絵の初心者が絵を描く前にやらないとやめてしまうこと

これから絵を描き始めようとしている、絵の初心者の人にまずやっておいてもらいたいことがあります。これをやっとかないとまず挫折してやめてしまうという危険極まりないものです。せっかくワクワクして始めたのにそれをしていないせいでやめていく人が多くいらっしゃいます。

それってすごくもったいないしさみしいものです。なのでぜひ胸に留めておいてもらいたいです。

その正体は…

 

 

「絵を大好きになること」。

 

 

すっごくシンプルで「そんなことかよ!」…って思うかもしれませんがすっげえ大事なことです。

今からお話しすることはあくまでも絵というモノに真剣に向き合える人が対象なので、それ以外の人にはだいぶ重たい話になるのでここで閉じることをオススメします。

少年野球から学んだ好きになることの大切さ

 

なんで大好きになるのが大事かというと結局好きじゃないと続かないからです。それってスポーツ、芸術、勉強、なんでもそうです。本質に気づかされた僕の経験を少しだけお話しさせてください。

僕は少年野球のコーチをしています。僕の持論は少年野球っていうのは野球の楽しさを教える場だと思ってるんですね。でも野球ってスポーツだから当然勝ち負けがある。試合をして負けたら悔しいし、勝ったときの喜びは何物にも替えがたいものがあります。

で、僕が所属してるチームの監督さんはすっごい勝利至上主義な人で負けようもんならすごい暴言吐いて怒ったり、嫌がらせかのようにダッシュ何本も走らせたりして見てるこっちが心痛いぐらいのことを平気でやるんですね。暴言なんかはホントに一歩間違えればパワハラ級の破壊力があります。あまりの過酷さに泣いてる子もいるぐらいです。

試合だけじゃなく練習中とかでも、一生懸命プレーしてるのにミスしたりするとすっごい怒ったりネチっこくイヤミを言ったりしております。どんなスポーツでもミスなんてつきものです。プロでもミスはします。一生懸命プレーしたのに怒られてしまったらやる気なくしますよね。まして相手は小学生。精神的にまだまだ未熟なお年ごろです。

そんな監督さんなので子どもたちは完全に萎縮してしまって常に監督の顔色をうかがいながら野球をしてしまっています。楽しくなさそうに見えてしまうんです。なので子どもたちからはもちろん、親御さんからもまったく好かれていません。それだけならまだしも、野球自体を嫌いになってしまって中学に上がったら違うスポーツをやり始める子もいたりします。

それってどうなん?ですよホントに。たしかにスポーツである以上勝ち負けがあるので「勝ち」を取りにいくのはごくごく当たり前の話です。

でも仮に負けたとしても負けたなりに教えれることはたくさんあるはずで、「負けたら悔しいよな?じゃあ負けないように頑張って練習しようぜ!」って子どもたちを奮い立たせるのが指導者の役目だと思います。

野球が好きでチームに入って上手くなって将来はプロ野球選手になりたい!っていう子どもの夢を完全に潰してしまってますよね。

確かにプロになるというのは並大抵のことでは不可能でしょう。でもそれ以前に野球ってこんなに楽しいスポーツなんだよっていうことを教えることが大事だと思います。そのほうが野球を好きになってくれる。その後に中学とか高校とかに上がったらめちゃくちゃ厳しい練習が待ち受けてます。でもその超厳しい練習も野球が大好きだったら乗り越えられるんです。プロ野球選手なんかはまさにそんな感じでいつまでも野球大好き少年じゃないですか?だからこそ厳しい練習にも耐えることができてファンを魅了する素晴らしいパフォーマンスができるんです。

なのでまずは野球を大好きになってもらうことが少年野球では大事なことだと思います。

そんなことを改めて痛感しています。

絵もまずは「大好きになること」が大事

 

絵に関してもまったく同じことが言えて、結局続かない人ってそれほど大好きじゃないからなんですね。

大好きっていう基準は人それぞれあると思うんですけど、僕の中では「どれだけ地獄的なことが待ち受けててもそれぐらい乗り越えてやる!」というぐらいのレベルです。

なんでこういうことを言うかというと、絵を描くのってすごく地味な作業でしかないからです。サイズにもよりますけどたとえばF30号サイズのこの馬の絵だとしたら、1枚の作品を完成させるのに1日に8時間描いたとしておよそ1週間の時間がかかります。

作品によってはもう少しかかるものもあります。

で、そんな作品を描くにはまず、画力がないとお話になりません。画力を上げるというのがホントに地味な作業なんです。もう苦行でしかないです。途中で逃げ出したくなるぐらい。

本気で画力を上げようと思ったらそれこそたぶん1ヶ月もあればそこそこ上がると思うんですね。その本気というのは1日に最低でも10時間ぐらいは延々と描き続けて、しかもその間に「あぁーー。なんてヘタなんだおれは」という挫折を何回も味わうことになります。

何百枚、何千枚という紙に絵を描いても、それでも画力が上がる保証なんかどこにもない。自分次第なんです。はっきり言って修羅の道です。それを乗り越えたとき、本当の意味で絵を描くことが楽しめる。

そういう根性がないと絵は上手くなれないと思っています。

これは綺麗事を並べてもしかたないのでハッキリ言いますが、それぐらい狂気じみたことをしないと絵は上手くなれないです。それでも上手くなれない人はごまんといます。そういう世界です。

でもこれもさっきの野球の話と同じで絵を描くことが大好きだったらなんでも乗り越えられるんです。僕なんかはまさにそうです。

僕は人物画を描くのが超ニガテだったんです。


↑↑↑練習する前↑↑↑

顔とか特に表情を表現するのがクソほど難しくて、できるだけ描かないようにしてました。でも目指すところはプロの画家なので、そんなことも言ってられないと思って練習しようと思いました。何回も心折れそうになりました。ときには折れてました。挫折を何回もあじわいました。

でも諦めることができなかった。

それは絵を描くのが大好きだったから。だから絶対に乗り越えてやる!って思って何回もくじけながら必死になって練習しました。そしたら乗り越えれたんです。


↑↑↑練習後↑↑↑

今では人物画を描くのもニガテじゃなくなりました。で、ニガテな人物画を乗り越えれたことによって今まで得意だったもののレベルが格段に上がりました。これは予想外の収穫です。

それもこれも根底に「絵を描くのが大好き」っていう気持ちがあったからです。

絵の初心者の人はまず絵を描くことを大好きになるっていうことを徹底的にやったほうがいいと思います。

何をすれば絵を大好きになるか?

達成感を味わうことと、人に褒めてもらうことですね。

順番でいうと先に達成感を味わうことをやったほうがいいですね。自分の中で納得できるものを描く。簡単なものでいいです。まずはそこでできた!っていう達成感を味わうことによって自信をつけます。

で、そのできた絵を人に見せる。それで褒めてもらうとさらに自信がつきます。できるだけ褒めてくれる人を選ぶのがいいと思います。変に意見とか言ってくる人だと自信をつけるどころか自信失くしちゃうおそれがあるので。SNSとかに上げるのもひとつの手だと思います。注意点は公の場になるので辛辣な意見とかを言ってくる輩が多いっていうことですね。そんなことを言われてしまったら自信失くしちゃうので。

というわけでまずは絵を描くことを大好きになってください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください