【初心者必見】アナログで絵が描けたらデジタルは楽勝です

絵を描いてみたいけど今はデジタルでも描けるし、

でもアナログで始めたほうがいいという人もいるし…

実際のとこどうなの?

 

こういった疑問にお答えします。

ちなみに僕は断然アナログ推奨派です。

でも今はデジタルでも描いています。

アナログで上達すればデジタルは楽勝です。

こんな絵も楽勝で描けるようになります。

もしよろしければほかの作品もみてみてください。

アナログのメリット

 

アナログとは

 

ひと口にアナログだデジタルだといっても、

何がアナログで何がデジタルなのかがイマイチ

よくわからないこともあるかと思います。

カンタンにいえば、人が直接ものに触れるかそうでないかの違いです。

 

アナログな絵というと、エンピツと紙、油絵、

水彩画、水墨画、アクリル画。

これらはすべてアナログです。

直接紙やキャンバスに線を引いたり

絵の具を塗ったりする絵のことをいいます。

 

乱暴な言いかたをすれば「昔ながらのやりかた」です。

 

デジタルが現れるまではみんなアナログでした。

それこそ紙を何枚も使ったり、もしくは

消しゴムで消したりしながらひたすら描いていました。

そうすることでしか絵の練習ができなかったからです。

 

アナログのメリット

アナログには直接紙やキャンバスに絵を描くので

その人の味やあたたかさが直接紙に伝わって

それが見る人にも伝わるという特徴があります。

子どもの描いたラクガキなんかはまさにそれですね。

アナログは紙とエンピツさえあればすぐにでも絵を描くことができます。

 

なので電気代がかかることもありません。

お日さまの下でスケッチブックに描けば半永久的に描くことができます。

いつでもどこでもすぐに描くことができるというのがいいですね。

 

アナログの最大の利点は自分の感覚で描けるということです。

たとえばエンピツで描いた場合、

ちょっとした筆圧の違いで線の細い太いを表現できます。

また、色の濃さも微妙な力加減で調節できるところもアナログならではです。

そしてその感触が指を通じて伝わってくるのを

感じることができるのはデジタルでは味わえるものではありません。

 

なので数をこなせばこなすだけ表現の幅は広がっていきます。

 

アナログのデメリット

個人的にはデメリットはあまり感じないのですが

あえてあげるとするならこんな感じです。

 

本気でやり始めるとなると画材をそろえるのにお金がかかる、

消しゴムのカスが量産される、劣化する、紙がかさばる、

ですね。

 

油絵や水彩画なんかは絵の具をそろえるだけでも

種類が多いのでけっこうな数をそろえないとお話になりません。

しかも消耗品なのでなくなればまたその都度

購入しなければならないという意味では

けっこうなお金がかかってしまいます。

絵の具だけではなく、筆も何種類か必要になってきます。

 

また、油絵やアクリル画だとキャンバスを用意したり、

水彩画だと水張りをするのにもけっこうな

手間もかかるし、お金もかかったりします。

水墨画だと墨だけなのでその点ではちょっとおトクですね。

紙ならまだ重ねればある程度は収納できますが、

キャンバスだとけっこう場所をとるのでそれも厄介ではあります。

 

デジタルのメリット

 

僕はアナログを推奨していますが、

かといってデジタルがダメだということはありません。

デジタルはデジタルで素晴らしいことがたくさんあります。

 

デジタルとは

カンタンに言えば機械で処理してくれる絵のことです。

パソコンとペンタブレットとペイントソフトの

3つがあればすぐに絵を描き始めることができます。

ちなみにですがぼくはiPhoneだけで描いています。

デジタルのメリット

 

デジタルのメリットは、いろんな機能があるので、

効率よく絵を仕上げることができるのがデジタルの最大の利点だと言えます。

間違えたとしても何度でもやり直しがききます。

色を塗るのも超カンタンです。

パソコンや周辺機器などにある程度のお金がかかりますが、

消耗品ではないので一度そろえてしまえば半永久的に使うことができます。

 

データとして処理するのでメールなどに添付すれば

世界中どこにでも秒速で送ることもできます。

アナログではそうはいきません。

 

当たり前ですが消しゴムを使うことがないので

消しカスの掃除に悩まされることもありません。

何度でもやり直しができるのは嬉しいですね。

 

デジタルのデメリット

デジタルのデメリットとしては

電気がないと使えないことですね。

パソコンでもタブレットでも

電気がない環境では絵を描くことができません。

アナログの紙とエンピツのように

すぐに始めれるかというとそうでもありません。

 

ある程度機能を把握しないと使いこなすまでの時間もかかります。

 

あと、パソコンでもタブレットでもお金がかかってしまいます。

紙とエンピツなら1000円もかかりませんが、

パソコン一台買うのでも何万円もかかってしまいます。

そのうえさらに周辺機器、ソフトとなると

合わせて10万円を超えることもあります。

さらにパソコン自体が壊れてしまえばそれでアウトです。

修理に出すにしろ、新しく買うにしろまたお金と時間がかかってしまいます。

 

修理に出してしまうと数日、ヘタすれば

1週間以上もの間何もできなくなってしまいます。

デジタルのデメリットはだいたいこんなところですね。

 

ほかにも細かいことをいえばパソコンを立ち上げて

ソフトを立ち上げるまでにけっこうな時間をとられたりするとか。

総合的にいってもどちらにもメリットデメリットはあります。

 

極論をいえば人間はアナログです

 

アナログかデジタルか、どちらをとるかは考えかた次第ですが、

絵を仕事として始めたいと思うなら

間違いなくアナログで始めたほうがいいでしょう。

なぜなら、そもそも人間がアナログだからです。

絵を描くツールとしてデジタルがある、というだけにすぎません。

 

最終的に絵として完成したものは印刷したり

モニターに映し出したりしますが、どちらもアナログです。

人間の脳はデータとして処理できません。

 

描くときにも微妙な力加減を知っているのと

知らないのでは表現に違いが出てしまいます。

 

微妙な違いをデジタルで表現することもできますが、

アナログを知ったうえで描くのとそうでないのとではやはり差が出ます。

 

そこらへんを考えると、アナログで腕を磨いてから

デジタルに移行したほうが遠回りなようで

実は近道なのではないのかなという考えになります。

この考えはあくまで仕事として絵を描く場合に限ってのことです。

 

もちろんそんなこと関係なく極めてみたいと思うのであれば

アナログから始めることをオススメします。

 

そうではなく絵を楽しんで描きたいというのであれば

デジタルから始めるのも全然アリです。

まとめ

 

先ほども書いたようにそもそも人間がアナログなので

デジタルで絵を描いたとしても最終的に落ち着くところは

アナログなのです。

 

それならまずはアナログから始めることが

いちばんの近道です。

なのでまずは紙とエンピツでお金をいっさいかけずに

描く感触を確かめながら練習することがいちばんいいです!

 

 

↓↓↓あわせて読みたい絵に関する記事あれこれ↓↓↓

魅力的な絵を描く方法:上手いか下手かよりも大事なこと

模写のコツ:絵が上達したいなら線を見たらダメ、形や雰囲気、空気感を見る

【絵の上達】頭の中にあるイメージを的確に表現する方法

絵の上達|上手く描けないのはバランスがとれていないせい

画力を上げるためにやるべきこと5つの詳細はこんな感じ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください