水墨画家Dが人生を変えるほどの衝撃を受けた画家5人

僕が水墨画家として活動するきっかけになった、

こんな絵を自分も描きたい!

と衝撃を受けた絵を描く人を紹介シヨウ。

何かの参考になれば。

 

外崎裕漄

 

引用:https://www.youtube.com/watch?v=mOYBdF6e-nU&t=48s

 

僕の水墨画人生の中で彼との出会いがなかったら僕は

今のような絵を描くことはなかったかもしれない。

、というより水墨画というものを

描いていたかどうかもわからない。

 

、と思えるぐらい、今までの自分の中の

水墨画というもののイメージが覆された画家。

 

それまでの僕の水墨画のイメージはどっちかというと、

古くさいというイメージしかなかった。

たとえば山水画とか南画とか鳥獣戯画みたいな。

あんないかにもって感じの水墨画は

描きたいと思わないなーと思ってたところに

突如として現れたのがこの人の作品だった。

 

率直な感想は

「あ、水墨画ってこんなことしてもいいんだ」

だった。

そこから自分の中の水墨画というものの道筋がパァーッと拓けた。

 

森本草介

 

引用:http://www.kyuryudo.co.jp/

 

彼の作品との出会いは絵に詳しい知り合いの人から

「こんな人いるよ」と教えてもらったのがきっかけだった。

 

「これは絵なのか!?」

 

、と思わずにはいられなかった。

写真と見間違うぐらいの緻密な表現は

髪の毛の一本一本まで正確に描写されてて、

一瞬で僕の心を鷲掴みにした。

 

ネットで見ただけなのに

僕の頭の中に強烈なインパクトを残してくれた。

 

まだ水墨画を描き始めたばかりのときだったからなおさら。

 

その当時は絶対に敵わないとまで思ってしまったけど

今ではそんなに遠くもないなと感じれるようにはなった。

 

そんな話を教えてくれたおじいちゃんに言うと

「そんなアホな」、と笑いながら答えてくれた。

 

井上雄彦

 

引用:http://dj-trend001.com/

この方との出会いはおよそ20年前。

まだワタクシがいたいけな少年時代。

まだまだ絵を描いて生きていこうなんて

夢にも思ってなかったころ。

 

それがいざ絵を描こうってなったときに、

その汗の湿気た感じとか吐息まで聞こえてきそうなほど

圧倒的な画力に度肝を抜いた。

何がすごいかって、いや、そりゃ全体的にすごいんだけれども。

あえて挙げるとするなら体のバランスが最高すぎる。

人の体を描かせたらこの方の上をいく人は

いないんじゃないかと思うぐらい。

 

何ひとつ不自然な描写がない。

 

そしてなんかカッコイイ。

 

それに尽きる。

 

そして彼の作品はいつ読んでも何回読んでも面白い。

話の筋なんか全部知ってて

なんならセリフもほとんど覚えてるというのに。

 

触れたくなる。

 

 

鳥山明

 

引用:https://kowai-tosidensetu.com/

この方は僕に絵を描くきっかけを与えてくれた方。

まだ幼稚園にも通ってないぐらい小さいときから、

物心ついたときからドラゴンボールの絵ばっかり描いてた。

 

とにかく白い紙さえあればひたすら模写してた。

 

そのひたすら描いてたのがあったから今があるんだろうな。

 

この方の作品も井上雄彦氏同様、何回も触れたくなる。

それぐらいのナニカを放ってる。

 

とにかくすごい。

 

呉一騏

 

引用:https://www.pinterest.jp/

この方の作品は基本的に水墨画なんだけども、

なんというか、

奥行き感が一枚の紙じゃないみたいに深いものを感じる。

 

そして白の使い方が絶妙すぎる。

 

はじめてみたときに感じた絶望感は

今でもはっきり鮮明に覚えてる。

 

白と黒だけなのにこんな世界観を表現できるんだ

、っていうのと圧倒的な敗北感。笑

 

悔しすぎて枕を濡らすかと思った。

 

Dのまとめ

 

 

絵を描く人には画家や漫画家、いろんな人がいる。

絵だけじゃなくいろんなことから刺激を受けて

自分の中で昇華して自分の作品に活かす。

 

衝撃を受けた作品やアーティストからは

それぞれ圧倒的なナニカが込められている。

 

そのナニカを僕が受け取って自分の作品に込める。

 

それが今度はあなたに届く…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください