水墨画を始めたい人のための墨の選びかたのポイント

水墨画を始めたいけど墨はどんなものを使えばいいの?

なんかいっぱい種類がありそうでよくわからない。

墨汁でもいいの?固形墨がいいの?

こんなお悩みにお答えします。

5分後には墨の知識がついて自身の墨を選ぶときにお役に立てると思います。

 

水墨画は墨が命

 

墨は水墨画で唯一、紙の上に色を乗せることができるものです。

墨がないと絵が描けません。何も始まりません。

なので墨は水墨画にとっては「命」そのものです。そんな墨のお話です。

 

でも、初心者にとっては何がいいのか悪いのかっていう判断はかなり難しいですよね。

僕なんかは最初はかなりテキトーに選んでたのであまり気にしなくても大丈夫かなと思います。

 

やっていくうちにもっとこんな墨がいいんじゃないかなぁというこだわりが出るようになっていきました。

わりと中級者ぐらいになって思うことは、墨選びのポイントって単なる好みだなぁっていうことです。

 

「こんな色が好き」っていう自分の感覚を大事にすればそれでいいです。

こんな絵を描くにはこの墨でないとダメだ、みたいな決まり事みたいなものは一切ありません。

 

自由です。

 

僕自身の墨選びがすごくテキトーだったのは完全に独学だったのと、画材屋さんとかに行く勇気すら持てなかったからです。ただのビビりです。

今は画材屋さんにひとりで行くことができるようになりましたが、当時はホームセンターとか身近にあるものでなんとか道具をそろえていました。

 

関連記事:初心者でもお手軽!お金をかけずに水墨画の道具をそろえる方法

 

好みを生かすためにもある程度の知識はあったほうが選びやすいかと思うので少しだけ墨に関するウンチクを紹介しようと思います。少々おつきあいください。

 

墨の種類は4つ

 

 

墨の種類は大まかには4つあります。

まず新墨と古墨という種類に分けられます。

その中で青墨と赤墨というふうに分かれます。以上、4つです。

 

そこからさらに細かく分類することもできますが、だいたいこの4つでくくられることが多いです。

 

新墨と古墨

 

墨には製造されてからあまり時間が経っていない新墨と、5年以上の時間が経過した古墨があります。じゃあ4年と10か月ならどうなんだ?ってなるかもしれませんが、あくまでこれはだいたいの目安です。5年近くも放置してたら物質的にはもう古くなってるのでもう古墨でいいと思います。墨の世界では、新しい墨よりも古い墨のほうが良いものといわれたりしています。これは古墨は粘度が少なくて、墨色に厚みがでて、かつ筆がスムーズに進み、透明感のある滲みが表現できるので古い墨=良い墨という方程式が成立しています。ですが、好みもあるので一概にそうとは言い切れないところがあります。

そもそも墨はどうやって作るんでしょうか?そこらへんを踏み込んでいくと答えが見えてくるかもしれません。

墨は菜種油やゴマ油の油煙や松煙から取った煤(すす)を膠(にかわ)というゼラチンで練って固めたものを墨といいます。新しい墨は作ってから時間があまり経っていないので水分を多く含んでいます。なので粘り気が多いのが特徴です。粘り気が多いからダメだということではありません。個人の好みによって、あるいは表現したいものよって墨の選び方、磨りかたも変わってくると思うので一概にどうだというのは言えません。

 

新墨の性質として、墨を磨るときの水温が18度以下になると粘度が増加してゼリー状に固まっていきます。なので新墨をあつかうとき、冬場は特にですが、固まりすぎてしまうと液体ではなくなってしまうので水道水を一度常温に戻してから墨を磨るのがいいと思います。

 

反対に古墨は作られてからかなりの時間が経過しているので墨の中の水分の量が新墨に比べて少ないのが特徴です。

そういったことから軽い墨を買ったほうがいいという格言みたいなものがあります。いろいろありますね。時間が経つにつれて墨の中の膠が加水分解されて膠の量が減っていくので墨は軽くなります。

軽い墨=古い墨というのはまさにココですね。膠が減ると粘り気が減って墨色に厚みがでて、かつ筆がスムーズに進み、透明感のある滲みが表現できるというアレです。

古墨のほうが良いとか言っちゃってますが、この"差"っていうのはある程度経験がないとわからないようなシロモノでもあります。

なので始めたばかりでは新墨のほうが良いと思います、お値段も新墨のほうがリーズナブルですので。

 

青墨と茶墨

 

 

墨には色が微妙に違う種類があるのをご存知ですか?僕は知りませんでした。それが「青墨」と「茶墨」です。

 

初めて画材屋さんに出かけたときにお店の人に教えてもらいました。

青墨と茶墨の違いは原料の違いと原料の燃やしかたで違ってきます。

松の木を直火焚きして煤を取ったものを松煙墨。これが青墨、菜種油の油煙墨が茶墨と理解しておくとよいかと思います。

 

茶系の墨は粒子が細かく、青系になると粒子が粗くなって、2つを混ぜ合わせると流動性が良くなって描きやすいそうです。

 

僕はやったことはありません。笑

ちなみにですが、青墨で描いたものがこちら。

 

茶墨で描いたものがこちら。

茶墨のほうが少し温かみを感じるんじゃないかなぁと思います。

この青墨と茶墨の選びかたのポイントはもう完全に「好み」です。どっちがいいとかは言えません。僕自身も作品の方向性によって墨の色を変えることもあります。なのであなたのお好きなように選んでください。どうしてもわからなくてお困りのときは的確にアドバイスいたしますので下のフォームから登録してください。返信すれば僕のところにメールが届きます。

 

関連記事:【水墨画の描き方】難しい技法がなくても楽しんで描く方法

 

固形墨と墨液はどっちを使うべき?

 

固形の墨と液体の墨の違いは硯(すずり)で磨るかそうでないかということの違いです。固形墨は硯で水と合わせることによって墨を作りますが、墨液は最初から液体なので墨を磨る手間が省けます。

ただ、墨液の場合はほとんどが化学原料を使っていて、ちょっと水に溶けにくい部分があったりするので表現に限りが出てくるというデメリットもあります。僕もやり始めのころは墨液を使ってましたが、1年ぐらいやっているうちに物足りなくなってきました。なので、すこし手間はかかりますが硯で墨を磨るようになりました。

墨液の特徴は淡い墨を作ろうとして水と混ぜたときに、牛乳を温めたときにできる膜のようなものができます。それがなかなか水と相性があまりよくないのか、多少混ぜにくい感じがしました。

 

一方で固形墨は水の中にスーッと溶け込んでいく感じです。だからすぐに水と混ざりあってすごくやりやすいです。この違いは大きいと思います。でもそれもある程度経験を積んでからわかったことなので、はじめは墨液でやってみるのがいいかと思います。

違和感を感じるようになったら上達したという証です。

ちなみに自動で墨を磨ってくれるこんな機械もあります。

書道用の墨と水墨画用の墨があるの?

 

基本的には書道用も水墨画用もありません。どちらも同じ墨を使っています。

なのでホームセンターなどで売っている書道用の墨とかでも全然事足りてしまいます。

僕はまさに近くのホームセンターで買ったものを使っていました。中には水墨画用とか書道用とか記載してあるものもあったりしますが、特に問題ないので自由に使ってもらって大丈夫です。

 

まとめ

 

ここでお話ししたことはほんの一部分に過ぎません。

墨ひとつとっても、ものすごく奥の深いので、知れば知るほどにいろんなこだわりが出てくると思います。

 

僕自身もまだまだ知らないことはたくさんあります。その過程をゆっくり楽しみながらやっていくというのも水墨画のひとつの楽しみでもあると思います。

大切なことは自分が何を描きたいのかということだと思います。

墨はそれに合わせて選ぶものだということを忘れなければ楽しく水墨画ライフを送れるんじゃないかと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください