心を閉ざす人は閉ざしてるという自覚がない

 

心が閉じた状態とはどんな状態なのか。

それは本人はよくわかっていません。

一般的には人を信頼しない、信頼できないので疑り深い、

積極的に人と話そうとせず人を避ける、

という行動をとる人のことをいいます。

 

僕自身そんな時期があったので、まさにそんな感じでした。

よく考えたらあの時心閉ざしてたなぁと思うだけで

当時はそれをまったく自覚してなかったです。

わからないんです。

ここがいちばん怖い、危険なところですね。

 

後から閉ざしてたことがわかった

 

僕の話で恐縮ですが、

僕が心を閉ざしていたのは数回の転校を繰り返したことによります。

閉じてたことがわかったのはそれから10年以上時間が経ってから。

 

閉じてたなと思う期間をあとから振りかえってみると

当時はそんな意識はまったくなかったのです。

むしろ周りの人たちに弾かれたくない、仲間はずれにされたくないと必死だったので。

必死だったがゆえに、その時心が閉じてたことなんかわかるはずもなかった。

よくよく考えてみるとあー、あのとき心閉ざしてたなーと思ったぐらいですね。

 

そんなもん大したことないんじゃない?

と思うかもしれません。

 

が。

 

その当時の僕の中では大問題でした。

 

これ、わかる人にはわかると思うんですけど、繊細な心の持ち主は

人のちょっとした仕草とかで揺さぶられたりするんですよね。

 

僕自身、自分でいうのもなんですが、繊細すぎるところがありまして。

それは物心ついたときからずうっとそうだったので

もはや親のせいとしか言いようがありません。笑 生まれつきです。

心閉ざす人ってだいたいそんな感じじゃないですかね?

要するに余計なことに気が回りすぎて

人のちょっとした言動や仕草を深読みしすぎて

勝手に自分ひとりで傷ついたりしてしまうんです。

 

ほんとは全然そんなことないのに。

アホみたいに気にしぃなんですね。笑

たとえばこちらが何か言葉をかけてそれに対する返事がそっけなかったとき。

もうそれだけでガラスのハートが一瞬にしてガラガラガッシャンと崩れ落ちてしまいます。

ホントにそんなもんなんです。

でもメンタルの成長っていうのは人それぞれ速さが違うので

気にすることはありません。

 

 

12歳の少年にはキツかった

 

少しだけ僕の昔話をします。

僕は何回か転校を繰り返すうちに少しずつ心を閉ざしていったわけですが

1番キツかった転校は中学に上がるときの転校でした。

周りの人たちはだいたい小学校からの友だち同士でグループを作ってました。

 

僕は同じように何人かいた、中学からの転校生のクラスに分類されました。

周りの人間がすべて初めて見る人間ばっかり。

正直、12歳のガキんちょにはきついわ・・・

1人で教室の中にいるのは寂しがりやの僕には

耐えられない苦痛だったので、なんとか友達を作ることを試みました。

 

とりあえず手当たり次第に声をかけてみます。

この声をかけるということですら

かなりの勇気を出してようやくたどり着けたこと。

小学校の低学年の時なら転校生を珍しがって

向こうからしゃべりかけたりしてくれましたが、

中学に上がったばっかりの時っていうのは、

いくつかの小学校から生徒が集まってくるので

そいつが転校生なのか

ほかの小学校から来たやつなのかがわからないのです。

 

だから向こうには僕が転校してきたヤツという認識はありません。

 

これが何よりもツラかった。

完全に浮いてしまってましたね。

「これは非常にマズイ。なんとかして孤立した状態を脱出しなければ!」

そんな心境だったと思います。寂しがり屋なんです。笑

今当時を振り返ってなんでそんなにひとりでいることがそんなに怖かったのか

ってことを分析してみると、結論はただひとつです。

甘ったれてただけです。笑

ひとりで何かするのがこわかったんです。

誰かによりかかっていたかったんです。

 

時すでにおそし

 

…で、なんとか勇気を振り絞って手当たり次第声をかけることを試みました。

でもいくら声をかけてもこちらが思うような態度で返してくれるはずもなく。笑

「お前誰やねん?」ですよね。笑

声をかけてはそっけなく返され、声をかけてはそっけなく返されを

繰り返しているうちに僕の心は徐々に閉ざされてしまったんだと思われます。

この時の僕にそんな自覚はないです。

なにせ必死なので。

なんとか友達を作りたかった。

まあでも時間の経過とともに少しずつ馴染めるようにはなりました。

でもその時すでに僕の心は完全に閉じていました。

 

閉じてしまったので、人を信じることが出来なくなってしまっていたのです。

 

家族さえも。

心配をかけまいと表面上はなんとか取り繕っていましたが、

内心誰かに助けて欲しかったですね。

そんな感じの心境だったと思います。

そんな感じで心を閉ざしてしまった僕ですが、なんとか腐ることなく

乗り越えれたのは自分の中に明確に「やりたいこと」があったからだと思います。

 

過去の心の古い傷

 

僕は中学に上がったらバスケをやると決めていました。

バスケットが好きで好きでしょうがなかったのです。

バスケと友達作ることを天秤にかけたら間違いなくバスケを選んでたでしょう。

要するに最悪、バスケできたら別にそれでいいや、っていうのが

頭のどこかにあったでしょうね。だから乗り越えれたんだと思います。

仮にこのとき何もなかったら、引きこもりになっていたかもしれないし

グレてしまってたかもしれない。

「やりたいことがある」って、人に生きる希望を与えてくれるんですね。

僕は軽くかじった程度ですみましたが、

世の中にはそれが原因で引きこもりになったり、不登校になったり

する人もたくさんいることでしょう。

最悪の場合は自ら命を落としてしまうことも珍しくありません。

 

彼らが心を閉ざす原因は

繊細な心を持っていることにあるんだと僕は思ってます。

繊細がゆえにしょーもないことでも傷つきやすい。

 

そんなことで??

ということでもおデリケートなのですぐ傷ついてしまいます。

 

その傷が原因で人を信じられなくなる。

 

同じような人が現れると心強い

 

 

人を信じられなくなるとたとえ誰が何を言おうが、

そこじゃない!

おれが求めてるのはそこじゃねえ!

 

ってなってしまいます。

だから誰も理解してくれないという錯覚に陥ってしまうのです。

なので余計に人を避けようとしてしまい、最悪の悪循環になります。

 

この悪循環に陥ってしまうと、なにかがキッカケで自分で気づくか、

自分と同じぐらい繊細な心の持ち主に出会って、

その人とわかり合わないと抜け出すことは困難です。

 

でもそれは当の本人にはその自覚がないので少々厄介ではあります。

僕がそれに気づいて抜け出せたのは自分よりも繊細で

心に深い傷を負ってた人間に出会ったから。

その人に出会うことで自分の状態を把握できました。

 

あれ?おれも心閉ざしてるんじゃね?

 

そう把握したからこそ、そこから抜け出そうと思うようになりました。

 

「人の振り見て我が振りなおせ」でしたね。

 

心閉ざしている人はムリヤリこじ開けないで

 

 

 

生まれた時から心を閉ざしてる人はいません。

むしろ何かそういうきっかけを与えないかぎり常にオープンなはず。

 

成長するにつれて周囲との摩擦が生まれたりします。

いちばんの原因は親じゃないかなと僕は考えます。

今は普通に仲良し親子ですがやっぱり閉ざしてた時期は

決して仲がいいと言える状態ではありませんでした。

 

今ではそのことについて親自身が「おまえの育て方は間違えた」

、と冗談交じりに認めてくれたことも救いにはなってますね。

 

何かしらの原因があるから心は閉じていく。

それが友達なのか、親なのか、それ以外の大人なのか。

その原因は人それぞれなので答えなんかあるはずもないですが。

 

多くの場合、おデリケートで本人には自覚がないので

そっと寄り添ってあげるのが一番じゃないかと思います。

 

でも、ちょっとしたことでまた

傷をえぐっちゃうのでそうならないように

細心すぎるぐらい細心の注意を払う必要があります。

 

そっと寄り添うときもあからさまにやると

すぐ離れていっちゃうのでわからないように近づくとイイですね。

 

心を閉ざしてるなーと自分で感じるときはブッダ全巻読んでみてください。

いかにちっぽけなことで悩んでるかということが身に染みます。

僕は読み終えた後、完全に前を向いてました。

 

1 個のコメント

  • 加藤 章子 より:

    ありがとうございます。
    Dさん初めまして、加藤 アイタロウです。3回も、読んで感想が自分だけでない、私はこれが辛かったことだ❗と附に落ちています。
    そしてやはり、自分と同じくらい繊細な心の持ち主に先週4年ぶりに会い自分も、心を閉ざす癖から抜け出せそうです。心から感謝しております。✨

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください