構図を決めていきます。

全体的にするか寄せたものにするかは好みもありますが、今回は寄せたものでいってみます。

臨場感が伝わりやすいので。構図が決まったので次にいきます。

 

デッサンが教えてくれる絵の極意③形をとらえる

 

コンセプトと構図が決まってやっと絵を描いていく段階に入ります。今回は馬目線でいきたいと思います。

ゴールの瞬間です。

これをデッサンする場合、何から始めればいいでしょう?まずは、大きく画面のバランスをとります。

エンピツで軽く線を引きます。これをアタリをとるといいます。アタリをとってから細かい部分を詰めていきます。

こうすれば全体のバランスを崩すことなく、効率的に描いていくことができます。

これである程度の形をとらえることができます。

 

デッサンが教えてくれる絵の極意④光とカゲ

 

形が整ったら次はどの部分に光が当たって、どのようにカゲができるのかを見ていきます。

光とカゲはデッサンで最も重要な部分です。その理由はデッサンは基本的にはモノトーンだからです。

1色しか使える色がありません。なので形と光とカゲでしかそのモチーフを表現できないのです。

 

色をつけるにしろ、ないにしろ、どの部分に光がどれだけ当たってそれがどんなカゲを作っているのかを見ることが大事なことです。

デッサンは描くことも大事ですが、それと同じくらいにみること、観察することが大事な要素になります。

 

 

デッサンが教えてくれる絵の極意⑤量感

 

光とカゲを描くことができたら次は量感です。量感とはそのモチーフの大きさ、重み、厚みといったボリューム感のことです。

これは先ほどの光とカゲをうまく表現できれば量感も一緒についてきます。

大事なことはカゲが濃いところは濃く、薄いところは薄く、といったようにコントラストをはっきりさせることです。

2つの画像を見比べればよくわかります。

全体的に薄いほうはあまり馬の厚みを感じられません。

ですが濃いところと薄いところをはっきりさせることで馬に厚みが出ているのがわかりますね。

量感は観る人を画面に引き込むための大事な要素のひとつです。

カゲを上手く表現できると奥行き感もでてくるようになります。

 

デッサンが教えてくれる絵の極意⑥質感

 

次に質感です。

馬の肌を近くで見たことがあるということはあまりないと思います。

僕もあまりありません。馬が好きだと言っておきながら。。。泣

馬の体には毛が生えています。これが質感です。たとえば石を描くならゴツゴツしてる感じ。

リンゴなら触るとキュッとなりそうなツルツルした感じ。

こんな感じが質感です。これを表現していきます。

馬の毛は他の動物に比べるとそこまで毛が生えている感じはありません。なので毛を意識することはあまりありません。

でもたてがみとかしっぽは思いっきり毛の感じが出ています。

 

デッサンが教えてくれる絵の極意⑦総合的な技術

 

デッサンは本気でやればこれだけのことを教えてくれます。

コンセプトを考えることで自分が何を描きたいのかを明確にできます。

コンセプトに沿ってどんな構図でいけばいちばんコンセプトに近くなるのかを明確にできます。

 

構図が決まればあとは描く技術を練習できます。

カゲのつけかたを練習すれば自ずと光の加減も練習できます。

光とカゲを練習することで質感や量感も習得できます。

デッサンひとつでこれだけの技術を同時に習得できるのです。

いわば一石二鳥どころか一石七鳥ぐらいの価値があります。

 

まとめ

 

デッサンにはいろんな技術を練習できる要素があります。

でもそれは自分が絵が上達するのはもちろんのことですが、同時に絵を観てくれる人の立場も考える訓練にもなります。

どんなふうに絵を描けば自分が伝えたいことを表現できるのかを考えることで客観的な目線を養うことができます。

 

それは芸術の根本的なところです。

 

デッサンは絵だけではなくすべてのものづくりの基本です。

紙とエンピツがあればいつでもどこでもお手軽にできます。

やればやるだけ上達していきます。ぜひやり込んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください