絵を描いて生きていくために必要なこと:上手い下手じゃないナニカ

絵が上手くなるために何が必要なのか?

絵を描いて生きていこうと考える人なら

必ずぶつかるであろうこの問題。

 

上手く描けるならそれに越したことはない。

でもこの「上手い」という感覚は個人差があって

一概にどうこう言えるものでもない。

 

スポーツの世界なら「上手い」というのは

結果という形で出てくるのでわかりやすいのだけど。

 

でも絵に関していうと必ずしもそうじゃない。

 

 

そもそも絵が上手いってどういうこと?

 

 

絵が上手いか下手かという基準は個人の感覚によって様々。

仮にAさんが上手い!と絶賛したような絵でも

Bさんにとってはそうでもない、何がいいのかわからない、

といった現象があちこちで起こる。

 

一般的には「上手い絵」というのは

見たものをそのまま描くことができているかどうか。

写実的な表現ができるかどうか、なのでは?

 

それが細かいところまできっちり表現できていたら

その「上手い」というレベルも比例して上がっていく。

 

上手く描けるのは当たり前の話

 

 

世の中には絵が上手い人がたくさんいる。

でも「ただ上手い」だけだと人の心を動かすことはできない。

 

絵を描いて生きていくなら「上手い」のはもはや当たり前の話。

プロ野球選手が野球が上手いのは当たり前。

プラスアルファで何か魅力的な「ナニカ」があるから

見たいと思うしそれに触れたいと思う。

 

漫画の神様と呼ばれてる手塚治虫でも本業の漫画では

けっこう簡略化されたキャラクターになってるけど、

漫画じゃなくて本気で絵を描いたらべらぼうにうまかった。

 

ピカソもそうだ。

 

描こうと思ったらちゃんと(笑)描けるのに

表現するためにあえてあんな絵を描いている。

 

みなさん基本的なところはキチンとおさえてらっしゃる。

 

 

絵は描くんじゃなくて感じることが大事

 

 

絵を描くときにいちばん大事なことは

自分が感じたことをちゃんと表現できているかどうか。

 

先述した上手いかどうかはその感じたものを

的確に表現するために必要なことで

それだけに走ってしまうとつまらない絵しか描けない。

 

極論言ってしまえば下手でも

その絵からナニカを感じ取れればそれでいい。

 

小手先の技術はほっといても後でいくらでもついてくる。

 

でもナニカを感じ取れる絵を描くことができるかどうかは

日々の生活の中でいろんなことを感じ取って

それを紙の上に一気に爆発させれるかどうか。

 

エンピツ持って紙に向かうよりも少しのことで

感動できるかどうか、のほうがよっぽど大事なことなのだ。

 

虫が飛んでるのを見てその虫がどんなことを考えてるのかとか。

ノラ猫を見てやたら人を警戒してたら過去に

どんなことがあってそこまでに至ったのかを考えてみたり。

人間にたとえてみてもし自分なら

どんなふうに生きたらそうなるのかを考えてみたり。

音楽を聴いてどんなシーンなのか想像してみたり。

 

とにかくなんでもそういう「感じる」ということを

できるかどうかで絵が上手くなるかどうかがぜんぜん変わってくる。

 

小手先の技術を追いかけるんじゃなく感受性をいかに高めれるか。

 

そっちのほうが絵を描くうえで大事なこと。

 

僕は人物画を描くのがニガテだった。

 

だけど、絵を描いて生きていくと決めた以上

ニガテとか言ってられないと思ってひたすら描きまくった。

 

でもそれはただ単に技術を追い求めてやったのではなくて

人物を描いてその人が持つ表情とか性格、

人間性をどう表現するかということを追い求めた。

 

それがなかなか上手くいかなくて描いて描いて描きまくって

ようやく自分でも納得できるような絵を描けるまでになった。

 

もし技術だけを追い求めてたら

ここまで描けるようにはならなかった。

 

人の心を動かす絵を描く

 

 

絵を描いて生きていくには人の心を動かす

ということがいちばん大事なこと。

 

人は心が動いたとき、行動に移りやすいから。

僕自身も体験したことがあるけど、中学生のときに

テレビの音楽番組で聴いた曲がめちゃくちゃ心に

どんっっ!!

ときて次の日にサイフの残高も気にせず

ソッコーでCD買いに走ってた。

ぎりぎりで買えたからいいようなものの、

お金入ってなかったらどうするつもりだったんだろう…。

 

みたいな感じで、人はホントに感動して

欲しいと思えばなりふりかまってられないみたいだ。

 

僕の絵を買ってくれた人たちもそうだった。

大の大人が目をキラキラさせて感動してくれてる。

 

そんな顔を見るとたまらなく幸せな気持ちになる。

 

人の心が動く絵とは?

 

 

ではそんな絵を描くためにどすればいいのか?

それは自分自身が自分の描いた絵に感動すること。

 

自分で感動できないものを他の人が見たところで

なにも起きないしまず見せれない。

 

自分が感動できたら次は人が感動してくれるか

というところだけど、人それぞれ好き嫌いもあるので

あとはセンスのみ。笑

センスは自分で作る 「センスがない」は何も考えてないだけ

 

センスは自分で磨くしかない。

磨けば人の喜びそうなポイントがつかめるようになる。

 

おわりに

 

絵を描いて生きていくということは

自分ひとりだけでは絶対に生きていけない。

 

いろんな人の支えがあってこそ。

 

独りよがりになってしまうと絵を見てくれなくなる

どころか誰にも相手にされなくなってしまう。

つながりは大事に。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください