離婚したいとお悩みの方にバツ2が捧げる離婚のススメ

結婚はある種のゴールととらえる見方も少なくありません。

芸能人が結婚を発表するときも”ゴールイン”という

見出しでテレビや新聞で扱われることが多いですね。

一般の人でも結婚は式を挙げれば

いろんな人が祝福してくれるし、人生の中でも

トップスリーに入るイベントであるのは間違いありません。

、、がっっ。

そんなにたくさんの祝福を受けて

結婚したにもかかわらず、

離婚してしまう人は後を絶たちません。

それは性格の不一致だったり、経済的なこと、

DV、不倫、嫁姑問題、いろんな理由があって離婚に至ります。

 

 

離婚は悪じゃない

 

離婚自体はそんなに悪いことなはずはありません。

法律で離婚という制度が定められてる以上は

それ自体が悪いということは何もないはずです。

ただ、たくさんの人に祝福してもらったのに、

という申し訳なさと「あの人離婚したんだって」みたいな

後ろ指さされるような風潮がいまだにあります。

芸能人でも離婚はスキャンダルみたいな扱い方をされているので

なんとなく悪いことをするような感覚に陥ってしまいますね。

子どもがいれば、経済的な理由とか子どもに対しての申し訳なさで離婚を

思いとどまる人もいいます。

 

でも。

 

親が仲悪いのを見る子どもの気持ちは…?

 

子どもは親の変化にはものすごく敏感なものです。

僕の両親は離婚したわけではないですが、

ケンカしてる親をみるのはイヤでしたよ?

それがずーーっと続いて険悪な雰囲気でいられるより

寂しくても笑ってる親の姿をみたいと思うのが子どもの

心情ではないでしょうか。

僕が子どものときに、母親が義母に苛められて泣いているのを

見たことがあります。そのときのいたたまれない気持ちは

いまだに忘れることができません。

 

子どもだってひとりの人間です。

ガマンすることで子どもに負担がかかるということを

考えてみてください。

 

 

結婚はくじを引くようなものだ

 

そんな言葉を昔何かで聞いたことがあります。

確かに結婚はやってみないとわからないことが多いです。

同棲するのとはワケがちがいます。

苗字も変わるし、手間のかかるいろいろな手続きもあります。

何よりもお互いの家族を巻き込んでのことなので

意識的なものはただ同棲するのとは全然違ってきます。

結婚したら人が変わるのは当たり前のこと。

子どもが産まれればなおさら。

実際に共に生活をしていれば、

お互いのイイところも、イヤなところも全部が丸見えになります。

 

それは実際にやってみないとわからないことです。

なので”くじを引くような〜…”という言葉は

すごい的確に表現してるなーと思います。

 

 

悩むぐらいなら離婚したほうがいい

 

実際に結婚して生活してるとどうしても

受け入れられないようなこともでてくるものです。

多少の価値観の違いはあっても

お互いに話し合って解決できるものもありますが。

本来ならそうやって少しずつでも話し合ったりして

お互いが歩み寄って納得できるように

もっていくことができたらそれが一番イイことです。

おじいちゃんおばあちゃんになっても、

孫が遊びにきてわちゃわちゃなってるのを

見て笑いあえたらそれが何よりだと思います。

死ぬまでお互いが認め合って

生涯を共に歩んでいくことができたら

それが一番幸せなことではあります。

 

ほんとは。

 

でも話し合いをしても一向に改善する気配がなかったり、

どこかで気持ちがプツンと切れてしまうこともありますよね。

そうなるともはや生理的に受け付けられなくなってしまいます。

 

そんな時は迷わず離婚してしまうほうがいいです。

我慢してると、いろんな弊害が生まれるので。

 

顔を合わせばイヤな気持ちになったり、

ケンカをしてしまったり。

そんな状態では家に帰るのもイヤになってしまいます。

それが常に頭の中にあると、

仕事とかいろんなことがうまくいかなかったり、

生活するだけでストレスがたまってしまいます。

 

子どもにはなんのメリットもない

 

子どもがいれば、そのイヤな空気を

子どもにも味あわせてしまうことにもなります。

 

僕の両親は離婚したわけではないですが、

子どもはそういうのにものすごい敏感なもので、

親がケンカしたり空気が悪くなってるのを

見るのは非常にツラかったことを覚えています。

 

すぐ仲直りしてくれたからよかったものの、

これがずーっと続くとなると、

子どもにかかる負担も想像に難くありません。

 

それならさっさと離婚して

心から笑える環境を作ってあげるのも親の責任だと思います。

 

それはそれで寂しい思いもさせてしまうことにはなりますが。

僕は寂しくても親は笑ってくれてるほうがいい。

そう思って離婚しました。

 

離婚は莫大なエネルギーを要する

 

離婚というのは結婚のときと違って

想像以上にエネルギーを消費します。

2回経験してるので断言します。

離婚するには相当な覚悟が要ります。

大変です。なにかと。

役所の手続き、慰謝料、子どもがいれば親権の問題、

女性であれば姓の変更、それにともなう銀行やら学校やらの各種手続き、

事務的なことだけでなく、

精神的にもかなりの負担がかかります。

最初は周囲の人たちの反応も気になります。

でもそれは最初の何日かだけです。

でもそれを乗り越えることができれば

そこには楽しい第二の人生が待っています。

 

離婚するまでの流れ

 

離婚をできるだけスムーズにすすめるために

離婚までのながれを解説します。

なんの準備もなしに「離婚する」って言い出すと何かと

めんどくさいことが発生するのでできるだけ

エネルギーの消費は最大限おさえたいところです。

 

離婚するための心の準備

 

まず、本当に離婚するべきなのかどうなのかを

真剣に悩みましょう。

離婚をするときは1回地獄を見る

という覚悟をもってしないといけません。

 

離婚するだけでもいろんなところに走り回って

手続きしたり精神的にも肉体的にも大変なのに、

その先に明るい未来が待っているとも限らないのです。

これが一番重要です。

 

その後の生活のことを考えたら不安のほうが大きいと思います。

収入のこと、育児のこと、将来のこと。

生半可な気持ちで離婚してしまうとあとで後悔します。

 

実際に生半可な気持ちで離婚して

後悔した人も僕は知っています。

今の生活をズルズル続けることと、

そこから解放されて生きていくことを

てんびんにかけてみてください。

今の生活をずっと送り続けるよりは

よっぽどマシと思えるなら早急に離婚したほうがいいです。

 

人生は一回きりなので。

ただ、決意が固まってもしばらくは

表に出さないほうがいいです。

相手にもよりますが、こちら側の下準備を

しっかりとした上で表に出さないと

モメにモメて究極にめんどくさいことになってしまいます。

 

お金を貯める

 

真剣に悩んで考えて決意が固まったら、

まずはお金をある程度貯めておくべきです。

離婚するにあたって何かとお金がかかります。

離婚が成立しても住む場所も仕事もない状況だったら

せっかく解放されてもなんの意味もありません。

 

生活する場所の確保

 

今生活している場所とは別に生活できる場所を

確保しておいたほうがいいでしょう。

安いワンルーム、アパート、実家、

なんでもいいので逃げ場所はつくっておいたほうがいいです。

ひとりになれる環境をつくっておくことで安心感が生まれます。

お子さんがいるのであればなおさらです。

オススメは実家に事情を説明してお世話になる助けてもらうことです。

新たに家を借りるとなるとそれだけでもかなりの費用がかかるので。

僕の場合は実家が遠かったので新たにワンルームマンションを借りました。

 

 

離婚する理由を明確に作る

離婚したいという想いを明確にして

お互いが納得できる形を作り上げましょう。

そうでないとモメて離婚調停とかになって長引いてしまいます。

最悪の場合、弁護士などに相談してみてもいいかもしれません。



できるだけ記録する

 

形を作るうえでやっておいたほうがいいのが

いろんなことを記録することです。

最悪、話し合いが上手くいかなくても

相手に不利になるような証拠を準備しておけば

話が進みやすいです。

会話を録音したり、隠しカメラで撮影して映像の記録を残したりですね。

少し費用はかかりますが探偵に依頼して証拠をつかむという

手もあります。

テレビ出演多数!浮気調査なら【リッツ横浜探偵社

 まとめ

 

離婚はもはや当たり前の時代になっていますが、

それでもいろんな人の手助けあってのことなので

なかなかふんぎりがつきにくいものです。

親や家族、友達にも後ろめたい気持ちはあります。

でもそれはそのときだけです。

5年後、10年後のことを見据えてみてください。

長い目でみたときに自分にとって、子どもにとって

どちらが正しいのかをよく考えてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください