絵を描くときの基本:上手くなるための意外な豆知識

今現在絵を描いている人も

これから絵を描こうとしている人も

是が非でも知っておいてほしいことがある。

 

もうそんなこと知ってるよって人は

スルーしてもらってかまわない。笑

 

 

この事実を知っているのとそうでないのとでは

今後の絵描きとしての人生が大きく変わることは間違いない。

 

その事実とは・・・

 

 

絵は線の集合体ではなく点の集合体であるということ。

 

 

なんだ、そんなことか。

 

、と思ってしまったあなた。

 

このページは閉じていただいて。笑

 

 

どういうこと!?

 

 

、と思ったあなたは続きをどうぞ。

 

↓↓↓

 

そもそものハナシ

 

 

この世に存在するあらゆるモノは

小さな物体が集まってできたものであるということ。

 

僕たち人間だって

小さい細胞が何億、何兆個集まってできている。

 

その細胞がひとつひとつが生きて動いているから

僕たちはいろんな活動ができるし、

意思を持って

「今日の晩御飯どうしようか」とか、

「明日の朝ごはんどうしようか」とか

考えることだってできてしまう。

 

真っ白な綿のように見える雪だってよく見たら

六角形の結晶が集まってできていることがわかる。

バカでかいように見える海だって水素と酸素が

くっついた「水」という液体が大量に集まってできたもの。

 

こんな当たり前のようなことが実はすごいことなんだ

という認識をもつだけで絵に対しての意識が大きく変わる。

 

 

線だって点の集まり

 

 

基本的に絵を描くときは僕もそうだけど、

線を引いてそれをいっぱい集めて形を作っていくものだと思う。

 

エンピツにしろ、水彩画にしろ、

油絵にしろ、アクリル画にしろ、

ひとつひとつの線は小さな物体が集まってできたもの。

 

わかりやすいのは新聞の記事の写真。

 

遠くで見るとあんまりわからないけど、

近くで見ると小さな点が集まって

ひとつの写真という「絵」を形成しているのがわかる。

 

 

昔のテレビだって近くで見ると

細かい四角がたくさん集まってできていた。

子どものころ、あれが不思議で不思議でたまらなかった。

 

今じゃ到底考えられないことだけど。

 

技術がどんどん進んでいってより細かい点を

表現できるようになったのが

何百、何千万画素というデジタルの画像。

 

細かすぎてわからないけど、拡大してみると

細かい四角がたくさん集まって

しかもそのひとつひとつが細かく色分けされてる。

それをしかるべき視点でみたときにキレイな画像として認識できる。

 

 

点描画という技法

 

 

そんな事実を裏付けるかのように「点描画」という技法がある。

点描画は細かい点を集合させて表現するひとつの技法で、

点だけじゃなくいろんな写真をつなぎ合わせて

ひとつの大きな絵画をつくるような作品もある。

 

近くで見るとよくわからないけど、とおく離れてみたときに

僕たちを感動の渦に巻き込んでくれる。

 

この技法の欠点はおそろしく時間と手間がかかるということ。

 

時間と手間をかければ必ずしも

いいものができるというわけではないけど、

あんまりそういう類のもので感動しなかった例がない。

それだけの熱意と努力と根性がなければ

なかなかできるものではないから。

 

 

まとめ

 

 

 

絵は線の集まりではなく点の集まりなんだという認識をもてば、

モチーフの細胞ひとつひとつを描くという認識をもてば

今後の絵描き人生が大きく変わるというお話でした。

 

なかなかそんな時間もかけてられないけど、

意識をちょこっとだけ変えるだけでも全然違ってくると思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください