芸術センスは磨くもの。才能や生まれつきではない

芸術センスは才能や生まれついてのものではありません。

なので「センスがない」ってあきらめないでください。

この世には言霊っていうのがあって自分で「センスがない」って言っちゃうとホントにその通りになっていっちゃうのでどうかその言葉は胸にしまっておいてください。

センスは磨けば良くなっていきます。

一生懸命考えて考えて考えれば少しずつだけど良くなっていっていつか「センスいいね!」って言われるときが必ずきます。

自分に負けないで頑張ってください。

 

センスとは

 

センスは英語のsenseです。日本語では感覚という意味です。

僕らがよく使うのは「〇〇のセンスがある」とか言ったりします。

たとえばファッションセンスがある人は多くの人がカッコいいとかカワイイと言った感情を持ちます。

それを真似する人も多く現れたりします。でも、100人いれば100人が全員そういった感情を持つのかというと必ずしもそうではないですよね。あくまでもカッコいい、カワイイという人の割合が多いよね、というだけの話です。

たとえば100人中、80人がカッコいい、カワイイといえばそれでセンスがある、と認識されちゃうわけです。

残りの20人は「そうでもないんちゃうのん?」とか、「いや、ダサいやろ」という感情を持っています。

この少数派の意見はけっこう無視されがちで、なんなら少数派だった人が多数派の意見に流されてカッコイイ、とかカワイイといったりします。

これが僕らが認識してる「センス」です。

この「センス」は時代とか国、文化、環境によって全然違ってきます。

服装なんかはまさにその典型で移り変わりも激しくて時代とか環境とかがけっこう影響したりします。

わかりやすい例でいうと、その昔、まだサムライという職業があった時代はチョンマゲに羽織を着て刀を差して、というスタイルが「カッコいい」とされていました。その当時はそれが当たり前だったんですね。

でも今のほぼ欧米文化に染まってしまった日本でその格好をしたらどうでしょう?チョンマゲに羽織着て刀差した人が電車に乗ってきたら、間違いなくザワつくでしょう。「コスプレか?」と。

あるいはドラマかなんかの撮影か?と。

100人中90~99人は違和感を感じるはずです。

カッコいいと思っていたとしても普通の街中で真似をしたいと思う人はいないでしょう。ハロウィンのときみたいにコスプレとしてならその格好で出陣する人も少なくないですが、普段からその格好をするのは少し違いますよね。間違いなく変な人のレッテルを貼られてしまうので。

こんなふうに「センス」というのはその時代とか環境といった、状況に応じて常に変化するということを理解してもらって次いきましょう。

 

センスを磨くには普通を知る

 

センスは磨けばなんとでもなるものですが、その前にまわりの人たちの「普通」とか「カッコイイ」がどんなものかを知る必要があります。

普通というのはカッコよくもないけどダサくもない、という中間地点です。ここを知ることができれば何がセンスがいいのか、逆に何がセンスが悪いのか、の物差しができます。

そのためにすべきことは知識を身につけることです。先ほどのファッションでいうと、ファッションは時代の流れにものすごく左右されるものです。

去年流行ってカッコいいと言われてたものが今年はダサいなんてこともザラにあります。

ちなみに僕はファッションのセンスはあんまりです。そこにあんまり興味がないためです。最低限無難な服装であればそれでいいんです。

嫁さんにいつもダサいと言われてしまうので服は基本自分では買いません。本気でやればたぶんいけるはず。

この場合は嫁さんの感覚を知っているのでどんな服装をすれば納得してもらえるかというのはわかっています。

でもあえて何もしません。めんどくさいので。

言い訳ではありません。

イイワケデハアリマセン。

芸術は時代に左右されにくい

 

ここまではファッションを例に出してみました。では芸術センスはどうでしょう?芸術とファッションは根本的な考えかたは同じです。

「美的感覚」です。

決定的に違うのは時代の流れとかそういったものにあまり左右されないことです。

ファッションでも普遍的なものはありますが、どっちかというと普遍的なものに上乗せして時代の流れを取り入れたものの割合が6対4、もしくは7対3ぐらいの感じで流行の割合が多い感じです。

でも芸術に関しては普遍的なものが圧倒的に多いです。決して時代の流れが皆無というわけではないですが

とはいえ、これといって大きな変化はあんまりないし、本当に魂のこもった素晴らしい作品はどの時代のものだろうと心が鷲づかみにされます。

割合でいうと8対2ぐらいで普遍的なものが勝っている感覚です。なので芸術に関しては古今東西問わず「良いものは良い」という感覚のほうが強いですね。

昔の芸術家が死んでから名を馳せるみたいな風潮があったのは情報が今みたいに世界中に発信することが難しかったからなんですよね。

ゴッホとかがもし今の時代に生きてたら間違いなくインターネットを駆使して世界中に発信してたと思います

 

芸術センスと感受性は比例する?

 

芸術センスを磨くにはいろんなものを知ることが大切です。でもまわりの人たちの言っていることを鵜呑みにしないことです。

そもそも他人とまったく同じ感覚を持っている人なんていません。100人いれば100人分の感覚があるはずです。似ててもどこかでは違いが生じるものです。

「自分がどう感じるか」がすべてです。

本や雑誌、ネット、美術館、まわりの人が何を良いと思うのか、などなどいろんな知識を吸収してそれを少しずつ小出ししてまわりの反応をうかがいながら感覚を高めていくことができます。

吸収するだけでなく自分の感性を発信するのです。発信すれば自分の感覚とまわりの感覚のズレを知ることができます。

大きくズレている場合は何が違うのかを検証して改善すればいいだけです。それを毎日繰り返してやることでセンスは磨かれていきます。

 

まとめ

 

センスは自分ひとりでどうにかなるものではないです。まわりの人がいてはじめて成立するものです。仮にこの世に自分ひとりだけだとしたらセンスも何もあったものではありません。

まわりの人が良いと思うものを知ってそれに自分が良いと思うものを重ねてみて試行錯誤を繰り返しながら少しずつ蓄積していくことでセンスは磨かれていきます。

センスは磨くことでいくらでも鍛えれます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください