絵が上手く描けない人のための秘策:バランスのとり方で劇的に変わる

絵を上手く描くための

シンプルでカンタンなコツを紹介。

 

「絵が上まく描けない。」

 

そんな悩みをもつあなたに

少しだけ上手く描けるコツとその方法を。

あくまで少しだけ。

 

本気で上手くなろうと思ったらそれこそ

何百、何千、何万と数をこなすのが

遠回りだけど一番の近道なのはマチガイナイ。

 

絵を上達させるために必要なたった1つだけのこと

 

 

絵だけじゃなく、どんなことでも

カンタンに技術が手に入るほど人間て

器用じゃないみたい。

 

 

 

 

 

絵を上手く見せるためのコツ

 

 

絵が上手い人と下手な人の違い

 

まずは絵が上手い人と

下手な人の違いについて。

 

絵が上手い人は全体のバランスが

非常に上手く取れている。

 

風景画でも動物画でも人物画でもなんでもそう。

 

上手い人はまず全体のバランスを

しっかり取ることができる。

この「バランス」というのは

 

  • 画面と対象物とのバランス
  • 対象物そのもののバランス
  • 引いた線のバランス

 

がある。

 

画面と対象物のバランス

 

 

画面に対して対象物がどの位置にあるか。

 

これはその人のセンスとか表現したい意図に

よってさまざまなので一概にどうこういえる

ものでもないけど、あきらかにおかしいのは

こんな感じの絵。

 

 

これはネコをメインにしたと考えた場合、

(ネコに見えるかしら笑)

画面に対して対象物が右に寄りすぎていて

かつネコが小さすぎて余白が変に

余りすぎてしまっている。

 

 

この画面と対象物のバランスがおかしくなると絵は

すごく下手に見えてしまう。

 

 

対象物そのもののバランス

 

 

 

たとえばネコを描いたとき。

 

頭から首、胴体、足、尻尾などの

ネコとわかるためのパーツの位置関係で

上手いか下手かの差が出る。

 

すべてをバランスよく描けるかどうか。

 

この位置関係がバラバラだと

すごく不自然に見えてしまって「下手だ」

という印象を見た人に与えてしまう。

 

 

引く線のバランス

 

たとえ上記の画面と対象物の

バランスが取れて、対象物そのもののバランスが

バッチリ取れて、「よし、うまくいった!」

と思っても最終的に引いた線がふにゃふにゃだったり

すると頼りない感じになってしまって

元も子もなくなってしまう。

 

 

 

 

 

絵が下手な人はこの3つのバランスが上手く取れていない。

絵を上手く描くためのコツは

この「バランス」がカギを握っている。

 

バランスのとりかた

 

 

画面のサイズ

 

 

絵というのはひとつの画面の中に

線を引いて物の形や姿を描きだしたもの。

 

うまくバランスをとるためにやるべきことは、

まずは画面を小さくすればイイ。

 

 

大きな画面で描こうとするとどうしても

バランスが悪くなって結果的によくわからない

グチャグチャな絵ができあがってしまう。

 

 

それには明確な理由があって、

大きな画面にすると手だけじゃなく

ヒジから肩にかけて動かさないといけなくなるから。

 

 

ヒジや肩を動かすと

どうしても描く線がブレてしまって

フニャフニャな頼りない線になってしまう。

 

なのでとりあえず手首だけ、もしくは指だけで

描ける範囲の大きさの画面にしてしまえばいい。

 

大人でいうとハガキか、

ハガキの半分ぐらいのサイズがちょうどいい。

 

四角と三角と丸

 

サイズが決まったら次は描く対象物を決める。

とりあえず今回はネコにしてミヨウ。

 

 

ネコの体の頭から足までを分解して

カンタンな図形だけで描いてみる。

 

するとこんな感じになる。

 

 

こんなふうに分解するとバランスがとりやすくなる。

 

 

あとはこの図形の上から少しずつ

ネコになるように線を足していけばイイ。

 

 

 

 

風景画

 

風景画はカンタンな図形では表しにくいので

全体のバランスを取るための線を

薄く引いておくと描きやすい。

 

 

この写真を薄い線で全体のバランスだけを

考えて描くとこんな感じ。

 

 

 

 

あとは先ほどのネコと同じように少しずつ線を足していく。

 

人物画もネコと同じように体のパーツを

それぞれカンタンな図形でバランスをとってから

描くとわりと上手く描けるようになる。

 

まとめ

 

こんな感じで最初に全体のバランスが取れれば

ある程度は上手く見せることができる。

絵は描くだけじゃなくて描く対象物が

どんな形をしているかということを

観察することもすごく大事なこと。

 

それが四角なのか三角なのか丸なのか。

はたまた五角形なのか。

 

自分の中でいちばん近いと思うカンタンな

形にもっていけばそれでいいので。

大事なことはバランスをとること。

 

そこから先はいかに数をこなしながら

考えて描くことができるかどうか。

 

練習あるのみ!!

 

↓↓↓あわせて読みたい絵に関する記事あれこれ↓↓↓

魅力的な絵を描く方法:上手いか下手かよりも大事なこと

模写のコツ:絵が上達したいなら線を見たらダメ、形や雰囲気、空気感を見る

【絵の上達】頭の中にあるイメージを的確に表現する方法

絵の上達|上手く描けないのはバランスがとれていないせい

画力を上げるためにやるべきこと5つの詳細はこんな感じ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください