絵の初心者に立ちはだかる5つの壁

これから絵を始める人、まだ始めて間もない

初心者の人がぶち当たる壁みたいなものがあります。

その壁にぶつかると心が萎えてしまってあきらめてしまいます。

その壁がどんなものかあらかじめわかっていれば、対処できるので

心が萎えることなくがんばろうという気持ちになれるのではないかと思います。

まーでもはっきり言ってそのぐらいであきらめてしまうような人は

そもそも何をやってもダメだとは思いますが。(←本音)

本質を申し上げますとカンタンに絵が上手くなれる方法なんて

この世には存在しないということです。絵だけじゃなくなんでもそう。

地道にコツコツとやらないと何も得れるものはないと思います。

優しい言葉をかけるつもりは毛頭ありません。

心を鬼にして自分を追い込んで描きまくってください。

それではどうぞ〜。

圧倒的に作業量が少ない

 

絵の初心者の前にいちばん立ちはだかるのがこれです。

ていうかこれやめてしまう人の8割ぐらいはこれなんじゃないかなと思います。

作業量が圧倒的に少なすぎる。絵っていうのは体に覚えさせないとダメなんです。

勝手に体が動くぐらいまで何回も何百回も何万回も描きまくったら体が勝手に動きます。

圧倒的に作業量少ないのにやめてしまうのはめっちゃもったいないですよ。

究極な話、何も考えずにひたすら描き続けるだけでも

ある程度は誰でも上手くなれると思ってます。

ある程度はね。

そんなもんですよ。

これは絵に限ったことではないですね。楽器でもスポーツでもなんでもそう。

スラムダンクで桜木花道がひたすらドリブル練習しかさせてもらえなかったように、

基礎練習の反復って誰もが通る道です。

やればやるだけ上手くなります。

そして一度体が覚えたものは忘れることがありません。

自転車にのるのとか泳ぐのとかって一度覚えたら忘れないですよね?

あれと同じことが絵でも言えます。

僕自身絵を描くことから10年以上離れてましたが、

10数年ぶりに描いたら体が覚えていたのか、すごいいい感じに描けました。

だから絵でやっていこうと決意したのです。(←単純。笑)

難しく考えすぎ

 

絵を描くための知識とか技術って無数に存在しています。

特に今の時代はネットがあるのでそれこそ星の数ほどの

情報があふれかえっています。その情報をいい感じに自分に

都合のいいように取捨選択してできればいいのですが、

いろいろ考えすぎてしまってわけがわからなくなるというパターンです。

何も難しいことなんかないんですよ?ただ絵を描くだけですから。

知識も技術もひたすら描いていれば勝手に身についていくものです。

それを描く前から余計なことを考えてしまうと描くことに集中できないです。

もーね、無心でやりゃいいんですよ。楽しく描くのがいちばんです。

何も考えてない

逆に何も考えずにただボーッと描いてても上手くなることはありません。

知識とか技術とかそんなこざかしいことは考えると

楽しくもなんともないのでやめたほうがいいです。

でも自分の描いた絵を見てどこがダメだとか、ここをもっとこうすれば

良くなるだとか、そういうことはむしろ考えないとダメです。

考えないとダメだといっても、義務的にやるのでさっきの難しく考えすぎと

同じことになってしまうので楽しんでやりましょ。

人のマネをしない

絵が上手くなるためのいちばんの近道は人のマネをすることです。

自分が好きなマンガのキャラ、風景、動物、、、。

なんでもいいです。自分が描きたいと思うものをマネして描くことです。

カッコつけていきなりオリジナルの絵を描こうとしてもたぶんムリです。

ムリってことはないでしょうけど、めちゃくちゃ遠回りして

かなりムダな時間になってしまうことでしょう。

模写って素晴らしい練習方法なんですよ?

雰囲気とか空気感とかつかめるし、構図とかの勉強にもなるし。

まあ、そんな小難しいことはまだまだ先の話なので

自分が憧れてる画家さんとかの絵とか写真とかをマネて描きましょう。

この方法だとなかなか上手くいかなくても描いてる時間が楽しくなるはずです。

とりあえず小さくて描きやすいものからどうぞ。

いきなり大作を描こうとすると途中で投げ出したくなります。笑

ハガキサイズぐらいがちょうどいいんじゃないですかね?

なんならハガキの半分ぐらいのサイズとかでも。

小さいサイズから始めると途中で投げ出さずにすみます。

楽しめてない

これが本質です。今まで述べてようなことを

楽しんでやることが何より自分を成長させてくれます。

楽しくもないものを義務的にやったところで何の意味もないし、

できたとしても成果は出にくいです。

そして最終的に絵を描くこと自体が苦痛になってしまいます。

楽しんでできなければもういっそやめたほうがマシです。

とはいえ、楽しむということも基準があいまいものではあります。

わかりやすい判断基準として

「描きたい」というワクワクする気持ちがあるかどうかです。

絵は芸術なのでそのときの心情だったり気分だったりがモロに作品に反映されます。

ワクワクした気持ちで描いたもののほうが見る人もワクワクすることでしょう。