水墨画の描き方:始めて1年の僕が海外で入賞するまでにとった行動

水墨画を始めたいけど自信がない。

上手くいくかな?

水墨画の描き方ってどうすればいいの?

そんな不安をお持ちではないですか?

 

僕もそうでした。

 

でもがんばって描いてたら始めて1年でも

海外でも賞を取るぐらいにはなれました。

 

これがそのときの作品です。

それも日本よりも評価が高かったので改めて

日本のそういうところは遅れてるんだなぁと感じました。

まあぶっちゃけ中身がどうなってるのかなんて知らないですよ。笑

日本の風習的にそういう

誰か有名な先生のもとで習ってる人のほうが優遇される

的なのもありそうだなと直感で感じただけなので。

僕は賞をとることが目的ではなく、最終的な目的は

いろんな人の目に僕の水墨画を見てもらうこと。

公募展に出品して賞をとればそれだけ注目される可能性が上がる。

賞自体には大して興味がありません。

そんな僕が入賞に至るまでの1年でやったことを公開します。

水墨画で入賞するための秘策:鉛筆でとにかく描きまくる

 

まず僕が考えたのは基本的な画力を上げることです。

水墨画といえども絵画のいちジャンルであることには変わりはありません。

賞をとろうと思ったら画力があったほうが少しでも近づけるはず。

そう考えて最初は筆をもつことはせず、エンピツで画力を上げる

ということに専念しました。

ひたすら数をこなせば画力は勝手に上がるだろうと考えたのです。

 

これはもう絵でも楽器でもスポーツでも

なんでもそうですが、数をこなさないとことには上達はありえません。

その数をこなすのにもコツがいります。

ただ単に枚数描けばいいというものでもありません。

そんな簡単に絵が上手くなれるんだったら

みんな上手くなるしみんなプロになれてるってことです。

絵には段階があります。

水墨画でも油絵でも水彩画でもなんでもそう。

基本的な画力がないことにはどうにもこうにもできないんです。

なので画力を上げるにはすこしコツが必要です。

 

関連記事⇒画力を上げるためにやるべきこと5つの詳細はこんな感じ

 

というわけで上の記事のようなことをもとに

僕はいきなり墨で描くのではなく、

まずは絵画の基本中の基本である

デッサンをひたすらしまくっただけです。

 

それで基本的な画力を上げることだけを集中してやりました。

あとはそれを筆で応用するだけです。

 

苦手なものを意識的に描く

 

僕の話ですが、

風景とか動物とかはわりと得意なほうだったので

苦手なものをとにかく描きまくろうと思いました。

 

僕は人物画がすこぶる苦手だったので

最初の頃はそれはそれはひどい絵を描いていました。

それでもやっているうちに描き方がわかってきて

少しずつ自分でも納得できるような絵になっていきました。

 

コツは、髪の毛の一本一本、皮膚のシワ、

とにかく細かいところまで、ひとつひとつの細胞まで

描くぐらいの意識で、ムダな線を描かないように集中して描く、

ということを意識してやると飛躍的に伸びます。

 

それをA4サイズのコピー用紙にエンピツで(めっちゃ安上がりなので。笑)

とにかく数をこなしてたら、もともと得意だった

風景とか動物とかのレベルも比例して上がってました。

 

ジャンルをしぼる

 

 

基本的な画力の底上げはそんな感じで

とにかく描きまくるという方法でクリアできました。

 

じゃあ次に何を題材にして描くか?ということです。

 

これは自分が描きたいと思うものを描けば

楽しく描けるので自分が何を描きたいのか?という

ところを徹底的に掘り下げて考えました。

 

そうしてたどり着いたのが幻想的なものとか神秘的なもの。

僕の好きなジャンルはそういうことだったので、

そこにしぼって「こんなの描きたいな」

と心底思えるものを考えて描きました。

 

それが結果につながるかどうかということよりも

自分が何を描きたいのかということを掘り下げて

考えれたのは今後につながることだったんだなと思います。

 

水墨画で入賞するための秘策:技術よりも雰囲気勝負

 

 

ジャンルはしぼれたのであとは画面をどう構成すれば

幻想的な雰囲気になるか、ということに着目しました。

 

これはもうとにかく自分がその構図で感動できるかどうかに尽きます。

完全に構図勝負です。

そもそも白黒なので構図は命ですが、このときの僕には技術が全然なかったので

とにかく構図に練りに練って時間をかけて雰囲気が出せるように考えました。

構図がダメならいくら絵を頑張って描いても無駄な努力です。

まずは自分自身が感動するような構図を考える。

 

自分で感動できないものを他の人が見て感動するとは考えにくいですよね。

それ以前に人に胸張って見せようという気が起こりません。

 

自分でも感動できる絵というのは

構図を考えるためのラフスケッチの段階で

すでに雰囲気があって胸がワクワク踊ってくる絵だと思います。

 

「これを墨で描いたらどんなことになるんだろう」

「この段階でこれだけワクワクするんだから

筆で描いたらすごいことになるぞ」

 

みたいなことになればもうあとはすごいことにしかなりません。笑

 

これがそのときのラフスケッチです。

それがこうなりました。

雰囲気あるでしょ?

 

でもいざ筆で描いたら頭の中のイメージと

実際に目の前にあるものとは全然違うものになってしまいました。

 

それはまだまだ僕には技術がなかったからです。

 

  • コントラストの付け方。
  • 立体感。
  • 水の使い方。

 

などなど、

もっと表現するための技術があればもっといいものを描けたと思います。

 

それでもなんとか

自分のボーダーラインを超えることができたので

腕試しに公募展に出品してみようと思い立った次第です。

 

水墨画で入賞するための秘策:自分を信じる

 

 

ものすごく抽象的ですが、絵を描くという行為は

ひたすら自分との戦いです。

少しでも気持ちが揺れてしまったら

そこから一気に崩れてしまって何も描けなくなる

みたいなことも多々あります。

 

途中で「ホントにこれでいいのか?」

という不安に襲われることもしょっちゅうあります。

最初に自分で決めたことがブレブレになるときもあります。

中にはまだ描いてる途中なのにイチャモンつけてくる輩もいますっっ。笑

 

何回も心が折れそうになったことがありましたが、

そこは踏ん張って自分を信じてやり切るしかありません。

自分を信じられずに途中で破ってやろうかと思ったことも何回もありました。

 

なので極力、特に描いている最中は意識を集中させるために

音楽などを聴きながらひとりの世界に入り込むことをしたほうが

僕は集中できました。

これは人それぞれやりかたがあるのだと思いますが、

自分に合ったやりかたでいいと思います。

 

楽しんでやること

楽しんで描くとそれが絵にも思いっきり表れます。

逆に楽しめてない場合も絵に表れてしまいます。

心の底から楽しんで描くためには失敗を恐れないことです。

失敗したらしたでまたイチからやり直せばいいのです。

、、、ぐらいの軽い気持ちで取り組むと気持ちが楽になります。

僕は3回ぐらいイチからやり直しました。笑

 

冷静になって見てしまうといろんな粗が目立って

見えてしまうこともありますがそれはもうしかたのないことです。

 

そういうのは今でも多々あるのでたぶん一生つきまとってくるものです。

 

でも絵に集中して描いてる最中はひと筆ひと筆が楽しくてしかたないものです。

それが理想のカタチです。

 

1枚の絵を仕上げる過程で自分のレベルが

格段に上がっていった手応えがありました。

 

なのでいざ出品!ってなったときには

「今ならもっとスゴイの描けるのになあ」

、とひとりでニヤニヤしていました。

 

とにかく筆を走らせてるときは楽しくてしかたないです。

そういうのも画面に出るもんなんですよね。

 

まとめ

 

 

僕が1年間でやってきたことはだいたいこんな感じです。

 

最終的には気持ちの問題ですね、結局。

 

「絶対スゴイの描いてやるっ!」

、っていう気持ちはずっと変わらずにあったので。

苦手な人物画を描いてるときも「もーームリ。」

、って何回エンピツを投げたことかわかりません。

 

それでもあきらめることは絶対にしたくなかったので

「なにくそ根性」で乗り切った、という感じですね。

絵を描くということは自分との戦いです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください