【絵の上達】頭の中にあるイメージを的確に表現する方法

絵を描いていると頭の中にあるイメージと

実際に紙の上にエンピツを走らせて出来上がっても

 

「あれ?なんか思ってたイメージと違うっっっ。」

 

、ということが多々あると思います。

 

その原因と対処法についてまとめてみたので読んでみてください。

 

紙の上に現れたものが頭の中にあるイメージと違う

 

この場合原因は大きく分けてふたつあります。

 

頭の中のイメージが明確なものでない

 

まずひとつめは

頭の中のイメージを明確にするということ

 

ボンヤリとしたイメージでしかないと、

実際描くときに細かいところがよくわからなくなります。

 

たとえば馬を描こうとしたとき。

馬の簡単なイメージは、

 

  • 馬は4本の足で立っている。
  • 首が長い。
  • 顔がちょっと長い。
  • シッポが髪の毛みたいになっている。
  • なんとなくこんな体型してる。

 

などなど、だいたいこんな感じでしょうか。

 

これだけをイメージして描いてしまったら

おそらくこんな感じになってしまうでしょう。

絵が上達していく過程で大事なことは

ひと筆ひと筆それが何を描いているのかを説明できるようにすること

これができないときは

頭の中のイメージがあいまいなものでしかないということです。

 

なのでまず頭の中で明確なイメージを作ります。

イメージが沸かないときは

写真でも実物でもいいのでまずは描きたい対象物を

細かいところまでしっかり観察します。

 

・骨格はどうなってるのか、

・その骨格に対して

・どういうふうに筋肉が付いているのか、

・目はどこに付いていて何を見るためにあるのか、

・口と目と鼻の位置関係、

・首はどこから伸びているのか、

・前脚は人間でいえば手にあたるからじゃあ肩はどこにあるのか、

・おなかにはどういう内臓があるのか、

・その位置関係によって前脚と後脚の距離感がかわってくる、

・どんな表情をしているのか、

 

などなど……

言いだせばキリがないぐらい、いろんなところを観察できます。

観察しないと描くときに

そこがどうなっているのかわからなくなってしまいます。

 

わからないからあやふやにエンピツを走らせてしまうのです。

そうするとこんな絵が出来上がってしまうのです。

なのでまずは頭の中のイメージをしっかり作ることです

 

 

単純に技術が足りない

 

ふたつめは、

単純に描く技術が足りてないだけ

 

イメージがしっかり作れたらあとはそれを紙の上に描くだけです。

それでイメージどおりに描けないときは

単純に練習が足りてないだけです。

 

自分の頭の中にあるイメージを今度は手でエンピツを持って

それを紙の上に走らせて形にしていくだけです。

これはもう自分が納得いくまで

何枚、何十枚、何百とひたすら描くしかないのです

 

1枚描いて納得いかないのなら2枚目。

それでも納得いかないなら3枚目。

1枚目と2枚目の間に少しでも上達させることが大事ですね

 

ただ描いてるだけでは何も上達することはありません。

絵を描くというのはたとえばエンピツを使う場合、

エンピツは先が細いので太くても

1ミリとかそれぐらいの太さしかありません。

 

その1ミリにも満たない線をたくさん描くことで

ひとつの作品を仕上げていくので

ひと筆ひと筆を大事にしないと上手くなることはまずありえません。

あったとしてもかなり上達は遅くなるでしょうね。

 

とにかく繰り返し繰り返し、少しずつでも毎回何か得るものはあるはずです。

、というか何かを得る意識を持ちましょう。

そこに意識をもっていくだけでもなにか変わってくるはず。

 

僕もヘタでした

 

僕は人の顔を描くのが苦手でした。

人の顔を描くというのはすごくムズカシイのです

少しでも違えば表情がまったく別ものになるし、人はいろんなことを考えるから

そのときの考えてることや想いで顔が全然ちがってきます。

そのわずかな表情の変化を出すのがもーーーたいへん。

なので極力避けてきました。

 

でも絵を描いて生きていくと決めた以上、少しでも見た人や

僕に絵を描いてほしいと言ってくれる人を喜ばせたい。

じゃあそこは避けて通れないだろうと。

なのでその苦手を克服するために

何百枚、何千枚はおそらく描いてると思います。

 

描いても描いても全然納得いかないのです。

何が違うのか?

目の位置がたとえ1ミリ、0.5ミリでも違えば

全然違う顔になってしまいます

 

鼻もそう。

鼻の高さや穴の位置、鼻と目の位置関係とか、

とにかく細かいところまでよく観察して

何回も消しては描き、消しては描きを繰り返して

ようやく描くことができるようになりました。

 

人の顔を描くときに最も神経を使うのが目です。

 

「目は口ほどに物を言う」

 

という言葉があるように目が死んでしまったら

いくらほかの部分を上手く描けたとしても

それは全体が死ぬことと同じことです。

 

なので僕は目は最後に描くようにしています。

目以外でなんとなくその人の雰囲気が出せたら

それはそれで半分くらい成功したようなものなので。

 

人によっては輪郭と髪の毛だけですでにその人の雰囲気が伝わってきます。

 

その場合、僕の顔は気持ち悪いぐらいニヤニヤしています。笑

 

そこから口を描いて鼻を描いてとしていったら

どれだけのモノができるんだろうとワクワクしてしまいますね。

 

上手く描けないときは紙を破りたくなるときもあります。

そんなことはしょっちゅうです。泣

 

それをグッとこらえて次の紙でも消してでも

もう一回、もう一回…。

これを繰り返していたら

いつのまにかできるようになってたりします。

 

このセリフは定番ですね。

ーあきらめたらそこで試合終了だよー

      by安西先生

 

↓↓↓あわせて読みたい絵に関する記事あれこれ↓↓↓

魅力的な絵を描く方法:上手いか下手かよりも大事なこと

模写のコツ:絵が上達したいなら線を見たらダメ、形や雰囲気、空気感を見る

【絵の上達】頭の中にあるイメージを的確に表現する方法

絵の上達|上手く描けないのはバランスがとれていないせい

画力を上げるためにやるべきこと5つの詳細はこんな感じ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください