初心者でも安心!水墨画を簡単に描く方法

水墨画を始めたいけどどうすればいいかわからない。

技法とかいっぱいあって難しそう…。

格式高いイメージがあって近寄りがたい。

 

そんな水墨画初心者さんの悩みを僕が解決します。

僕は水墨画をゼロから独学で始めて1年でこんな絵が描けるようになりました。

描いてる様子がコチラ↓↓↓

水墨画は墨と筆、この2つさえあればいつでもどこでも

始めることができる、すごくシンプルな絵画です。

でも「THE・日本の伝統」というイメージがあるので

どこか近寄りがたい、そんな雰囲気がありますよね。

僕も始める前はそんなイメージ持ってましたし、

頭の片隅のほうでどこかで古くさいよなぁという感覚を持っていました。

じゃあなんで水墨画やってんの?って話ですが。笑

水墨画の魅力については↓に詳しく書いてありますのでよろしければどうぞ♪

関連記事⇒【水墨画の魅力】白黒だからこそ表現できることがある

 

ここで書いたとおり、白と黒だけの水墨画でしかできないことがあります。

ある水墨画家さんに出会うことで僕の考えが一気に崩れ去りました。

その人のような絵が描きたいと思って自分なりに試行錯誤して

初心者でも描ける方法にたどり着きました。

僕が今から解説する方法でやれば、初心者でもすぐに描くことができます。

ではどうぞ。

 

水墨画といえども絵画のひとつ

 

 

まずは水墨画のイメージを捨てることから始めましょう。

僕もそうでしたが、水墨画のイメージってあまりよくなかったんですよね。

古くさいしカタそうだし格式高そうな感じだし。。。

冷静になって本質を考えると水墨画も絵画のひとつなんですよね。

だからそんなの関係ねぇや!ってなったので今に至ります。

 

水墨画は歴史がすごく古くて千年ぐらい前から日本にありました。

それもイメージが少しおカタイ要因になってますよねぇ。

水墨画はそもそも仏画が始まりだったこともおカタイ要因ですね。

仏像とか菩薩とかを和紙に描いたアレです。

宗教とか絡んでくるとロクなことないですね。笑

いろいろ調べているうちにそんな事実を知って

「ああ、だから水墨画はあまり一般的には浸透しないんだなぁ…」

というのがなんとなく肌感覚で理解できました。

 

 

そんなイメージを捨て去るために僕はモノクロ写真に注目しました。

油絵の中に写実絵画というジャンルがあります。

一瞬写真じゃないかと目を疑うほど写実的で繊細な絵を描くジャンルです。

日本では森本草介氏や野田弘志氏が有名です。


これを水墨画でやればいいのでは?と。

モノクロ写真のような絵を水墨画で描けば

一般にも認知されやすくなるのでは?と考えました。

 

モノクロ写真にはそれだけでカッコよくみえるという独特の雰囲気があります。

関連記事:【水墨画の魅力】白黒だからこそ表現できることがある

写真だと実際に起こることしか写すことができませんが、その点絵ならなんでもできる。

憧れの人とのツーショットも写真ならその人に会わなければ撮ることができません。

だけど絵ならそれが一瞬でできてしまいます。

 

それも場所を問わずに。

 

頭の中にあるイメージならすぐに具現化できるのです。

カタイ、古くさい水墨画をオシャレな絵画にできるのです。

水墨画はそんな可能性を大いに秘めています。

 

 

道具にお金をかける必要はない

 

 

イメージを捨て去るためにもうひとつ秘策を。

道具を揃えるためにお金をかける必要はまったくありません。

水墨画の道具のイメージってどうしても「高そう」ですよね。

僕もそうでした。

実際にはピンキリなので安いものを購入すれば

そんなにお金はかからないのですが、あえて購入する必要は一切ございません。

 

詳しくはこちらに↓↓↓

関連記事⇒初心者でもお手軽!お金をかけずに水墨画の道具をそろえる方法

僕はこんな感じで道具をそろえたので

あまり描いているところを人に見られたくありません。

道具がショボすぎて恥ずかしい限りです。笑

とても人様にみせれるようなシロモノではありません。泣

大切なのは出来上がった作品です。

 

下描きをすれば描きやすい

 

さて、イメージは崩れたでしょうか。

イメージが崩れたところでもうひとつイメージを崩す秘策を。

 

水墨画には「下描きはしない」というセオリーがあるようです。

誰が決めたんでしょうね?

 

僕はガンガン下描きします。

下描きをしないと全体のバランスが取れません。

白と黒だけしかない水墨画では構図がすべてです。

色という情報が皆無なので。

 

それを下描きもなしに描き始めるというのはあまりにも体当たりすぎるのでは?

設計図もなしにいきなり家を建て始めるようなものです。

 

下描きをしてそれを塗り絵のような感覚で

墨を入れていけば簡単に描くことができます。

 

エンピツでデッサンするように

 

 

水墨画からいちばん人を遠ざけているんじゃないかと思うのが「技法」です。

 

水墨画にはいろんな技法があります。

 

ひとつの筆に薄い墨と濃い墨を含ませて

ひと筆でグラデーションをつけるようなものとか。

 

それはそれで素晴らしい技術だし、

練習して極めていけば面白いんだろうなあと思うものでもあります。

 

が。

 

コツをつかんで習得するまでには相当な時間と練習が必要です。

一朝一夕でできるようなものではありません。

なので僕はそういう水墨画ならではの技法は一切やっておりません。

 

ライブペイントとかで水墨画を描くなら

そんな手法を取り入れてやるのも面白いかなと思いますが。

 

僕がおススメする方法は、エンピツでデッサンをするように

薄い墨を少しずつ塗り重ねていく方法です。

この方法だと技術はなにも必要ありません。

「描きたい」という気持ちがあればそれでオーケーです。

 

この方法のいいところは水墨画初心者でもすぐに描くことができることと、

重ねることによって独特の立体感が生まれるところです。

 

僕の作品を見てもらえればわかりますが、なんか浮いてくるんですよ。

墨を重ねていくと。

これはひと筆ではなかなか出せないタッチですね。

 

デメリットとしては、時間がかかることですね。

僕も最初のころは薄い墨を一種類しか使ってなかったので

ひとつの作品を描きあげるのにずいぶん時間がかかりました。

 

今では薄い墨を何種類か作っておくことで

だいぶ時間を短縮することができるようになりました。

 

まとめ

 

以上のことを考えていただければ水墨画が簡単に描き始めることができます。

なにも難しいことはありません。

描きたいという気持ちが大事なのです。

僕はその気持ちだけで師匠も持たずに独学で絵の仕事を頂けるまでになりました。

 

そのためには画力があるというのは必須ですが。

 

でも軽くやりたい人も、本気でやりたい人も

どちらでも始めやすい方法なのでぜひやってみてください。

 

世界が変わります。

面白いですよ。

 

↓↓↓水墨画に関する記事あれこれ↓↓↓

初心者でもお手軽!お金をかけずに水墨画の道具をそろえる方法

【水墨画の描き方】難しい技法がなくても楽しんで描く方法

【水墨画の魅力】白黒だからこそ表現できることがある

水墨画の筆の選び方:初心者は2,3本あれば事足りる

水墨画の黒い歴史:水墨画の魅力が伝わらないのはそういうことか

僕の作品はコチラ

 

絵が上達する方法を解説しています。

 

↓↓↓あわせて読みたい絵に関する記事あれこれ↓↓↓

魅力的な絵を描く方法:上手いか下手かよりも大事なこと

模写のコツ:絵が上達したいなら線を見たらダメ、形や雰囲気、空気感を見る

【絵の上達】頭の中にあるイメージを的確に表現する方法

絵の上達|上手く描けないのはバランスがとれていないせい

画力を上げるためにやるべきこと5つの詳細はこんな感じ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください