人生が幸せになる方法:考え方次第で幸せにも不幸せにもなれる

 

幸せってなんなんだろう?

意味を調べてみると、

為る()+合わす」が変化して「幸せ」になったとある。

もともとは「めぐり合わせ」の意味で使われていたものが

時代の流れとともに変化していったんだと。

 

この「幸せ」という言葉。

感じるところは人それぞれ違うと思う。

何をもってして幸せと感じるか?

 

Aという人がすごく幸せそうにしていてもBという人は

それでは幸せと感じることはできない。

 

当たり前だ。

 

人それぞれ感覚が違うんだから。

 

例えば戦争時代。

 

今と比べると食べる事は満足にできなかったし、

寝ることもいつ空襲があるかわからないから

ゆっくり寝ることもままならなかっただろう。

 

 

価値観の違い

 

もしその時代の人がタイムスリップして

現代に来たらどう思うだろう?

食べ物なんかまさに掃いて捨てるほどあふれかえってるし

空襲もないからいつでもどこでも安心して寝れる。

昔の人からしたら現代の日本は

まさにパラダイスなんだろう。

 

要するに現代に来た時点で現代人の感覚では

マイナスの状態

彼らはそこからスタートしてるから僕らが当たり前のように

思ってる事でも幸せに感じる事ができる。

 

今と昔で比べなくても世界規模でみれば食糧難の地域なんか

いくらでもあるし、戦争してる国だってなんぼでも。

シリアの国やお隣の北朝鮮なんかホントに僕ら日本人が

その現場に行ったらまず生きれない人が大多数だろう。

過酷すぎて。

 

今考えるとキツかった専門学校時代

 

僕は30手前で柔道整復師の資格をとるため、専門学校にはいって

夜も寝ないで仕事をした事がある。夜中に働いて朝から整骨院で働き、

そして昼間に少しだけ寝て夜は学校に行き、

そのまま晩御飯を食べてまた夜中に仕事をする。

そんな暮らしが3年ぐらい続いた。

 

はっきり言って眠かった。笑

 

授業中に寝た事はもはや数えきれない。

寝過ごしてそのまま学校に行かなかった事も

しょっちゅうあった。

 

バイクで通ってた時期もあったので

危うく居眠り運転で

事故りかけたこともあった。笑

 

でもそのときは感覚が狂っていて、

資格を取るために必死でやっていたので

 

それが当たり前になっていた。

資格を取って朝起きる生活になったとき、

 

夜寝れる事がこんなにも幸せなことなのか

 

、と嬉しすぎておしっこちびりそうになった。

 

幸せの意味を考える

 

 

人間は本来太陽が沈んだら寝て、

朝太陽が昇ると起きて、

 

という生活を昔から、それこそ原始時代の

まだ猿だった頃からしてきた。

それがずーっと残っていて、

夜寝る事は当たり前になっている。

 

僕自身も子供の頃から

夜9時になったら寝かされていたし、

それが当たり前だった。

 

でもそれが当たり前でなくなると

ふつうに夜寝る事ってすごく幸せな事なんだなと、

深く深く考えさせられた。

、、、つまり、

今現在、当たり前になってる事の中にも

実は幸せっていっぱい潜んでいて、

それを感じ取れるかどうか

の問題なんだよね。

 

慣れてしまうからね。

 

人間はね。

 

今、地球は何が起こるかわからない。

あちこちで地震は起きてるしどっかの国のアホは

クソガキみたいな事してるし。

 

明日にはもしかしたら地球は消えてなくなって

しまうのかもしれない。なくならないにしても、

今ある「当たり前」の事が何らかの原因で

「当たり前」でなくなるかもしれない。

 

そんな事は誰にもわからないし知る術もない。

 

大切な事は、当たり前を当たり前にせずに

生きていけたらこんなに幸せな事って

ないんじゃないかなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください