水墨画初心者のための描き方:難しい技法は必要ない!塗り重ねるだけ

水墨画を始めたばかり、

もしくはこれから始めようと思っているあなたに、

初心者でも簡単に水墨画を描けるようになる方法を

紹介しようと思います。

 

水墨画にはいろいろな技法があります。

 

が!

 

初心者のころの僕にはそんなことできるわけないので

まずはその技法から練習しないと

絵を描くところまで到達しないというジレンマがありました。

 

僕は白黒の絵を描きたいのであって

伝統の水墨画をやりたいわけではありませんでした。

 

じゃあ別に墨じゃなくてもいいのでは?

、という疑問が生まれることでしょう。

 

でも僕はあえて墨を使って今までの

水墨画っぽくないことをやるほうが面白いと思いました。

 

そうやって考えると今までの

伝統的な技法というのは僕にはまったく必要なかったのです。

 

そこで僕はいろいろ考えて自分なりの独自の方法を編み出しました。

そして最終的に行き着いたのが今の手法です。

 

デッサンのように何回も重ねて濃くしていく

 

 

この方法で描けば時間がものすごくかかるという

デメリットはあるものの、エンピツで描くような感覚で描けるし、

薄い墨が重なると立体感も出てくるので絵全体にも厚みが出てきます。

実際にこの手法だけで描いたのがこの絵です。

 

 

それも使った筆は習字の授業などで使ってた小筆一本のみ。

これは100均で手に入ります。笑

 

今では水を先に紙に含ませる水彩画のような手法も取り入れたり、

筆もいろんな太さの筆を使ったりして

いろんな表現方法を使って絵を仕上げることができるようになりました。

 

でもこの絵は本当にエンピツでデッサンするかのごとく

たった一本の筆で何回も塗り重ねるだけで仕上げました。

 

光の描き方

 

 

水墨画は白と黒しかないモノクロームの世界なので

使う色は墨の黒一色のみというのが特徴です。

 

なので明るい部分は白。

暗くなるにつれて灰色から黒になっていきます。

 

白は紙が出してくれるので明るい部分を残しておく必要があります。

これが多少やっかいなところでもあるのです。

 

油絵やアクリル画、水彩画などはあとからでも光の部分を

描くことができますが、水墨画は逆算して影の部分だけを

塗らないといけません。

たとえばこれだと夕日の部分はまったく墨を塗っていません。

逆にまわりの雲をうすく何回も重ねることで

真ん中の夕日が浮かび上がってきます。

 

もしもあなたが僕の絵のような世界観を描いてみたいと

思ったらDの世界メールマガジンで伝えているので

情報を受け取ってもらえればと思います。

 

独特な立体感を表現できる

 

 

立体感を出すことでひとつの画面に臨場感が生まれて

みる人を惹きつけることができます。

 

上の馬の絵は僕の手法を昇華させていって独特な立体感を

生み出すことに成功しました。

 

、といっても基本的な何回も塗り重ねるというところは

同じでそれに水を使うということを織り交ぜただけです。

 

 

何回も塗り重ねることでその部分が不思議と浮いてきます。

 

これはひと筆描きではなかなか出せるものじゃありません。

僕の手法を身につければほかにもいろんな表現が可能になります。

 

 

立体感のある馬や・・・

かわいらしい子ネコ。

壮大な雲。

 

 

影を強くすることでまわりの色の薄い部分が引き立ち、

影の部分も引き立つというまさに一石二鳥です。

 

紙選びが命

 

ただ、この方法だと和紙みたいな薄い紙は不向きです。

僕は最初から和紙を使わずにホームセンターなどでも

売ってるスケッチブックに描いていました。

 

この方法だとある程度厚みのある紙じゃないと

すぐに破れてしまうと思ったからです。

 

ハナから和紙を使うつもりはなかったですね。

 

ホントにそうなのかいろいろな種類の和紙を使って

検証してみたところ、やっぱりどれも薄くてしかも

表面が粗いので僕には和紙は向いてないことを改めて確認しました。笑

 

今ではアルシュという厚めの水彩紙を使っています。

いい感じに和と洋が折衷されてて今っぽい。笑

 

まとめ

 

完全に個人的な意見を言います。

 

今はまったくそんなことを思わないんですが、

僕自身が水墨画を始めようと思った当時、水墨画というと

なんだか格式が高くて近寄りがたい雰囲気がありました。

それはなぜか。

水墨画というと山水画だったり梅の花や竹、みたいな

「和」を重んじた作品がものすごく多かったので、

現代っ子の僕はその"古臭い"感じをどうしても好きになれなかったのです。

鑑賞するぶんにはなんの問題もないんですが、

自分で描くとなるとどうしても抵抗がありました。

そこで僕はいろいろ考えて自分なりの独自の方法を編み出しました。

質問あればこちらからお願いします。⇒お問い合わせ

 

この方法で絵を描きたいと思った人はオンラインの

水墨画教室で学んでもらえればと思います。

 

スマホかパソコンがあればいつでもどこでも

気軽に学べて、何回も受けることができます。

質問や相談もメールでいつでも気軽にできます。

 

Dの世界メールマガジンでその情報を配信しているので

情報を受け取ってもらえればと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください