絵を描くコツ:初心者が上達するための近道

絵を描きたいと思ってる人、

描き始めたばかりの人に捧げる絵を描くコツを解説していきます。

僕は独学で絵を学んで1年で海外で入賞した実績があります。

そこから絵を買ってもらったり絵の依頼を受けるようになりました。

そんの経験からわかったことがあります。

 

絵を描くコツというのは人それぞれ感覚が違うんです。

僕がつかんだ「コツ」とあなたがこれから

つかむであろう「コツ」はまったく別のものです。

でもそこに近づくための道筋は共通するものがあります。

それを解説していきます。

 

自分が何を描きたいのかを知る

 

絵を描く目的は人それぞれあると思います。

趣味で描きたい、絵を売って収入を得たい、

などなど、いろんな目的を持っていると思います。

でもその目的が先行してしまうと本来の自分を見失ってしまいがちです。

特に絵を売るとなるとどうやって売るかばかりを考えてしまって

「描きたい」という気持ちがどこかに行ってしまって

最終的に絵を描くのをやめてしまう、、、なんてこともザラです。

 

なので「自分が何を描きたいのか」ということをまずは明確にしましょう。

ここがいちばん大事なところです。

「描きたい」という気持ちはなによりも人を動かしてくれるものです。

その気持ちがコツをつかむための練習をより

濃いものにしてくれます。

 

模写が上達への近道

 

描きたいものが明確になれば

それに近い写真や絵をひたすら模写するといいでしょう。

模写は上手くハマれば絶大な効果があります。

その効果というのは「こんな絵が描きたい!」という

強い気持ちをもたらしてくれます。

でも最初から上手くはいかないんです。

それは当たり前の話ですよね。

上手くいかないからこそ少しでも

それに近づけようとして何枚も何枚も描くんです。

そういう気持ちで絵を描けば勝手に上達していきます。

模写にはそれだけの練習要素が詰まっているんです。

詳しくはこちらをご覧ください

関連記事⇒模写のコツ:絵が上達したいなら線を見たらダメ、形や雰囲気、空気感を見る

上の記事でも書いてますが、模写はただ単に写すだけでは何の意味もありません。

絵や写真の空気感、雰囲気を真似するんです。

線を見てしまうとただ単に写すだけになってしまいます。

 

人の顔を描くのはいい練習になる

 

おそらく絵の中でいちばん難しいのが「人の顔」です。

人の顔は目の位置や大きさ、鼻との位置関係、

口のちょっとした仕草など、あらゆる情報が人の顔には詰まっています。

それを描くにはものすごい技術が必要です。

なので絵の練習にはもってこいです。

僕も人の顔だけはしばらく避けてきました。

難しいというのがわかってたからです。

 

これが人の顔を練習する前に描いたものです。

不気味ですよね。笑

 

でもいざ真剣にやってみるとものすごいいい練習になりました。

ここまで描けるようになりました。

同じ人物です。モデルは息子です。

これはバランスもよくて表情もしっかり出ていると思います。

 

人の顔って目とか鼻とか口とか以前に、輪郭と髪の毛を描くだけでも

その人の雰囲気って出るもんなんです。

それで雰囲気が出ればその時点でモチベーションが上がります。

僕のやりかたとしては、まず輪郭を描いて

その次に髪の毛を描いてある程度の雰囲気を出します。

それから鼻を描きます。

鼻って簡単そうに見えてめちゃくちゃ難しいんですよ。

その次に口を描きます。

口はその人の感情を出す最も重要な部分です。

鼻と口が上手いこといけばもう勝ち確定です。

、、、といいたいところですが、

人の顔を描くうえでいちばん難しいのが「目」です。

だから僕は目は最後に描くようにしてます。

中には目を先に描く人もいますが、僕は目は最後にとっておきます。

人の顔は「心を映す鏡」と言われているぐらい、

感情がいちばん出るところです。

「感情」は絵を描くうえでいちばん大事なものです。

その人の感情を上手に読み取って

それを表現するというのはすごくいい練習になりますよ。

 

風景画は雰囲気が大事

 

人の顔を描くのが難しいという人には風景画がオススメです。

僕自身もまず最初に練習したのは風景画でした。

同じ風景でも人によって感じかたが違うので面白いです。

たとえばこんな風景だったらあなたはどんな感情になりますか?

これだけ見たら朝日か夕日かわからないですよね。

仮に朝日だとしたら、「1日の始まり」なので

そこから生まれる感情としては、今日も頑張ろうとか、

ポジティブな感情が生まれやすいかなと思います。

これが夕日だとしたら「1日の終わり」なので

どちらかというと少し哀愁漂う感じなのかなと思います。

「明日への希望」ととればポジティブな感情にもなりますが。

こんなふうに1枚の写真だけでもいろんな感情が生まれます。

風景画を練習するのにはそんな要素があります。

なのでできるだけ近所の風景よりも感情が出やすい

風景を描くことを練習すればいいかなと思います。

 

動物を描いてみよう

 

人間と風景の中間ぐらいにあるのが「動物」です。

人間ほど表情が複雑ではなく、かといって

風景画ほど雰囲気を前面に押し出すわけでもない。

動物は人間ほど脳が発達していないのでそこまで表情が豊かではありません。

でも「目」だけは人間よりも純粋です。

人間はいろんな感情が複雑に入り組んでるので

目だけでもドス黒い感じが出たりしますが、

動物の目はひたすら優しい目をしています。

 

そういう意味では動物の目は難易度は低めです。

ただ、体の仕組みや骨格がすこしややこしいところはあります。

それぞれの動物の特徴をよく観察して、ときには図鑑などで

調べたりしながら描くと奥が深い絵を描けるようになります。

 

知識は最初から学ぶべきではない

 

絵に関する知識はいろいろなものがあります。

それこそ絵関連の本が数えきれないほど出てるぐらいなので。

これは完全に僕の持論なのですが、絵は「個性」の世界です。

先に知識を学んでしまうと頭デッカチになってしまうので

何も知らずに"自分なり"に描くほうが「個性」が伸びると思っています。

ある程度描けるようになってから絵に関するいろんな知識を学んで

「ああ、これはこういうことだったのね」

ってなるほうが僕は面白いと思います。

 

デジタルでもアナログでもいいけど僕的にはアナログがオススメ

 

 

上の絵はデジタルで描いたものです。

今の時代はデジタルでもかなりクオリティが高くて

アナログと大差ないぐらいの絵が描けるようになりました。

 

が。

 

それでも僕はアナログから始めたほうがいいと思う派です。

先ほども言いましたが、絵は完全に「個性」の世界です。

個性というのは細かいことの積み重ねで育っていくものです。

デジタルではそのホントに細かいところまでは

まだ表現しきれない部分がたくさんあります。

アナログから始めればデジタルは楽に描くことができます。

というわけで僕はアナログから始めたほうがいいと思う派です。

関連記事⇒【初心者必見】アナログで絵が描けたらデジタルは楽勝です

 

まとめ

 

絵を描くコツをつかむためには以上のようなことを考えながら

練習すればわりと早くつかむことができると思います。

大事なことは小手先の技術ではなく、感情です。

極論、感情さえ出ていれば下手でも伝わって観る人を感動させる

ことだってできるわけです。

絵ってそんなものだったりします。

 

↓↓↓あわせて読みたい絵に関する記事あれこれ↓↓↓

魅力的な絵を描く方法:上手いか下手かよりも大事なこと

模写のコツ:絵が上達したいなら線を見たらダメ、形や雰囲気、空気感を見る

【絵の上達】頭の中にあるイメージを的確に表現する方法

絵の上達|上手く描けないのはバランスがとれていないせい

画力を上げるためにやるべきこと5つの詳細はこんな感じ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください