オリジナルの絵を描くためには【模写】をたくさんしてそれを混ぜる

オリジナルな絵は模写をたくさんすれば生まれてきます。

 

人は生まれて物心つくまでは親やそばにいる大人の真似をして

言葉やいろいろな動きを覚えていきます。

小さい頃はまだ脳みそが真っ白で

スポンジのごとくどんどん吸収していきます。

それを繰り返すうちに自らの考えでこうしたい、ああしたい

という感情が芽生えて自分らしい行動につながっていきます。

テレビで見たものにも影響されます。

戦隊モノのマネをして戦隊ごっこしてみたり、

野球を見て友達と野球をして遊んだり。

僕はDRAGON BALLが好きすぎて如意棒を自分で作ったり、

孫悟空みたいにシッポがほしくて母親にシッポを

作ってもらってそれをおしりにくっつけてました。

そしてシッポを付けたままズボンを

下までおろしておケツ丸出しで立ち小便したら、

街ゆく人に笑われて母親に大目玉くらいました。笑

でもそんなことをしても孫悟空にはなれないことを悟ってしまったので、

その絵を描く方にシフトチェンジしました。

とにかく素敵すぎました。子どもの頃の僕にとっては。

そんなヘンでおバカな行動が今の僕を形成する源になっています。

 

真似をすることで積み重なるモノ

 

小さいころはひたすらマネして、同じように描きたくて

描きまくって描きまくって描きまくりました。

それでも全然違うのです。いくらマネして描いてみても

やっぱりオリジナルには程遠かったんです。

当たり前なんですけどね。笑

 

このひたすら真似をするという行為は後に本格的に絵を描き始める

ときの大事な土台になってくれました。

小さいころの自分をかえりみたときに絵が上手くなるには

自分が上手いと思う人の真似をすることが大事だという結論に至りました。

これは子どもから大人まで年は関係なく言えることだと思います。

 

絵に限らずですね。

僕はバスケットボールとドラムをしていましたが同じです。

バスケを始めた頃はNBAのマイケルジョーダンに憧れて、

ビデオを何回も見てひたすら動きをマネしてました。

マネをすることで自分がマイケルジョーダンに

なったような気になって練習が楽しくなります。

そしたら気づいたらけっこう上手くなってたんです。

ドラムもそうでした。

カッコイイ!!と思った人のたたき方を真似したんです。

すると、なんだか自分が上手くなったような気になってやる気がでてきます。

やる気が出るともっと練習しようという気になって、結果的に練習量が増えます。

すると勝手に技術は上がっていくのです。

 

オリジナリティの出し方

 

 

マネばかりしてると独創性がなくなるのでは?

という問題がでてきますが、それはないと思ってます。

 

たしかにひとつのものだけをマネしてたら

独創性がなくなるのかもしれません。

でもマネする対象をひとつに絞らずに

いろんなものを混ぜてしまえばいいんです。

この部分はこれ、この部分はこれ、みたいな感じで。

 

バンド時代の話ですが、オリジナル曲をつくるときに、

ドラムのフレーズをどうしようか悩んでたことがありました。

そのときに好きな曲のフレーズを真似してそのまんま

自分たちの曲に入れてみたりしたことがあったんです。

 

それを長いことやってるとそれは"マネ"ではなくなってくるんです。

 

「いや、パクってますやん!」って言われても

仕方ないようなものでも、曲も違えば

歌も違うから結果的に全く異なったものに聴こえるんです。

これはドラムだからいえることですが、絵でも同じだと思います。

そもそも最初からオリジナルの絵なんてできっこないんですよ。

天才でもない限り。

 

このことに気づいてから、オリジナルのものを作るということは、

AとBを足して2で割ったらAでもなくBでもない

Cが出来上がるということなのでは?

 

、と思って実際にやってみました。

 

するとこれがけっこう上手くいったので

人の感覚ってそんなもんなんだなぁと。

世の中にはそんな作品が数多くあふれています。

プロの人でもこれのこの部分ってこれじゃないの?

っていうことよくあるのでヒマがあったら探してみてください。

 

さらにCにDやEの要素を取り入れてみたりしたら

もう完全に自分のオリジナルのできあがりです。

 

オリジナリティってこうやってできていくもんなんです

 

オリジナルの絵を描く近道は自分の憧れを真似すること

 

他の人が描いた絵を真似することを「模写」といいます。

絵の世界では必ずどこかでこの「模写」という言葉を耳にします。

僕もとあるおじさまにさんざん模写は

大事だということをさんざんいわれてきました。

模写って上手くなるためにはすごく大事なことだと思います。

やりかたさえ間違えなければ。

関連記事⇒模写のコツ:絵が上達したいなら線を見ない。形や雰囲気、空気感を見る

大前提として絵が上手くなるにはまずは描きたい!

と思うことが何よりも大事です。

こんなふうに描いてみたい!という欲望が

人を情熱的に動かしてくれるのは間違いありません。

 

自らやりたいという気持ちがないと苦行にしかなりません。

 

要するに人に言われてやったり、義務的に模写やらないと!

って思ってやってもそれは小手先だけで上手くなるだけの話で、

そこに魂がこもってなければ何の意味もありません。

 

描きたい!と強く想って描くことで

いろいろなところに脳が反応してくれます。

細かいところまで深く観察する。

全体的なシーンの重さ、その人物の感情、骨格、筋肉の質感、

などなど。

その観察したものを今度は自分の手で描いてみて

どこが違うのかをしっかり見極める。

そしてまた観察して描いて……を繰り返すことで

あとは勝手に上手くなっていきます。

大事なのは描きたい!という欲望を絶やさぬことです。

描けない自分を恥じること。

「これでいいや」と思ってしまったら

もうそこからの成長はありません。

描きたい!と思うものがないなら見つかるまで探す。

世の中には星の数ほど絵はあふれてるので。

どっかにひとつぐらいみつかりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください