【人を育てること】放置するだけで人は勝手に育つ

大人でも子どもでも人を育てるということは

カンタンなようでムズカシイ。

一歩間違えれば

とんでもない方向にいってしまう。

かといって慎重になりすぎても

ガチガチな人間になってしまう。

 

僕は自分の経験からあるひとつのことに気づいた。

僕自身、人に何かを教えてもらうことは

あまり好きではない。覚えるのは遅いけど

自分で考えて自分のやりたいようにやるほうが、

成長につながるから。

 

だから人にやいのやいの言われると

とたんにやる気失せるし帰りたくなる。

当然やいのやいの細かいことを

言ってくる先輩や上司は好きじゃない。

 

じゃあ放置すればいんじゃね?と思い

実践してみたところ、これがうまいこといった。

 

 

 

僕は今「院長先生」と呼ばれてしまっている。

本来、人の上に立つのは苦手なハズなのに、

今ではお弟子さんもいる。

そのお弟子さんに実践した。

 

そんなお弟子さんが今ではすっかり成長してくれて、

もうじゅうぶん1人でもやっていけることだろう。

 

人を育てるということ

 

 

僕が考える人を育てるということはその人が

1人でもやっていけるように

的確に導いてあげること。

極端な話、人は勝手に育っていくもの。

こちらが何かを手取り足取り教えるまでもなく

放置してあげることが人を育てるということだ。

大事なことは核が何であるかを伝えること。

 

 

それだけ。

 

整骨院の仕事を例に出すと、

たとえば腰が痛くて歩くのもままならない人が来院した場合。

その人が何を求めてきてるのか?

核はまさにここにある

痛いのを治してほしいのは当たり前の話。

それすらできなかったら僕は引退する。笑

もちろんそれだけでも喜んでくれるんだけど、

どうせなら気持ちよく帰ってもらえれば

次にどこか痛いところがあれば

また来てくれる可能性が高くなる。

 

それどころか「あそこの整骨院よかったよ!」

なんて他の人に言ってくれてそれだけで

何も費用をかけることなく勝手に宣伝してくれる。

事実、そういう患者さんは多い。

そういう人はまず入り口からの

信頼度がかなり高いところにあるので

こちらとしても非常にやりやすい。

その人がまた喜んで帰ってくれたら

そのサイクルが限りなく続くことになる。

 

ここで大事なことは、

気持ちよくかえってもらうための工夫をすること。

それをすればただ痛いところを治すだけの

場所ではなくなる。

 

そうやって人と人とが

つながっていくことがになる。

 

 

放置できるかがカギ

 

僕が一番大事にしていることがそういう

人とのつながり“なのでそこさえ押さえていれば、

後は何をしようがおかまいなし。

仕事ってなんなのかというの部分だけを

しっかり教えれば、あとは自分でどうしたらいいか

を考えればイイ。

 

その考える過程がその人の血となり肉となる。

 

人に聞くもよしネットで検索するもよし。

テレビや本からだって吸収しようと思えば

いくらでも吸収できる。

大事なことはその環境を奪う行為をしたら

元も子もないってこと。

 

ボーっとしながらなにか考えてるのかもしれない。

そこで放置できるかどうかでその後の

未来が大きく変わる。

そうやって放置すれば人は勝手に育っていく。

だから失敗しそうな雰囲気でも

それを未然に防ぐのではなく、あえて失敗させる。

失敗しても責任は僕が持てばイイだけの話。

いやむしろ失敗しないと人って成長できんので。

そして失敗したあとは

「やっちまったな!ハッハッハ!」

と豪快に笑い飛ばせばイイ。

 

それでイイ。

 

 

失敗はして当たり前。それを怒ってしまうと

挑戦する気が失せる。

 

ただ、怠けたり、一生懸命やらなかったり

した場合はメッタメタに怒ってやればイイ。

 

育てるのがヘタな人

 

人を育てるのがヘタな人は

最初の部分がしっかりできていない。

最初の段階で仕事とはウンタラカンタラを伝えるんだけど、

この伝える時の人間関係ができていない。

上からものを言ったり、テキトーにやってしまったら、

そのうち追い抜かれて上からものを言われて

テキトーに扱われてあげくの果てに「サヨウナラ」。

そんな悲しいことってないよね〜。

どんな場面でも人と人。

教える側も人。

教えてもらう側も人。

 

仕事をするのも人。

お金をもらうのも人。

それを理解できない人は幼稚園からやり直した方がイイ。

こういう人は手取り足取り教えてしまって

考えさせるということをしない。

考えることができないから仕事がうまくいくはずもない。

うまいこといかないから結局自分で

やるハメになってしまう。

 

結果、人は育たない。

 

盗ませるのもだいじなこと

 

僕が音響の仕事をしていたとき、

おしえてくれた先輩は

ホントに何も教えてくれなかった。笑

なので横についてひたすらどういう風に

仕事をしているのかを盗み見た。

こういうときはこうするのか、と

ひとつひとつ、一挙手一投足マネをした。

そのときの経験がすごく自分のためになった。

 

なのでそういう意味でも手取り足取り

おしえるのではなく放置して

盗ませることが大事なこと。

そのためにはまず、その環境づくりから。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください