世の中シンプルに考えれば怖いものなんてない

いつの時代も世の中というのはなぜかめんどくさいものです。

 

でもそう考えれば考えるほどさらにめんどくさくなっていって

しまいには生きていくことすらめんどくさくなってしまいます。

 

それは悪循環でよろしくないので。

 

このめんどくさい世の中を生きていくためには少しだけコツがいります。

 

それは何ごともシンプルに考えること。

 

 

たとえば人間はほかの動物たちとなんら変わらない、ただの哺乳類です。

 

ちょっとばかしほかの動物たちと比べて

脳みそが発達してしまっただけで。

 

だからこそいろんなことを考えることができて

そのおかげで文明が発達して世の中どんどん便利になっていきました。

 

でも基本的なところは原始時代から何も変わっていません。

 

生きるためには

食べるものがあって

寝るところがあって

着るものがあれば

それでいいのです。

たとえば肉を手に入れるためには、自分では狩りができないから

狩りが得意な人に頼んでその代わりに自分は

その人が狩りをしてる間に果物をたくさん採ってきて

肉と果物を物々交換します。

 

これでお互いが喜べます。

 

着るものがなくて服を上手に作れる人がいて、

服を作ってる時間を自分は

その人のために何か食料を調達する。

 

これでお互いが喜べます。

 

これが仕事の原点です。

 

時代とともに形はどんどん変わってきていますが、

基本的なところは何ひとつ変わってないです。

 

生きるためにそれぞれが得意な分野を担当して

足りない部分を補い合う。

 

本来人間はそんなふうに

助けあうことで種を繁栄させてきました。

 

それを欲張って独り占めしようとする

ヤツがいるからめんどくさいんです。

 

でも独り占めしようとするような意地の悪いヤツは

最終的に誰からも相手にされなくなって

惨めに死んでいくのがオチです。

 

そうならないようにするためには

思いやりの心を忘れないことです。

 

人間は基本的にシンプルな生き物なので

思いやりを持って接すると不思議と相応に返ってきます。

 

めんどくさい人間関係もホントの意味で

思いやりがあればそのうち理解してくれるし理解できます。

 

苦しいときだけ誰かに助けを求めても誰も助けてはくれません。

普段からそういう心を持てば

何かあったときには向こうから手を差し出してくれるものです。

 

世の中シンプルなもんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください