絵の上達には模写がオススメ【個性も模写から生まれる】

絵が上達しない。。。

絵が上手くなるにはどうしたらいいの?

絵の上達には模写がいいっていうけど実際のところどうなの?

 

こんな人にオススメです。

絵が上達する過程で「模写」は最適な練習方法です。

今回はその「模写」を紐解いてみましょう。

 

模写とは?

模写の意味

 

模写は模倣して写すという意味です。

読んで字のごとくです。

模倣とは人の真似をするということです。

真似をして写すのが模写です。

要するに人の絵や写真をそのまま写して描くということですね。

上手くなる過程ではこの模写が

いちばんの近道であり、入り口でもあります。

絵を描く仕事をしている人でも趣味で絵を描いている人でも

だいたいの人は憧れの人の絵を真似することから始めます。

 

子どもが絵を描くのなんてまさにそうですよね?

ドラえもんとかアンパンマンといったキャラクターを真似して

絵を描いてお父さんやお母さんに見せてほめてもらって

それで嬉しくなってまた描くという。

 

僕自身がそうでしたが、

描くのが楽しいというのと褒めてもらえる

というのが嬉しくてまた何回も描きます。

そうやって描いているうちにどんどん技術が向上していくのです。

絵の上達にはとにかく1枚でも多く絵を描くことです。

 

模写にはそれを楽しくできる要素がたくさん含まれています。

中でも、「楽しんで描く」ということがいちばん大切です。

 

模写した絵と元の絵を比べてみて違うところが

あれば修正して元の絵に少しでも近づける。

それの繰り返しで絵は上達していきます。

そのときにどこが違うのか、どうやったら修正できるのか

ということを常に考えながら描けば驚くほど上達は早くなります。

関連記事⇒模写のコツ:絵が上達したいなら線を見たらダメ、形や雰囲気、空気感を見る

何も考えずにただ描いていても

上達するのは限りなく遅いでしょう。

絵がなかなか上達しない人は

考えるという部分がだいぶ足りないように思います。

 

それどころか、余計なことばかり考えてしまって

本質のところを忘れてしまいがちです。

余計なことというのは

「模写することで個性が失われてしまうんじゃないか」とか

「どれぐらいの時間やれば上手くなるのか」とかそういうことです。

模写をすることで個性が失われるということはありません。

個性は少しずつ自分で育てていくものなので

自分が描きたいものを明確にするという意味でも

模写は最適な方法です。

その理由としては模写する絵を選ぶ時点で

自分が描きたいものを選べばそれが後々

個性というものに繋がっていくからです。

なので誰かにこれをやりなさい

と言われた模写ではあまり意味がないことですね。

 

反対に自分が描きたいと思ったものを描くのであれば

それは自分の中で少しずつ成長していきます。

 

どれぐらい時間をかければというのは愚問ですね。

時間は関係ありません。

時給じゃないのでただ時間をかければ

成果が上がるようなものではありません。

早ければ1ヶ月もあれば上達する人もいるでしょうし、

1年かけてもなかなか上達しない人もいます。

 

これは先ほどの「考える」ということが抜けてる典型的なものです。

頭を使って考えないと上達はしません。

なんでもそうですね。

 

なんでも最初は真似することから始める

 

先ほども言いましたが、真似をすることは

上達の最大の近道であり、入り口であり、かつ効率的です。

スポーツでも楽器でもやり始めは

誰かの真似をすることが上達するための近道です。

絵でも同じです。

 

ですが、大人になればなるほど先ほどのような

余計なことばかり考えてしまいがちなので

純粋に絵を描くことを楽しむことができるように

精神状態を持っていくことが大切です。

とりあえず描き始めはカンタンなものから始めると良いと思います。

アンパンマンとかドラえもんとか

わかりやすいキャラクターとかが最高ですね。

恥ずかしいという気持ちが生まれるかもしれませんが、

ものは考えようです。

アンパンマンやドラえもんは顔の構成がシンプルですよね?

シンプルなのにキャラには豊かな表情がある。

これがミソです。

シンプルなものほど実はいちばん難しいんです。

 

絵が下手な人が描いてもまず表情は出ません。

無表情な絵に仕上がってしまいます。

 

ひとつの練習方法としておススメです。

 

模写はオリジナリティを生む

 

先ほどちょろっと言いましたが、

模写をすることでオリジナリティが育ちます。

模写をした元の絵には

その作者の想いや魂がたっぷり込められています。

 

同じ人の絵ばっかり模写してしまうと

それだけになってしまいますが、いろんな人の絵を模写することで

いろんな人の想いや魂を自分の中に蓄積できます。

 

蓄積したものを掛け合わせればそれが自分のものになっていきます。

わかりやすい例を挙げると手塚治虫先生と藤子不二雄先生です。

お二(三)人とも漫画界の巨匠です。

藤子不二雄先生は手塚治虫先生に憧れて漫画を描き始めました。

初期のころの作品を見ると限りなく手塚治虫先生の

コピーのように見えます。

それこそ最初は真似をして描いていたそうです。

でも何回も描いているうちに真似ではなく、

オリジナリティが生まれていきました。

こんな例がほかにもたくさんあります。

 

いろんな人の影響を受けてそれを自分の中でかみ砕いて

育てていくことで自分らしさが生まれます。

模写にはそんな効果もあるのです。

 

模写のまとめ

 

絵を描いていると必ずどこかで「模写」という言葉を耳にします。

僕もとあるおじさまに模写は大事だということをさんざん言われました。

確かに模写って上達するためには最大の近道だと思います。

やりかたと考えかたさえ間違っていなければ。

 

でもまず模写どうこうよりも、「描きたい」という

気持ちがいちばん大事なことなのではないかなと思います。

学校の授業みたいに「やらされる」ことには何の意味もないです。

 

「描きたい」という強い欲望は脳がいろいろなところで反応してくれます。

 

描きたいものがなければひたすら探してみましょう。

どこかには必ずあるはずです。

それが見つかればひたすらそれを真似て練習するだけです。

 

↓↓↓あわせて読みたい絵に関する記事あれこれ↓↓↓

魅力的な絵を描く方法:上手いか下手かよりも大事なこと

模写のコツ:絵が上達したいなら線を見たらダメ、形や雰囲気、空気感を見る

【絵の上達】頭の中にあるイメージを的確に表現する方法

絵の上達|上手く描けないのはバランスがとれていないせい

画力を上げるためにやるべきこと5つの詳細はこんな感じ

 

↓↓↓水墨画に関する記事あれこれ↓↓↓

初心者でもお手軽!お金をかけずに水墨画の道具をそろえる方法

【水墨画の描き方】難しい技法がなくても楽しんで描く方法

【水墨画の魅力】白黒だからこそ表現できることがある

水墨画の筆の選び方:初心者は2,3本あれば事足りる

水墨画の黒い歴史:水墨画の魅力が伝わらないのはそういうことか

僕の作品はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください