1日5分〇〇をするだけでケガをしない健康な体が手に入る

猫はケガをしない。

いや、正確にはほとんどケガをすることがない。

あくまで人間と比べての話。笑

 

例えば高さ3メートルぐらいの所から落ちたとき。

人間だったら着地した時に何かしら負傷する人が

ほとんどだと思われる。

 

でも猫は体をうまいことくねらせて衝撃を見事に吸収して

着地するやいなやササーっと走り去ってしまう。

 

 

何が違うのか?

 

 

猫は人間と比べると次元が違う柔軟性を持っている

 

この柔軟性こそが猫がケガをしない理由だ。

 

柔軟性とは?

 

 

この場合の柔軟性というのは骨や関節、筋肉の

可動域が果てしなく広い事にある。

猫は体のほとんどの部分を舌でなめて毛づくろいをすることができる。

 

それぐらい体が柔らかい。

 

さらに内蔵の位置まで移動させることができる

 

 

それはわずかな隙間でも通ることができたり、

無理な体勢になっても内蔵に負担をかけないためだ。

だからもはや猫に敵う動物はいないのかもしれない。笑

 

 

人間がケガをしたりどこかを痛めたりする大半の原因がこの柔軟性にある。

一般の人に比べて柔軟性の高いアスリートですらケガをしてしまう事もある。

 

アスリートは日々ケガをしないための体づくりをしているのに、だ。

 

でもその体づくりがアダになってしまう事もある。

トレーニングを重ねる事によって筋肉や骨には疲労が蓄積する。

 

その蓄積した疲労がある部分で突然キバをむく事もある。

 

メジャーリーガーのイチロー選手は本当に素晴らしい選手だと思う。

彼はほとんどケガがない。

 

ケガがないのは筋肉や関節が非常に柔らかいからだ。

 

極端な話、ネコみたいな体をしている

 

 

 

カラダは動かさないと固くなっていく

 

 

例えば日々デスクワークをしている人は

体を動かす事が無いといっても過言でないぐらい

1日中机やパソコンに向かって作業をしている。

 

体を動かすような仕事をしている人でも

あくまで仕事をするために体を動かしているだけで、

最小限の動きしかしない人がほとんどだ。

 

これは日々、体を少しずつカタくなる方へと進めてしまっている事になる。

 

人間の体はずーっと同じなわけではなく、

日々細胞が新しく生まれ変わり続けている

 

1回体が柔らかくなったとしても、それがずーっと続くわけではなく

柔らかくなったー!と油断して

サボってしまってダラダラ過ごしていると

どんどん体はカタくなっていく。

 

筋肉は緩衝材?

 

 

筋肉は体を動かすだけでなく、衝撃を吸収する役割も果たしているので

カタくなってしまうと衝撃を吸収する力が半減してしまう。

 

、と同時に伸び幅も半減するから切れやすくなる。

 

アキレス腱断裂の原因で多いのがジャンプして着地した瞬間の衝撃だ。

これはふくらはぎの筋肉がカタくなっている時に起こる事が多い。

 

太ももの筋肉は膝関節の衝撃を吸収している。

この筋肉がカタくなると膝が痛くなってしまう。

【衝撃】膝が痛い本当の原因は膝じゃない

 

筋肉を柔らかくするためにするべきこと

 

筋肉が柔らかいということは筋肉の細胞と細胞の間にも余裕が生まれる。

ということは細かい血管にも血液が行き渡りやすくなる。

血液が行き渡るということはそれだけ酸素や栄養も行き渡ることになる。

そうなると筋肉は柔らかい状態をキープする事ができる。

 

筋肉が柔らかければケガをする事も少なくなるし

腰痛や肩こりなども少なくなる。

 

何より気持ちがスッキリする。

 

そして快適な人生を送ることができる。

そのためには1日に5分だけストレッチをする時間を作ること

 

僕の場合、毎朝テレビを見ながら

5分〜10分ぐらいストレッチをしたら体が柔らかくなった

 

立っている状態から体を前に倒したら床に手がつかなかったのに

手のひらまでつくようになった。

 

それまで頻繁に痛くなりかけてた腰も一切そういうことがなくなった。

 

ただ1日5分ぐらいだと、

ある程度長い期間やらないとなかなか成果はあらわれない。

 

僕は半年ぐらい経った時にようやく

自分で柔らかくなってきたなーと実感できるようになった。

 

もちろん個人差はある

 

1ヶ月で成果が出る人もいれば1年かかる人だっている。

大事なことは毎日続けること。

1日ぐらいと思ってやらない日ができてしまうと

そのままズルズルとやめていく事になっちゃう。

 

最初は強制的にでも自分をその道に進ませる。

時間を決めてケータイでアラーム鳴らすなどしてムリやりにでもやる。

慣れてくると体が勝手に反応してやるようになるので。

 

ちなみに僕は朝ごはん食べたらすぐやるようにしてた。

そうする事で体が勝手に反応して無意識にやるようになってた。

そうなると、逆にやらない方がなんだか気持ち悪くなっちゃう。

 

体がそれを求めてくるようになる

 

そういうリズムができるまではだいたい1ヶ月ぐらいかかったかな。

その1ヶ月はとにかく強制。

「よし、やるぞ!」

と思わないとできない。

それでイイ。

たった5分。

それだけで半年後には別人のような体が手に入る。。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください