偉そうな人の特徴と対処法:彼らは実に器の小さい人間なので大丈夫

世の中には偉そうに振る舞う人間が大勢います。

一体自分を何様だと思っているのか。

上から目線で全てを語ったり歩き方だったり立ち居振る舞いだったり。

自分が王様であるかのように全てを見下したようなものの言い方。

彼らはなぜに偉そうにするのか。

その理由と対処法をまとめてみました。

 

 

偉そうな人の特徴

 

上からものをいう

 

 

偉そうな態度をとる人はだいたい

自分が人よりも優れていると思い込みたい人。

思い込みたいだけです。中途半端にプライド高いんです。

なので自分がやったことを〇〇してあげたとか

〇〇してやったとかそんな言い方しかしません。

なんでそんな上から?、とツッコミたくなりますね。

 

「自分が誰よりも優秀である」というふうに

思いたいだけなのでひとまず放っておけば大丈夫です。

思いたいだけなのが面白いところで、まわりの人がおだてて

囃したてればすぐに図に乗ってなんでもやってしまう

まさに「はだかの王様」状態です。笑

絡まれたらそいつがすっぽんぽんで偉そうなこと言っていると想像してください。

笑けてしまってもしかしたら許してしまうかもしれません。

決して自分と同じ目線で見ないようにしてください。

同じ目線に立っただけで息苦しくなってしまいます。

めっちゃ上からみてあげればいいんです。

幼稚園児をあやす感じで「はいはい、よかったでちゅね~」

ぐらいの気持ちであたたかく見守ってあげてください。笑

そうすれば逆にかわいそうになってきます。

 

自分の存在を認めさせたい

 

偉そうな人は自己顕示欲の塊のようなもので、

他の人に認められることでしか自分の価値を見出せない悲しい人たちです。

 

そしてそれを自慢げに上から目線で話すもんだからホントにタチが悪いですよね。

僕の前の上司もまさにそんな感じでした。そしてその自慢話を大声で

しゃべりだすので恥ずかしいったらありゃしない。笑

でもホントは自分で自分の価値を認めることのできない、

心の弱い人なんです。

そう解釈して自分よりも格下だという認識をもって

質の低いかわいそうな人間なんだと解釈すれば

だいぶ気が楽になるのではないでしょうか。


井の中の蛙

 

偉そうな人はだいたい世界が狭いものです。

世の中にはいろんな人がいていろんな世界観があるのに、

それを知ろうともしないし考えようともしない。

、、というふうに見せて実は知ってるのにそれを認めたくない。

自分よりも優れた人間がいるということを認めたくないのです。

ちっちぇーーーーーーー。

 

中途半端にプライドが高い

 

中途半端にというところがミソです。

本当にプライドが高い人というのは

実はものすごく腰が低くて謙虚な人が多いです。

 

それは自分に絶対的な自信を持っていて

まわりにどう思われようが気にならないから。

だけど偉そうにする人というのは自分に対する自信を

そこまで持ち合わせていないので中途半端なプライドを持っています。

自信があるようにみせてはいますが実はハリボテです。

なので自分よりも格上の偉い人とのつながりをアピールしてきたりすることで

自分を必要以上に大きく見せようとしたりします。

 

でも自分より上の立場の人間には必要以上に

へりくだった態度をとるのでそれはそれで見ていて面白いですよ。

そしてへりくだったあとでその人の悪口を言うという…。

これほんとによくあります。もうみてて恥ずかしい限りです。笑

 

ホントは臆病者の小心者

 

 

偉そうな態度の人は基本的には

自分に自信がないにもかかわらず自己評価が高いです。

そのわりに現実の自分もある程度理解してしまってるので

それを直視することはしない、したくないんです。

だから必要以上に自分を大きく見せたり

人に高圧的になったりして弱くて小さくて臆病な自分を隠そうとするのです。

 

「弱い犬ほどよく吠える」とはまさにこのことです。

 

偉そうにしてる人ほど

バカにされたり侮辱されることを極端に嫌います。

バカにされたり侮辱されるとその瞬間に

頭に血がのぼってまわりが見えなくなり、

見境なく無関係の人までも傷つけたりしてしまいます。

本当の自分の姿を隠すために。

 

愚かの極みですよね。

逆に自分に自信があって強い人はバカにされたり侮辱されても

鼻で笑ってそれすら笑いのネタにしてしまえるほどのツワモノです。

 

上手くつきあっていくには

 

 

一番いいのは相手にしないことです。

でも仕事とかでそんなわけにはいかないときもあるでしょう。

 

そんなときは心の中で見下してあげるといいでしょう。

そういうことでしか自分を保てない弱い人間なのでうまくおだてて

気持ちよく過ごさせてあげましょう。

中身の年齢でいうとホントに幼稚園児並みです。

いや、こんなこというと幼稚園児に失礼なのでもはやそれ以下です。

ただのバカです。ハナクソ以下です。

器の小さいカス人間です。

そんな人間にいちいち気疲れするのもバカらしいでしょ?

 

本人が自分で気づかないと偉そうな態度は直ることはありません。

なので出来る限り関わらないようにするのがベストです。

 

出来ることなら、自分がその人よりも力をつけて

立場も上になって自分に対してへりくだるように

持っていけたら最高にカッコイイですね。

「なかなかそんなふうにもいかないよ」

というあなたにはその場から逃げることをオススメします。

逃げることがカッコ悪いことではないと思います。

問題は逃げたあとの話です。

逃げた先で頑張ってやれば「あのときに逃げてよかった」

と思えるようになります。

そんなふうになれれば逃げることがカッコ悪いことでも

なんでもなくなりますよね?

僕は逃げ出しました。笑

そして水墨画家になるという道を選びました。

そんなふうに考えるようになったことが絵を描くことにも

だいぶ生かされています。いや、むしろそんな経験をしたからこそ

今のような絵が描けるようになったと考えたほうがいいですね。

感謝の気持ちが生まれるので。

今ではそんなできごとも感謝でいっぱいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください