水墨画の狩野派って何か調べました。好きな人は見ないでください。

水墨画をやっていると耳に入ってくることが多い「狩野派」という謎の言葉。

狩野派と言うとなんだかすごい画家みたいな風潮があります。

いや、実際すごい人たちなんですけどね。笑

国宝にもなってる狩野さんの作品。

はっきり言って僕は狩野さんの作品の何がいいのかさっぱりわかりません。

狩野さんの人間性を否定する気はありません。

立派な方だと思います。

狩野正信という昔の水墨画家が

室町幕府の御用絵師になったことから始まった「狩野派」。

まさに「日本のアート業界の黒歴史」の黒幕といえるでしょう。

今日はそんな謎の「狩野派」にフォーカスしてみました。

 

狩野派ってなに?

 

ときは室町時代。

室町幕府8代将軍・足利義政に仕えた狩野正信から始まった

日本の最大の画家集団が「狩野派」の始まりです。

それ以来、ずーっと幕府の側で画家活動をしていたそうです。

戦国時代から江戸時代の終わりまでの約400年もの間、

日本の画壇の中心に君臨していました。

この時点でだいぶキナ臭いのがわかりますね。

いかにも日本らしいというか、

血の繋がりだけでその地位を確立するっていうわが国の悪しき風習。

芸術の世界にこれを持ってくるとね、絶対ダメなんですよ。

本物を理解できる人なんてかなり数少ないんですから。

政府のバカ殿様の方々が何を理解できるってんでしょう?

政治家とかと同じような感じだったんでしょうかね。

もしかしたら中には「おれは絵師なんかになりたくない!」

みたいに思ってた人もいたのかもしれません。笑

それを親とかまわりの親戚とかががむりやり説得して仕方なく

絵師になった。みたいな人も中にはいらっしゃったかもしれません。

そんな黒い歴史もあるかもしれない狩野派のみなさんです。

 

狩野派の何がすごい?

 

狩野派の作品は国宝とか重要文化財になったりしてるので

歴史的にすごい価値があります。

ただそれは、政府の御用達だからという要因がデカイんだと思います。

日本の文化は良いものは良い、というわけでは決してないのです。

 

良いものでもその人が犯罪犯したりすると

途端にその人の作品すら相手にされなくなったりしてしまう。

麻薬で捕まった俳優の映画が公開中止になったりするのと同じですよ。

なのでこの場合は国単位で保管してたから残ったってだけなんです。

民衆の皆さんもお殿様が選んだんだから間違いない、と。

そういう意味での価値のほうが大好きなんです。

日本という国は。

そういう意味ではすごい集団だと思います。狩野派は。

約4世紀もの間、ずっと画家集団としての地位を守り抜いて

日本の画壇に君臨し続けたのは誰にも真似できないことだと思います。

それが本人の意思なのか、

周りの人たちが推薦してそうなったのかはわかりませんけどね。

いろんな意味ですごいと思います。

狩野派は。

どんな形であれ歴史に名前を残して作品にすごい価値がついてる。

画家にとってこれ以上ありがたいことはないでしょう。

 

芸術としては大したことない

 

さて。

これだけ時代に名前を残した狩野派の皆さん。

作品はどうなのかと言いますと、僕的にはそんなに

大したことないなというのが正直なところです。笑

芸術的観点から作品を見ると何も伝わってこないんです。

ただこれはあくまで僕の個人的な見解です。

芸術なんてのは人それぞれの受け取りかたがあるので

好き放題言いますが、僕にとっての狩野派の作品は何にも

伝わってこないしどこがすごいんだかサッパリわからんのです。

 

なので狩野派という名前とある程度の作品はまわりの

絵に携わる人たちから聞いて多少は知ってたものの

何がそんなにすごいの?って感じでした。

 

調べてみると、

「ああ、なるほどね。それでこんなに名前が残っちゃってるのね。」

とすんごい納得しました。

この感覚は誰にでもありうるものです。

テレビみててめっちゃしょーもない芸人が

しょーもないネタやって観客がなぜか爆笑してる。

そしてなぜか売れっ子になってしまってる。

それとまったく同じ感覚です。

 

世間では狩野派はすごいってなってますが僕にとっては

何がすごいかわからない。たぶんね、偏見もあると思いますよ?

先ほど話した日本のそういう風習が

僕は大キライだというのも大いにはらんでます。

まあ人間なのでいたしかたないです。

 

以上、世界一の水墨画家Dの狩野派調べでした。

最後までご覧いただきありがとうございました。