水墨画:雲の描き方

水墨画で雲を描くときの注意点や方法を紹介します。

水墨画では空を描くときに色の表現ができないので

何か登場させるものがないとただの平面になってしまいます。

たとえばこんな感じですね。

ただの灰色でしょ?

でもこれカラーだと青い空に見えるんです。

雲はそれが空だということを印象づけるための必須アイテムです。

ただの灰色の画面が雲ひとつ描くだけで立派な空になるんですっ。

そんな水墨画を描くうえで重要な雲の描きかたを勉強してみましょ。

それではどうぞ〜。

 

水墨画の雲の描きかた①形は均一にならないように

 

雲は自然のものです。なので同じ形のものは存在しません。

偶然同じような形の雲はあるかもしれませんが、僕は見たことありませんね。

それぐらい自然物って形がランダムなんです。

たとえば雲といえば入道雲のようなボコボコした

雲のイメージが強いですよね。(一般的にはっ)

そのボコボコが規則正しくなってしまうと

一気に作り物感が出て不自然に見えてしまいます。

 

基本的には「ランダム」に描くことを心がけます。

大中小さまざまなボコボコをランダムに描くことで

自然な感じの雲が出来上がります。

これは実際の雲を見ながらでも写真でもいいので

まずはマネて描くことから始めてもいいですね。

コツとしては、同じ場所でボコボコを描くのではなく、

あっちいってはこっちというように、

描く場所をランダムにすることでより自然っぽさを演出できます。

こんな感じです。↓↓↓

雲は最初の輪郭を上手く描くことができれば

7割は成功したといっても過言ではありません。

僕のオススメのやりかたとしては、エンピツで何回も何回も練習して

輪郭だけで雲だとわかるようになるまでやり続けることです。

あとの3割は細かい作業の繰り返しだけなのでそんなに難しいものではありません。

薄い墨を何回も重ねる

 

輪郭が上手く描けたら次は雲のモコモコ感を出していきます。

気をつけなければならないのは影のつけかたと

先ほどの輪郭のように「ランダム」を心がけることです。

影は光がどこから差しているかによって決まります。

太陽の光が当たることでこのようなボコボコ感が生まれて僕ら人間の目に映ります。

太陽は雲のはるか上のほうから光を地球に提供してくれています。

なのでまずは太陽の位置を決めてしまいます。

この写真では影が右のほうに多いので太陽は左のほうにあることがわかります。

なので影はできるだけ右側につけることを心がけて描きます。

雲は水蒸気画集まったもの

 

雲は空に浮かんでいる水蒸気のかたまりです。

なのでひと筆で描こうとするとどうしてもペラペラな絵になってしまいます。

水墨画はただでさえ白と黒だけの世界なので

僕はいかにして立体感や奥行き感を出すかを心がけています。

そのために薄い墨を何度も重ねることで水蒸気の集まりを演出することができます。

かなり時間がかかる作業ですが、より良い作品を仕上げるためには

時間はいくらかけても惜しくないと思ってます。

時間をかければ良いものができるという、

そんな単純なものではありませんが、技術の進歩により

時間をかけることなく素晴らしい作品を作ることができます。

でも水墨画においては超がつくほどアナログな世界なので

時間を短縮しようとすればするほど作品の質は下がります。

なので水蒸気のひと粒ひと粒を描くぐらいの気持ちで根気よくやりましょう。

 

メリハリをつける

 

ある程度影をつけることができたら、もうほぼ完成です。

あとは仕上げで雲の影の濃い箇所を

濃く塗ることで全体的にメリハリをつけます。

メリハリをつければ画面全体が引き締まって見えると同時に

雲の存在感がドーンと出てきてウハウハになります。笑

 

まとめ

 

以上が水墨画の雲の描きかたです。

注意点は、自然物なので「ランダム」を常に心がけること。

ランダムでなくなって「規則性」が出てしまうと作り物感が

ハンパないので、見ていて気持ちのいいものではありません。

どうせやるなら見ていて気持ちのいい作品を描きましょ。

 

追伸:

より詳しい描きかたやその他ブログで書かない情報などを

メールマガジンで配信しています。

興味のある方は下のフォームから登録してみてください。↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください