水墨画を始めたい人のための墨の選びかたのポイント

水墨画を始めたいけど墨はどんなものを使えばいいの?

なんかいっぱい種類がありそうでよくわからない。

墨汁でもいいの?固形墨がいいの?

こんなお悩みにお答えします。

5分後には墨の知識がついて自身の墨を選ぶときにお役に立てると思います。

 

水墨画は墨が命

 

墨は水墨画で唯一、紙の上に色を乗せることができるものです。

墨がないと絵が描けません。何も始まりません。

墨は水墨画にとっては「命」そのものです。

 

ただ、初心者にとっては何がいいのか悪いのかの判断はかなり難しいです。

なので僕は最初はかなりテキトーに選んでました。

 

やっていくうちにもっとこんな墨がいいなという

こだわりが出るようになっていきました。

 

結論から言うと墨選びのポイントは単なる好みです。

 

「こんな色が好き」という自分の感覚を大事にすればそれでいいと思います。

こんな絵を描くにはこの墨でないとダメだ、みたいなことはありません。

 

自由です。

 

僕自身の墨選びがすごくテキトーだったのは完全に独学だったのと、

画材屋さんとかに行く勇気すら持てなかっただけです。泣

なので自力で道具をそろえました。

 

関連記事:初心者でもお手軽!お金をかけずに水墨画の道具をそろえる方法

 

好みを生かすためにもある程度の知識はあったほうが選びやすいかと思います。

 

墨の種類

 

 

墨の種類は大まかには4つあります。

まず新墨と古墨という種類に分けられます。

その中で青墨と赤墨というふうに分かれます。以上、4つです。

 

そこからさらに細かく分類することもできますが、

だいたいこの4つでくくられることが多いですね。

 

新墨と古墨

 

墨には製造されてからあまり時間が経っていない新墨と、

5年以上の時間が経過した古墨があります。

 

墨は菜種油やゴマ油の油煙や松煙から取った煤(すす)を

膠というゼラチンで練って固めたものです。

 

新しい墨は作ってから時間があまり経っていないので水分を多く含んでいます。

なので粘り気が多いのが特徴です。

 

新墨の性質として、墨を磨るときの水温が18度以下になると

粘度が増加してゼリー状に固まっていきます。

 

 

冬場は特にですが、水道水を一度常温に戻してから墨を磨るのがいいですね。

 

反対に古墨は作られてからかなりの時間が経過しているので

墨の中の水分の量が新墨に比べて少ないです。

 

なのでよく軽い墨を買ったほうがいいという格言みたいなものがあります。

時間が経つにつれて墨の中の膠が加水分解されて

膠の量が減るため、墨は軽くなります。

なので軽い墨=古い墨ということになってそれが良い墨ととらえられるためです。

 

古墨は粘度も少なく、墨色に厚みがでて、かつ

筆がスムーズに進み、透明感のある滲みが表現できます。

 

一般的には古墨のほうが良いとされていますが、

この差はある程度経験がないとわからないものでもあります。

 

なので始めたばかりでは新墨のほうが良いと思います、

お値段も新墨のほうがリーズナブルですので。

 

僕が使っている墨はこちらです

古梅園 青墨 蓬莱 2.0丁

 

楽天で購入

 

 

 

 

青墨と茶墨

 

 

墨には色が微妙に違う種類があるのをご存知ですか?

僕は知りませんでした。

 

初めて画材屋さんに出かけたときにお店の人に教えてもらいました。

青墨と茶墨の違いは原料の違いと原料の燃やしかたで違ってきます。

松の木を直火焚きして煤を取ったものを松煙墨。これが青墨、

菜種油の油煙墨が茶墨と理解しておくとよいかと思います。

 

茶系の墨は粒子が細かく、青系になると粒子が粗くなります。

2つを混ぜ合わせると流動性が良くなって描きやすいそうです。

 

僕はやったことはありません。笑

 

ちなみにですが、青墨で描いたものがこちら。

 

 

茶墨で描いたものがこちら。

茶墨のほうが少し温かみを感じますね。

 

関連記事:【水墨画の描き方】難しい技法がなくても楽しんで描く方法

 

固形墨と墨液

 

固形の墨と液体の墨の違いは

硯(すずり)で磨るかそうでないかということの違いです。

 

固形墨は硯で水と合わせることによって墨を作りますが、

墨液は最初から液体なので墨を磨る手間が省けます。

 

ただ、墨液の場合はほとんどが化学原料を

使っているので、表現に限りが出てくると思います。

 

僕は最初は墨液を使ってました。

ですが、やっているうちになんとなく薄っぺらい感じがしてきたのです。

 

水と混ぜて淡い墨を作るときに墨液は牛乳を温めたときにできる膜のようになります。

なので多少混ぜにくい感じがしました。

 

反対に固形墨は水の中にスーッと溶け込んでいく感じです。

 

この違いは大きいと思います。

 

でもそれもある程度経験を積んでからの話なので

はじめは墨液でやってみてください。

違和感を感じるようになったら上達したという証です。

 

ちなみに自動で墨を磨ってくれるこんな機械もあります。笑

 

書道用?水墨画用?

 

基本的には書道用も水墨画用もありません。

どちらも同じ墨を使っています。

なのでホームセンターなどで売っている書道用の墨でも事足りてしまいます。

僕はまさに近くのホームセンターで買ったものを使っていました。

 

 

良い墨の見分けかた

 

良い墨を作るにはよく練ることが大事なことです。

墨は型に入れて固めるので型の跡がついているものが

良い墨です。

墨を物色する際の参考にしてください。

 

まとめ

 

ここでお話ししたことはほんの一部分に過ぎません。

 

墨はもっと奥の深いもので、

知れば知るほどにいろんなこだわりが出てくると思います。

 

僕もまだまだ知らないことはたくさんあります。

その過程をゆっくり楽しみながらやっていくというのも

水墨画のひとつの楽しみでもあると思います。

大切なことは自分が何を描きたいのかということだと思います。

 

墨はそれに合わせて選ぶものです。

 

↓↓↓水墨画に関する記事あれこれ↓↓↓

初心者でもお手軽!お金をかけずに水墨画の道具をそろえる方法

【水墨画の描き方】難しい技法がなくても楽しんで描く方法

【水墨画の魅力】白黒だからこそ表現できることがある

水墨画の筆の選び方:初心者は2,3本あれば事足りる

水墨画の黒い歴史:水墨画の魅力が伝わらないのはそういうことか

僕の作品はコチラ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください