絵を本格的に始めてたった1年で売ることができてわかった3つのこと

ただ絵を描くだけじゃ人は買ってくれない。

絵を買ってもらうために何が必要なのか?

 

僕は絵を本格的に描き始めて一年経ったとき

「お金を払うから絵を描いて欲しい」

「描いた絵を売って欲しい」

と頼まれた。

 

そんなことが起こるなんて始めたころは

思ってもいなかったので夢のような出来事だった。

 

あとで分析してみてどうしてそういうことが

起きたのかを考えてみた。

 

上手いとか下手とかじゃない

 

その当時の僕は自分では画力に関しては

ほとんど自信がない状態だった。

なので

「胸を張って自分の作品をみてくれ!」

という心境では全然なかった。

 

それでもこうやってお金を出してでも

欲しいと思ってくれる人がいるということは

絵を見た人が僕の絵に込められた

「ナニカ」に反応してくれたということ。

 

その「ナニカ」を込めることに関しては

自信を持って100%以上やったと言える。

 

 

世の中にいろんな作品がある中で

なんでこんなにヘタなやつが売れるんだ??

と思ったことがあるのでは?

これは絵だけじゃなくてもそう。

漫画とかだと特にそれがわかりやすい。

 

絵がそこまで上手ではないけど

内容がめちゃくちゃ面白かったら

どんどん読み進めてしまって気がついたら

続きが気になってついつい買ってしまったりすることもある。

 

これは流行りとかそういうことももちろん

関係してくるとは思うけど、どの時代でも

基本的なところは何ひとつ変わっていない。

 

伝えたいこと、自分のやりたいことを

思いっきりその作品に込めることができるか。

そしてそれをキチンと人に届けれるかどうか。

 

 

上手く描けるかどうかよりも

そこが一番大事なことなんだということがよくわかった。

 

 

自分がどんな人間かということを伝える

 

 

日本では絵を見ただけで買おうという人は極めて少ない。

僕の絵を買ってくれた人たちも

絵を見ていきなり買ってくれたということではない。

絵を見て「凄い絵だ」と思ってくれても

そこからいきなり「買う」ということには至らない。

その絵を描いた人がどんな人間なのか。

それを知ってもらうことで作品の魅力がより伝わる。

そうやって僕のファンになってくれた人たちが

僕の絵を買ってくれた。

 

そんな関係性を築くためには

人とコミュニケーションをとることが大事なこと。

そんなことも絵を買ってもらうためには

必須なんだということがわかった。

 

ただ絵を描いていればいいという

ものでは決してないんだと。

 

人に喜んでもらう

 

 

絵を見た人に喜んでもらうというのは

もはや当たり前のことなんだけど、

少なくとも興味があるから絵を見るというところまで行動をする。

 

興味のない絵をわざわざ立ち止まって見ようとは思わない。

 

絵を見た人はどんな想いでその絵を描いたのかとか

どれぐらいの時間をかけて描いたのかなど

その絵に関する情報を知りたいと思っている。

 

それを説明するときにどんなふうに話をすれば

相手が喜んでくれるのか、ということを考える。

 

僕の場合は始めて1年ぐらいのときは100均の筆を使ったり、

安い画用紙を使って描いていたのでそういうことを

笑いを交えて話したら驚いて喜んでくれていた。

 

そういうところから仲良くなって

買ってもらったり絵を依頼されるまでに至った。

 

これはどんな職業でも一緒なんだけど、

相手に喜んでもらうために何をすべきかということは

いちばんに考えないといけないことなんだということ。

それがよーくわかった。

 

 

まとめ

 

絵を売るということだけではなくて

人に何かを買ってもらうということは

人とのつながりがいちばん大事なんだと

いうことがよくわかった。

 

そのつながりの中でどうやって喜んでもらえる

ところまでもっていけるか。

 

そういうことなんだなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください