ドラえもんで泣ける感動の名作5選

今回はドラえもんの、見たら必ず号泣する感動の名作を5つ選んでみました。

王道中の王道の作品ばかりですが、30歳を過ぎてもなお、涙なくしては見れない作品ばかりです。

観るときはぜひ1人、もしくは気の許せる方と観ることをおススメします。あと、ティッシュは必ず「箱」でご用意ください。ゴミ箱も近くにセットしておいてください。必ず使いますので。

基本的にネタバレ大放出ですが、これらの作品はネタバレしてても関係なく泣けるものばかりなので安心してお進みください。僕は何回観ても、ティッシュを大量に使うほど号泣してしまいます。ひっくひっく言いながら。大の男が。

もうセリフも全部覚えちゃってるんじゃないかというぐらい観ているというのに。

それではまいります。

 

おばあちゃんの思い出

 

 

ある日、のび太が小さいころに大事にしてたクマのぬいぐるみがゴミ捨て場に捨てられていた。

 

それを偶然発見してしまったのび太。

そのクマのぬいぐるみはボロボロになっていて、今は亡きおばあちゃんが繕ってくれたあとが。

おばあちゃんは優しかった。のび太が何を言っても怒ることなく、ずっとニコニコ温かく見守ってくれていた。

そんなことを思い出したのび太はタイムマシンに乗っておばあちゃんに会いに行きたいと言い出した。

 

ここは過去の世界。

 

おばあちゃんにわがまま放題の小さいのび太をみて「なんでおばあちゃんにあんなひどいことを…」と泣きながら悔やむのび太。

そんな姿に自分を重ねてしまってもうこの時点ですでに号泣。

そのあとはもうずっと号泣です。

未来ののび太の姿を見ても何ひとつ疑わないおばあちゃんの優しさと懐の深さと、小さいのび太がどんなにわがまま言っても優しく受け止めてくれて、ホントにのび太のことを可愛がってるんだな、というのが自分のおじいちゃんと重なってヒクヒク言うてました。

 

ジャイアンとスネ夫が未来ののび太からクマのぬいぐるみを取り返そうとしてる姿にもホントは仲がいいんだなーとか、感動させられっぱなし。クライマックスの小学生ののび太とおばあちゃんが話をするシーンはティッシュが何枚あっても足りません。

おばあちゃんの声優さんがすっごくいい味出してて声だけでも泣けてしまう。号泣必死の不朽の名作です。ぜひ観てください。

 

 

ぼくの生まれた日

 

 

今日はのび太の誕生日。

のび太はカレンダーを見ながら何やら浮かれ気分。「誕生日だから何をしても許される」と、ついついお調子に乗ってしまい、パパとママにこっぴどく叱られてしまった。あげく、「あんたみたいな子はうちの子じゃない」のひと言。

のび太はショックで家出した。みんなに祝ってもらおうとそれぞれの家に向かうも、みんな打ち合わせしたかのようにそれぞれが何かしらの用事があった。誰一人相手してもらえない。ひとりさみしく歩いていると心配して「帰ろう」と諭すドラえもん。

でも、そんなドラえもんにも「今日は僕みたいなダメな子が生まれてきてみんなががっかりした日なんだ」と、聞き入れようとしない。

ドラえもんは「じゃあ、確かめに行こう」とタイムマシンに乗ってのび太が生まれた日に向かった。

着いた先はのび太が生まれた日の野比家。あわてて会社からパパが家に帰ってきた。「赤ちゃんはどこだ?」と家中さがすそそっかしいパパ。そこに生まれたばかりののび太がいるはずもなく、「病院だと思いますけどぉ…」と二人。急いで病院に向かうパパ。

病院ではパパとママが生まれてきたわが子の誕生を心から喜んでくれている。あの木のようにのびのび育ってほしいという理由から名前はのび太になった。のび太の将来のことを嬉しそうに話す若き日のパパとママ。それを遠くから見守ってるのび太とドラえもん。

自分が生まれたことを本当に嬉しそうにしているパパとママをみて、のび太という自分の名前の由来も知ってのび太は反省と感謝でいっぱいになった。そして図ったように出かけて行ったみんながのび太にしたこととは…。

もう感動の嵐でティッシュが離せません。

子どもが生まれた瞬間ほど平和で幸せな時間ってほかにないと思います。それは人間だろうとほかの動物だろうと関係なく。そんな可愛い子どもを虐待したり、殺してしまったり。

どうしてそんなことになってしまうのでしょう。そんなことを考えさせられる名作です。

 

 

のび太の結婚前夜

 

 

ある晴れた日。いつもの空き地を通るとしずかちゃんと出木杉が仲良く劇の練習をしていた。それを見たのび太は劇の練習とは知らずに本当にふたりが愛を語り合っていると勘違いしてやきもちが大爆発。こんな状態で将来ほんとうにしずかちゃんと結婚できるのか、と不安になってしまった。

それならば、とドラえもんと共にタイムマシンでのび太としずかちゃんが結婚する未来を確認しに行くことになった。なんと日にちを間違えてしまい、結婚式の前日にきてしまった。

その日の夜、しずかちゃんの家ではお別れパーティが行われていた。しずかちゃんは結婚して家を出て行ってしまう自分と両親に対してまだ何も返していないという感情のはざまで困惑していた。パパに「おやすみなさい」と告げて部屋から出ようとするとパパが咳き込む。感情が爆発したしずかちゃんは「結婚をやめる」と言い出してしまう。

そんなしずかちゃんにパパは、「少しぐらい寂しくても君との楽しかった日々がある。思い出が僕を温めてくれるさ」と諭す。

ここからのしずかちゃんのパパの語りは鳥肌ものです。もう全世界のお父さん方にぜひ観ていただきたい名シーンです。ぜひご覧ください。

こんなことが言えるカッコイイ人間になりたい。

 

一方のび太はというと、ジャイアンの家で出木杉とスネ夫としこたま飲んでいた。「僕らのアイドルだったしずかちゃんもついにのび太のものになるのか」と一同。そして飲み会から帰る途中、河原で小学校の先生に会って、「野比!明日は遅刻するんじゃないぞ!」と、小学校のときのように喝を入れる先生。

個人的にこのシーンすっごく好きで。

歳を重ねてもこんなふうに小さいころのそのままの関係でいられるのってなんかすごくステキだなぁと。僕はドラえもんとともに成長してきたようなもので、ドラえもんという作品を深く知っていれば知ってるほど感動が深まる作品だと思います。号泣というよりかはなんだか胸のあたりが熱くなってくる作品です。ぜひご覧ください。

 

 

帰ってきたドラえもん

 

 

春休みのある日ーーーーーーーーー

いつものようにジャイアンにいじめられてドラえもんに泣きつくのび太。

でもドラえもんはものすごく憂鬱な顔をしていた。

実はドラえもんは未来の世界に帰らなければならなくなってしまったのだった。

泣きながら止めるのび太。小さいころのように押し入れに閉じこもっていたのび太はパパに「下で待ってるからな」と諭された。そして押し入れの中でダルマの人形を発見し、おばあちゃんが病気で寝込んでいたとき、幼いのび太は「だるまさんみたいにころんでもちゃんとじぶんでおっきする。だからしんぱいしないで」とおばあちゃんに告げたことを思い出して奮起し、みんなが待つ食卓へ。

ドラえもんと最後の夜を過ごす。

なかなか寝付けない2人は公園に散歩に出かけた。公園でシーソーに乗りながら「心配いらないよ、なんでもかんでもひとりでちゃんとやれるから、安心して未来へ帰って!」と語るのび太。

この言葉に感動して涙があふれそうになるドラえもん。涙を見せたくなかったドラえもんはその場から立ち去る。

そこへジャイアンが現れて昼間の続きをやろうと言いがかりをつける。

のび太はドラえもんの名前を叫びそうになるも、自らの口を手でふさぎ、ドラえもんに心配させまいとひとりでジャイアンに挑んでいく。

ボロボロになりながらも、珍しく根性丸出しで諦めずに食らいついていくのび太。

「ぼくだけの力で君に勝たないとドラえもんが安心して未来に帰れない!!」

と最後は気持ちでジャイアンを退けさせる。そこにドラえもんが駆けつける。「ぼく…ひとりで勝ったんだよ…もう安心して帰れるだろ…?」

 

そして次の朝。

まだ眠っているのび太を見守りつつ、涙を流しながらも安心して未来の世界に帰っていったドラえもん。

 

ドラえもんがいなくなって毎日ぼんやり過ごしていたある日、ジャイアンがあわてた様子でのび太のところへやってきた。

今そこでドラえもんをみかけたという。「ドラえもんが帰ってきたんだ!」と飛び上がって喜ぶのび太。あわてて家に帰ってみたものはーー。

 

この作品はもうずっと涙流しっぱなしです。必ずティッシュを大量にご用意ください。

 

 

ワンニャン時空伝

 

 

ある日のび太は川でおぼれていた子犬を助けた。助けたばっかりにのび太が帰ろうとしてもついてくる。しかたなく家まで連れて帰ったのび太。

「イチ」と名付けて動物嫌いのママに隠れて、ドラえもんの助けを借りて部屋の中で飼うことに。

イチと遊んでいるとわれもわれもと野良イヌや野良ネコが集まってくる。そしていつの間にか町中の野良イヌや野良ネコが集まってきてしまった。数が多すぎて手に負えなくなり、困ったのび太たち一行はタイムマシンで3億年前の世界に連れて行くことを思いつく。

3億年前のビルも何もない、人もいないただただ大自然だけの世界。そこで未来の秘密道具をフルに活用し、自分たちだけで生きていけるように「進化退化光線銃」で進化させる。

進化させたイチは2本足で歩けるようになった。

秘密道具「無料フード製造機」の使い方をイチに教えたのび太。その道具を置いて「明日また必ずくるからね」と言い残してのび太たち一行は現代に帰る。

次の日、タイムマシンで3億年前に向かう途中、時空間のねじれゾーンに巻き込まれてタイムマシンが故障し、イチたちと別れたあの日から1000年後の世界に着いてしまった。

そこにはネコとイヌのだけの国、ワンニャン国があった。

そこで出会ったイチそっくりなイヌとその仲間のイヌやネコたち。しかしここは1000年後の世界。イチがいるはずがない。話を聞くと、何やらイチそっくりなイヌとその仲間たちの親がとらえられているらしい。協力して助け出そうとするのび太たち。

果たして・・・。

 

感動のラストがあなたを襲います。ティッシュを準備してゆっくりお楽しみください。

 

 

まとめ

 

この5つはドラえもんの中でも特にヤバイ作品たちです。書きながら感動して涙があふれてきました。

単純に感動するというのでなく、自分に重ねてしまって号泣してしまうところが多々あるというのがミソです。

今のドラえもんもいいですが、このときのドラえもんで育った僕としてはやっぱりドラえもんはこの声のほうがしっくりくるなぁというのが本音です。

でもそれはもうすでに終わったことです。少し寂しい気持ちはあるけれど、「思い出が僕の心を温めてくれる」と信じて前に進もうと思います。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください