水墨画の黒い歴史:水墨画の魅力が伝わらないのはそういうことか

水墨画の歴史を知ることで水墨画の魅力を

もっと知ることができるんじゃないかと思って

いろいろ調べてみたところ、なぜにこうも一般的に

認知されていないのかということがようやく理解できました。

 

 

水墨画はあまり世間では認知されていません。

歴史的ある伝統的な文化だからなのか?

日本の伝統的な文化はそもそも地味であることが多いですね。

 

俳句、短歌、書道、茶道、華道・・・その他もろもろ。

一見すると地味だけど実はめちゃくちゃ奥が深いという。

 

そんなところにも理由はありそうです。

 

それではどうぞ~。

 

水墨画の歴史

 

 

水墨画の歴史は古くて紀元が始まる1000年以上も前に

すでに墨を使った甲骨文字という古代文字がありました。

 

そのほかにも当時は悪いことをしたらその刑罰として

入れ墨という処刑が行われていました。

刺青はもともと刑罰だったんですね。

 

そんなにはるか昔から墨を使って文字を書いたりしていたそうです。

 

もしかしたらどこかの誰かが墨を使って

絵を描いたりしてたのかもしれませんね。

 

水墨画として確立したのは7世紀の中国、

唐の時代から100年200年のときを重ねて少しずつのことでした。

 

日本では奈良時代からすでに

墨を使った仏画があったことから少なく見積もっても

1000年以上前から墨を使って絵を描いていました。

 

トータルでみたらいわば

3000年もの歴史を誇る芸術だということです。

 

歴史的にみても絵画といえば油絵とかが大体主流です。

世界の歴史に名前が残っている画家はほとんど油絵の人ばかり。

 

そんな油絵でも14世紀後半から15世紀にヨーロッパで

技術や技法が確立されて、それ以来およそ600年の間に

いろんな画家がいろんな名画を残しています。

 

年数だけでみればなんと水墨画の5分の1しかありません。

 

でも油絵の画家はピカソだったりゴッホだったり、

ダヴィンチだったりいろんな画家の名前が頭に浮かぶと

思いますが、水墨画って誰が有名かって、

たぶん雪舟ぐらいしかでてこないんじゃないでしょうか。

 

ある程度絵の知識がある人ならそんなことはないかも

しれませんが、一般的にはたぶんその程度の認知度しかないのが現実。

 

ただ、そんな長い歴史のなかで描きかたとか

表現のしかたがあまり変わってません。

それがいいところでもあり、悪いところでもあります。

なにもそんなところまで伝統しなくても。。。

 

 

なぜにこんなに水墨画の認知度が低いのか?

 

 

墨を使って文字を書くということは、

小学校の授業で書道の時間があるので誰もが経験していることと思います。

 

僕ももちろんそのうちのひとり。

 

だけど同じ墨と筆を使って描く水墨画というと、

どうしても"古い"というイメージがありました。

 

そしてどっちかというと、油絵のように若者がやる絵画というよりは、

"おじいちゃんおばあちゃんが老後の趣味でやる"

という感じがあったのは否めません。

 

そしてそれはまさに的中していました。

 

それは僕は実際にこの目で確かめたことなので

まぎれもない事実です。

 

全国公募の水墨画展で入賞して表彰式に行ったとき、

あまりの年齢層の高さに完全に自分が浮いていたのを覚えています。

 

だから水墨画ってあんまり認知されてないんだなぁと

痛感してしまいました。

さらにそのときにとあるおじさまに言われたひと言が衝撃的でしたね。

「誰か師匠をもったほうがいいぞ」

ということを言われてしまいました。

おじさまはおそらく何も悪気はなく、純粋にそのほうがもっと

よくなるよということを言いたかったのだと思います。

 

でもぼくの考えとしては、師匠についておしえてもらうよりも

遠回りでも、失敗しながらでも自分ひとりでやったほうが伸び率は

確実に高いと思うし、オリジナリティは絶対ひとりでやったほうが

生まれやすいという考えを持っているので、

おじさまの言葉が水墨画の黒い歴史を物語っているような

ニュアンスに感じました。

それと同時に日本のアート業界が低迷してるのもそういう

ところにあるのだなと。

 

 

水墨画といえば山水画

 

山水画というのはこんな感じのやつです。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%B0%B4%E7%94%BB

これは中国の漢の時代で始まった絵画のジャンルのひとつで

創造の景色が描かれることが多くて風景画とはちょっと違うんだそうです。

 

細かいトコはよくわからないけど、

水墨画といえばこんな感じの絵だったり、

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E5%A2%A8%E7%94%BB

こんな感じの絵が浮かぶんじゃないかと思います。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E5%A2%A8%E7%94%BB

僕もそうでした。

 

ちょっとマニアックすぎて一般的にはあまり

興味がいかないだろうなと思うのは致し方ないことですね。

 

モノクロはカッコイイのに

 

 

同じ白と黒だけしか使ってないものにモノクロームがあります。

これは写真だけじゃなくてテレビとか映画とかでも

使われる表現で、それだけでもなんか雰囲気が出てカッコよくみえます。

 

そこらへんの詳しいところはこの記事で

熱く語っているのでよろしかったら目を通しておいてください。↓↓↓

【水墨画の魅力】白黒だからこそ表現できることがある

 

白黒だけだとシンプルすぎてできることが少ないという

デメリットがあるからあまりやりたがる人がいないのかもしれません。

似顔絵を描くとき、白黒だとどうしても遺影みたいになっちゃうので……。

 

でもモノクロはそれだけでカッコいいという認識もあるから

そういう表現をもっと水墨画でやれば認知度はもっと高くなるはず。

 

 

Dのまとめ

 

そもそも日本という国ではアートというものに対しての

関心があまり高くないのが現状です。

そんな中で輪をかけるように流派とかそういった

類の団体が存在していてそれがまたうっとおしい。

 

絵なんて各個人でやるもんだから流派もくそもないのに。

どこかの先生のところに弟子入りしないと

公募展で賞をとれない・・・なんて話もよく聞く話。

 

水墨画は歴史が深すぎるがゆえに、

そしてそれが日本という国で発達してしまった。

 

鎖国国家の悪い慣習が根付いたこともあって

あまり広まらなかったんでしょう。

 

日本では独特のしきたりみたいなのがあってそれを崩すことは

歴史をも崩してしまうと考える人が多くいたから。

 

守ってそれ自体が廃れていくぐらいなら

いっそ潰してしまったほうがいいんですけどね。

 

いろんな表現をもっと取り入れて水墨画を

世界にもっと知ってもらったらもっと楽しくなるっっ!

 

↓↓↓水墨画に関する記事あれこれ↓↓↓

初心者でもお手軽!お金をかけずに水墨画の道具をそろえる方法

【水墨画の描き方】難しい技法がなくても楽しんで描く方法

【水墨画の魅力】白黒だからこそ表現できることがある

水墨画の筆の選び方:初心者は2,3本あれば事足りる

水墨画の黒い歴史:水墨画の魅力が伝わらないのはそういうことか

僕の作品はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください