【絵の練習法】消しゴムは片隅に追いやるべし 消しゴムさんサヨナラ

消しゴムーーー

それは描いた線を消すことができる魔法のようなアイテムです。

間違えて引いてしまった線を消して新たに正しい線を引くことができる。

 

絵の練習をしたり、作品を仕上げるためには必須のアイテムです。

 

消しゴムにはもうひとつ素晴らしい役割があります。

ただ間違えた線を修正するだけでなく、紙を無駄にしないという

地球環境に優しいという側面もあります。

 

今回のお話ははっきりいって地球環境にはあまりよろしくないお話です。

消しゴムを使ってしまうとあるひとつの部分しか修正できないため

技術の向上に偏りが生まれてしまいます。絵の技術向上という

一点に的をしぼって考えた結果、消しゴムを使ってその都度修正するよりも

何枚も紙を使ってイチから練習したほうが絵の技術は向上するという

結論に達しました。そんなお話です。

 

絵の練習に欠かせないものとは何か?

 

何のために絵の練習をしますか?

人に見せるため?

絵を売るため?

最終的な目標は人それぞれあるかと思いますが、根本的なところは

「絵を描くのが上手くなりたい」

だと思います。そしてそのために必要なことは

「反復と継続」しかありません。

簡単に上手くなれる方法はありません。

 

どんなに上手な人に教えてもらったとしても

すぐにうまく描けることはありません。

人それぞれ持って生まれた資質とかにもよりますが、

いきなりプロ並みの絵が描ける人なんていません。

それは絵だけではなくスポーツや楽器、なんでも同じです。

最初から優れた技術を持っている人なんていないんです。

地道な練習を繰り返して体に覚えさすことでしか得られないもの、

それが「技術」です。

 

 

たとえばプロ野球の世界でどんなに名コーチ、名監督と言われてる人でも

1週間や1ヶ月という短い期間で名選手を育てることなんて不可能です。

まして、プロ野球の選手というのはプロに入るまでに小学校から高校、大学まで

毎日毎日必死に野球の練習を重ねた、チームの「エースで四番」クラスの人たちです。

そんな過酷な競争を勝ち抜いてきた人たちの中でも選ばれた人だけが

足を踏み入れることができるような超シビアな世界がプロ野球です。

そんな選手たちでも一流のプロになろうと思ったら

そこからさらに練習を重ねてさらに頭ひとつもふたつも抜きん出なければなりません。

 

 

どんな世界でもこれは同じなんです。

 

とにかく反復して継続することでしか技術は絶対ついてこないんです。

 

でも、何も考えずにただやってるだけではやってないのと同じこと。

上達するわけがありません。

 

やるからには何かひとつでも収穫を得ないとやる気も起きないし継続しない。

長々と前置きしてしまいましたがこの話と消しゴムがどう結びつくのか?

それを解説していきたいと思います。

消しゴムを使わずに何回でもイチから描きなおす

 

そんなことしたら紙がもったいないじゃないか!

ええ、おっしゃるとおりです。

何枚も紙を使ってしまうことになるかもしれません。

でもそれでいいんです。

ぶっちゃけそんなこというやつは身の回りのことをよくみてないだけ

の偽善者だと僕は思っています。打ち合わせや会議で使う資料や書類、

ムダに何回も流れてくるFAX、ほかにもいろいろあります。

あれだってただのムダ使いだと思います。

そんなことはどうでもいいんです。

これは僕が実際にやってきた練習方法です。

紙を何枚もムダにしてきました。

たぶん世の中の画家の人たちはみんなそうだと思います。

 

絵は一枚の紙に何かモチーフを用意してそれをもとに描きあげていく芸術です。

 

カンタンに言ってしまうと、紙はたくさん使ったほうがいいということ。

僕も時間がないときなんかはよくやってましたが、

途中まで描いて失敗してしまったときに失敗した箇所を

消しゴムで消して続きからもう一回描き始めるという行為。

 

 

紙がもったいないなんてこれっぽっちも思ってないですが

とりあえず早く絵を完成させたい、という気持ちが出てしまうので

間違った箇所を消しゴムで消して続きからまた描き始める。

当たり前っちゃあ当たり前なんです。

特に問題があるわけではありません。

でも絵の技術向上という一点に的をしぼって考えるなら、

消しゴムで消すという行為はあまりいい考えとはいえません。

 

いっそ新しい紙を用意してもう一回いちから

描き直したほうが技術は向上するんです。

 

なぜか?

 

途中から描き始めてしまうと、その部分だけはうまく描けるようになるけど、

途中までの部分はそのままになってしまうんです

 

いちから描きなおせば全体のレベルがあがっていきます。

どっちが最終的にうまくなるかは明白ですね。

苦手な部分や技術が足りないからこそ失敗してその部分を

何回もやり直すというのはたしかに効率がいいかもしれません。

僕が言いたいのはもっと長期的な目線で考えたものです。

部分的な技術を上げるよりも全体的な底上げをしたほうが

あとあと楽になります。

僕は実際にそのやりかたでむしろ短期的に画力が上がりました。

 

なので消しゴムなどというものはどこかに追いやってしまったほうがいいです

 

 

たとえば人物画を描こうとしたとき

 

具体的に人物画を例に挙げてどうすればいいかを解説します。

最初に顔はうまく描けたとします。

でも体を描こうとしたときに

顔と体のバランスがおかしくなってしまいました。

このときに顔を残して体を消しゴムで消して

顔が描いてある状態からやり直すのではなく、

新しい紙をとりだしてまたイチから描き始めるんです。

ええ。

果てしなくめんどくさいです。

でもこのめんどくさい行為が絵の練習にはもってこいなのです。

自分を甘やかしても技術は手に入りません。

はっきりいって苦行に近いものがあります。

実際僕も何回も萎えました。笑

でもそれを乗り越えて今の画力を手にしたので消しゴムは

机の端っこのほうにそっとおいておきましょう。

 

 

せっかくうまく描けたのに。

みすみすそれを破棄するなんて。

紙も絵ももったいないし、環境にもよろしくない。

わかります~。笑笑

 

だがしかしっっ。

 

 

幸いなことに日本には紙があふれかえってます。

そして極論言えば別に新しい紙を使う必要はないんですよね。笑

消しゴムで全部消せばいいんですよ。

でもそれは時間もかかるしめんどくさいんです。

(どっちがめんどくさいねん)

 

消しゴムを追い込むか自分を追い込むか

 

この練習法ははっきりいって苦行ですが、

ずっと繰り返していれば画力は必ず向上します。

消しゴムを使いたくなるときもあるけど、そこはグッとこらえて。笑

とことんまで自分を追い込みましょうっ。

それぐらいの気持ちがないと絵はうまくなれないと僕は思ってます。

 

絵がうまくなりたいという気持ち。

それさえあればこれぐらいのことは苦行でもなんでもありませんよ。

消しゴムさんにサヨナラしましょ。