本当に素晴らしい作品は時代をはるかに超える

時代によって流行するものが変わる。

服装や髪型、食べ物、その他もろもろ…。

流行りモノはある一定の期間を過ぎると

すぐに忘れ去られてしまう。

一発屋と言われる芸人とかまさにそう。

全然面白くも何ともないヤツが

毎日のようにテレビに引っ張りだこになってる。

それはそれでイイんだけど

そこからどうするかによって

一発屋と呼ばれてしまうかその先も

ずっと活躍できるかどうかが変わってくる。

 

時代を超えるホンモノの芸術

芸術の世界も、流行りモノがあって

音楽なんか特にどれもこれも似たような

リズムだったり曲調だったりする。

それはそれで流行ってるから

世間のみなさんがそれを望んでるという観点から

そういうモノを作ろうってなるのは

それはそれで素晴らしいことだとは思う。

 

でも時には時代とか流行りとか関係なく

いつ聴いても

古さをまったく感じさせないモノもある。

そういう音楽ってホンモノの芸術なんだろう。

 

クラシック音楽なんかはまさにその典型で、

だいたい16世紀とか17世紀とかに作られた曲が

いまだにいろんなところで使われてたりする。

運動会のアレとか。

G線上のアリアとか。

300年以上も昔に作られた曲なのに。

もはやそうなると流行りとか時代とか

そんなことは関係なくなる。

いつ聴いてもイイものはやっぱりイイ。

 

色あせないモノ

メチャクチャわかりやすいのが

山下達郎の「クリスマスイブ」。

あの曲がリリースされたのが1983年。

30年以上経った今でもクリスマスになると

あの曲がいろんなところで流れてるし、

やっぱりクリスマスシーズンに聴くとしんみりしちゃうし、

CMなんかでもあの曲で

旬の俳優さんなんかを使ってたりしてても

全然古さを感じさせない。

僕は冬にあの曲を聴きながら

自転車に乗って走っているともうニヤニヤが止まらない。笑

なぜにそんなに時代関係なく

いつまでたってもイイと感じるのか?

このナゾはたぶん一生かかっても

解けないんだろうけどたぶんそうかなーと

思うぐらいにはなんとなくみえてきた。

先ほどの「クリスマスイブ」でいうと、

リズム的なところはガチガチの8ビートで、

コード進行もよくあるもの。

転調してるわけでもなんでもないし、

この感じの構成だとどんなメロディを

のっけてもある程度の曲には仕上がる。

なので特に変わり映えするものはなにも見当たらない。

曲の構成でいうと

ものすごいシンプルなものに仕上がってる。

それでも聴いた瞬間にそれとわかるし、

その時に雪でも降ろうもんならもうたまらないよね。

もはやリズムとかコード進行だとか

曲の構成だとかそんなことどうでもいい。

そういうちっぽけなものはどこかに

吹き飛んでしまうぐらいのナニカがある。

その「ナニカ」がこの曲にはあふれんばかりに

込められていて、だからこそどんなシーンで使っても

画面が映えるし、古さなんかみじんも感じさせない。

 

何回クリスマスシーズンに

この曲聴いて泣きそうになったことか。

その目に見えない「ナニカ」が込められた曲は

いつの時代も決して色褪せることはない。

新しいとか古いとかそんな次元をはるかに超えてる。

 

関係ない。

 

「ナニカ」の正体

 

目に見えないものがそこには込められてて、

それを体で感じたいがために

僕らはさまざまな方法をとる。

スマホやパソコン、テレビなどなど。

あらゆる手段を使えるけど結局

その「ナニカ」を求めてることにはなんら変わりない。

 

いつの時代も。

 

ひと昔前ならテレビとかラジオぐらいしかなかったから

みんなこぞってテレビのあるところに集まったり

ラジオのあるところに集まったりしてた。

この構図自体が今も昔も変わらない

普遍的なことなんじゃないかな。

それだけの人が

たったひとつのことを体験したいがために動く。

そこには作り手のものすごいタマシイがこめられてる。

「ナニカ」の正体はタマシイだ

 

タマシイの正体

タマシイは作り手の情熱とか

その物事に対してのエネルギーとか。

数値では決して表すことができないもの。

それを作りあげるにはいかに凄まじい

情熱をもってその物事に取り組めるかどうか。

すぎやまこういちという作曲家が

ドラゴンクエストの「序曲」を作るのに

5分もかからなかったという。

でも彼は5分で作ったんじゃなくて

その前の54年をたして54年と5分でできたといった。

もうこの言葉にすべてが込められてるよね。

それだけ長い時間音楽に向き合って

きたからこそできたものなんだと。

その長い時間をかけて自らのタマシイを

磨き上げてきたからこそのものなんだと。

 

かっこよすぎる。

 

あとこんなのも。

「天才だと?  37年の間、毎日14時間練習を

続けてきた私をつかまえて、天才呼ばわりする気か!」

(パブロ・デ・サラサーテ、作曲家、バイオリン奏者)

これはひとつの例だけど、

こういうことが芸術という分野の

ナゾを解くカギになってることは間違いない。

解きたいような解きたくないような。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください