絵が上手くなる簡単な練習方法

水墨画家のDと申します。

絵が上手くなりたいけどガッツリ描く時間が取れない・・・

そんなあなたに時間がかからなくて場所も取らなくて、そんでもって効果抜群の練習方法をご紹介します。

用意するものは白い紙と先の細いボールペン。

以上です。理由はあとで解説します。

百聞は一見にしかずなのでこちらの動画をごらんください。

 

⇒絵が上手くなる簡単な練習方法

 

これはTikTokで投稿した動画なのですが、現在50万回以上再生されています。いいね♡は4万件ぐらい。

たぶん今後もっと伸びていくんじゃないかなと思います。

基本的には本当にこれだけなんです。この動画のように楕円を描いてその中を細い線で埋め尽くす。それだけでOKです。

これだといつでもどこでも、少しの余白があれば30秒あれば1回練習できます。メモ帳、ノート、教科書の端っこ、なんでもござれです。とにかく暇さえあればやっちゃてください。大きさは縦3センチ、幅1センチぐらいが目安です。それ以上大きくなるとちょっとめんどくさいかもしれません。

 

何の練習になるの?

 

さて。

これが果たして何の練習になるのか?コメント欄を見ると「いやこれ色塗りの練習やん。」とか書かれていたりしますが、それももちろんあります。

でもホントにそれだけでしょうか?

 

…ハッ。ちょっとイヤなヤツになってしまいました。取り乱しました。

 

もっと深く考えると色塗りだけでなく、いろんな効果があります。

・線を思い通りに描く練習になる。

・筆圧をそろえる練習になる。

・もちろん色を塗る練習にもなる。

・どんなふうにペンを持ったらいいのかがわかるようになる。

 

今ここに挙げただけでも4つの効果があります。ひとつずつ解説していきます。

 

思い通りに線が描ける

 

思い通りに線を描けるようになるというのは決められた枠の中というのがポイントです。動画を見ると往復してるように見えなくもないですが、1方向しか線を描いていません。

この動きを早くかつ正確にできるようになると自分の手と頭のシンクロ率がかなり上がります。ひとつはそのための練習です。最初はゆっくりやって徐々にスピードを上げていけばOKです。まずは枠線の中にキッチリ線が収まるように描いてください。…とかなんとか言いながら動画ではすき間空きまくってますが。ww

筆圧をそろえる

 

筆圧をそろえるというのはカゲを描くときなどにすごく役に立ちます。動画ではわかりにくいですが、かなり手の力を抜いて線をたくさん描いております。

手に力が入って描いた線はものすごくカタくなってしまって、見た人に余計な圧迫感と緊張感を与えてしまうので作品としてはもう完全に却下です。特に細かい場所に線を描く場合なんかは、指の力だけで線を描くことが多いんです。でも指の力だけで線を描くってなるとどうしても線にムラができてしまって仕上がりがブサイクになってしまいます。それをできるだけ避けるための練習です。

色を塗る

 

わりとコメント欄で多かった意見ですが色を塗る練習にもなります。実際に楕円に色塗ってるだけの動画なので。w

色を塗る作業というのは、このように細いボールペンならなおさら線と線の間隔はめちゃくちゃ寄せる必要があります。細いボールペンがいいと言っている理由はここです。ボールペンだとインクが出る量が安定しているので、太さ、色の濃さが常に一定です。

シャーペンとかエンピツだと筆圧によって太さが変わったりするのでちゃんと線が描けてるかどうかの確認がしにくいんです。水墨画とか水彩画だと色を重ねる際に重ねてはいけないところに筆を持っていってしまうこともあるので、この練習をしておいて指先をコントロールすることができていればそういうことも少なくなります。

持ち方の練習になる

 

持ちかたの練習にもなります。どんなふうに持てば線が描きやすいのか?絵を描くときの線は(特に鉛筆画は)基本的に濃く描くのはNGです。濃い線っていうのは力を強く入れて描いた線です。そういった線は、見た人に圧迫感と緊張感を与えてしまいます。

そんな絵は誰が見てもしんどいだけです。

絵は線がたくさん集まってできた、いわば「線の集合体」です。その線を自由自在に操ることができるようになるためにこの練習はとてもとても効果的です。

 

どれぐらいやればいいの?

 

この練習方法はいつでもどこでもお手軽にできますが、1回やったからといって上手くなれるわけではありません。

「何回やれば上手くなれますか?」

といった質問も多数寄せられていますが、基本的に「何回やれば上手くなる」といったことは言えません。上手くなるまでやり続けるという覚悟でのぞんでください。じゃないとすぐにやめてしまうでしょう。

三日坊主でもできますか?みたいなコメントも多数あります。

少し厳しいことを言うと、三日坊主で何かを成し遂げた人を僕は見たことがありません。

世の中の成功している人は、皆さん何かしら、何年、何十年とコツコツ積み上げてきたものがあります。

絵にもこれは当てはまっていて、この方法は楽して絵が上手くなる方法ではなくて、「簡単な練習方法」です。「簡単に絵が上手くなる練習方法」ではないのです。それでもコメント欄ではこれやって絵が上達した!みたいなことを言ってくださる方もいらっしゃるので、やりかた次第なのと、あとは気持ちさえあれば絵は上手くなります。サラッと言いましたが、気持ちは何よりも大事なところです。

本気でやれば1ヶ月もあれば絵は上達できる、と本気で思っていたりします。

この練習方法はやりかた自体はすごく簡単で誰にでもできると思います。これが自分にとってどんな効果があるんだろう?と常に自問自答を繰り返しながらやると爆発的に伸びると思います。

ひと筆ひと筆に意味を持たせて練習するかしないかで1週間後、1ヶ月後の伸び率は全然違ってくるのでぜひやってみてください。

 

Dのオンライン絵画教室ではこれよりもっと濃い内容を動画で詳しく解説しております。

絵画教室だけにとどまらずにコミニュティの場所になっています。

ぜひ一度のぞいてみてください。