ドラえもんで泣ける感動の名作5選

今回はドラえもんの、

見たら必ず号泣する感動の名作を5つ選んでみました。

王道中の王道の作品ばかりですが、30歳を過ぎても、

なお、涙なくしては見れない作品ばかりです。

どうかDのたわごとにおつきあいください。

ネタバレ大放出です。笑

 

おばあちゃんの思い出

 

 

のび太が小さいころに大事にしてた

クマのぬいぐるみがゴミ捨て場に捨てられていた。

 

それを偶然発見してしまったのび太。

そのクマのぬいぐるみはボロボロになっていて、

今は亡きおばあちゃんが繕ってくれたあとが。

 

それを見てタイムマシンに乗って

おばあちゃんに会いに行きたいと言い出したのび太。

過去の世界で、おばあちゃんにわがまま放題の小さいのび太をみて

「なんでおばあちゃんにあんなひどいことを…」、と悔やむのび太。

そんな姿に自分を重ねてしまってもうこの時点ですでに号泣。

 

そのあとはもうずっと号泣です。

未来ののび太の姿を見ても何ひとつ疑わない

おばあちゃんの優しさと懐の深さと、小さいのび太が

どんなにわがまま言っても優しく受け止めてくれて、

ホントにのび太のことを可愛がってるんだな

というのが伝わってきて、もうアカン…。

 

ジャイアンとスネ夫が未来ののび太からクマのぬいぐるみを

取り返そうとしてる姿にもホントは仲がいいんだなーと、

感動させられっぱなし。

おばあちゃんの声優さんがいい味出してて声だけでも泣けてしまう。

泣きたい人はぜひっっ。

 

 

ぼくの生まれた日

 

 

今日はのび太の誕生日。

のび太は浮かれ気分で調子に乗って、

パパとママにこっぴどく叱られてしまった。あげく、

「あんたみたいな子はうちの子じゃない」となじられる。

 

のび太はショックで家出。

心配して「帰ろう」と諭すドラえもんに対して

「今日は僕みたいなダメな子が生まれてきて

みんなががっかりした日なんだ」と、聞き入れようとしない。

ドラえもんは「じゃあ、確かめに行こう」

とタイムマシンに乗ってのび太が生まれた日に向かった。

 

パパとママは生まれてきたわが子の誕生を心から喜んでくれている。

そしてのび太という自分の名前の由来も知って

のび太は反省と感謝でいっぱいになった。

 

子どもが生まれた瞬間ほど平和で幸せな時間ってほかにないと思います。

それは人間だろうとほかの動物だろうと関係なく。

そんな可愛い子どもを虐待したり、殺してしまったり、

どうしてそんなことになってしまうんでしょうね?

 

 

のび太の結婚前夜

 

 

しずかちゃんと出木杉が仲良く劇の練習をしてるのを見て

嫉妬したのび太は、将来ほんとうにしずかちゃんと

結婚できるのか不安になってしまった。

ドラえもんと共にタイムマシンで未来に確認しに行ったが、

日にちを間違えて結婚式の前日にきてしまった。

 

その夜、しずかちゃんの家ではお別れパーティが行われていた。

しずかちゃんは結婚と両親への愛情のはざまで困惑してしまい、

「結婚をやめる」と言い出してしまう。

そんなしずかちゃんにお父さんは、

「少しぐらい寂しくても今までの楽しい思い出が温めてくれる」

と諭す。

このしずかちゃんのお父さんの語りが素晴らしすぎて、ダメだ…。

「人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる素晴らしい青年だ」

こんなことが言える人間になりたい。

 

ジャイアンの家での飲み会から帰る途中、小学校の先生に会って、

「野比!明日は遅刻するんじゃないぞ!」のセリフもほっこりします。

いいですよね…歳を重ねてもこんなふうに小さいころの

そのままの関係でいられるのって。

 

 

帰ってきたドラえもん

 

 

いつものようにジャイアンにいじめられてドラえもんに泣きつくのび太。

でもドラえもんは憂鬱な顔をしていた。

実はドラえもんは未来の世界に帰らなければならなくなってしまったのだった。

泣きながら止めるのび太。パパに諭され、おばあちゃんのダルマを見て

受け入れたのび太はドラえもんと最後の夜を過ごした。

 

なかなか寝付けない2人は公園に散歩に出かけた。

公園でシーソーに乗りながら

「心配いらないよ、なんでもかんでもひとりでちゃんと

やれるから、安心して未来へ帰って!」と語るのび太。

涙を見せたくなかったドラえもんはその場から立ち去る。

 

そこへジャイアンが現れて昼間の続きをやろうと言いがかりをつける。

のび太はドラえもんに心配させまいとひとりでジャイアンに挑む。

 

ボロボロになりながらも、諦めずに食らいつくのび太。

「ぼくだけの力で君に勝たないとドラえもんが安心して未来に帰れない!」

、とジャイアンを退けさせる。

安心して未来の世界に帰ったドラえもん。

 

ドラえもんがいなくなって毎日ぼんやり過ごしていたある日、

ジャイアンとスネ夫にドラえもんが帰ってきたと騙される。

 

ドラえもんが最後に残した、飲んでしゃべったことが

みんなウソになるという秘密道具、「ウソ800」

徹底的に仕返するのび太。

 

その道具の効力が残ったまま、

「ドラえもんはもう帰ってくるわけない」

と言ったことでドラえもんは帰ってきた。

2人のお互いを思いやる気持ちに涙が止まらない…。

 

 

 

ワンニャン時空伝

 

 

ある日のび太は川でおぼれていた子犬を助けた。

「イチ」と名付けて動物嫌いのママに隠れて飼っていたけど、

町中の野良猫や野良犬が集まってきて手に負えなくなり、

タイムマシンで3億年前の世界に連れて行く。

そこで未来の秘密道具をフルに活用して自分たちだけで

生きていけるように「進化退化光線銃」で進化させて、

「無料フード製造機」を置いて「明日また必ずくるからね」

と言い残してのび太たちは現代に帰る。

次の日、タイムマシンで3億年前に向かう途中、

ねじれゾーンに巻き込まれてイチたちと別れた日から

1000年経った世界に着いてしまった。

そこではネコとイヌのだけの国、ワンニャン国があった。

そこでイチの子孫と思われるイヌと出会い、

1000年の時を超えた再会を果たす…。

 

イチとのび太のお互いを想う気持ちが1000年の

時を超えて実現させたとか思うと、涙が止まらない。

 

動物との再会という時点でもうダメだ。

 

 

まとめ

 

この5つはドラえもんの中でも特にヤバイ作品たちです(さよなら語彙力)。

 

単純に感動するというのでなく、自分に重ねてしまって

号泣してしまうところが多々あるというのがセコイですな。

 

このときのドラえもんは演出、声優、音楽、すべてが魂が込められすぎている。

大人になってからのほうが涙が止まらないというのはそういうことか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください