自分に自信が持てない人は「経験」が足りてないだけなので大丈夫

自分に自信を持てなくて

人とコミュニケーションをとることがうまくできない。

自分の意見をハッキリ言うような人の前だと

圧倒されてしまってなおさら

自分の意見を言うことができない。

 

そんなふうになってしまっている自分が嫌になって

自分を責めてしまってさらに自信がなくなっていく。

 

 

でも大丈夫。

そんな悩みはここで解決できます。

僕もそんな人間でした。

自分に自信が持てなくて人に流されてばかり。

心の中では「〇〇なのになー」と思っていてもそれを言うことができなくて

結局いつも長いものに巻かれてしまっていました。

 

自分がどこにあるのかわからなかったんです。

でもいろんな人と関わっていくことで

そんな悩みはいつのまにかなくなってしまっていました。

 

まわりの人をよーく見て観察して分析する

 

  • 自分と同じような人。
  • 自分と180°対極にいる人。
  • 自分の意見をハッキリ言う人。
  • 物静かな人。
  • なんだかよくわからない人。笑

 

いろんな人が周りにはいます。

 

その人たちを細かいところまで観察してみましょう。

なぜその行動をとったのか?

なぜその発言をしたのか?

自分に置き換えた時、自分ならどうするか?

 

などなど1人の人間をじっくり観察して

分析してみると、意外なことがわかったりします

 

強そうに見える人ほど実は中身は弱かったりする

 

一見、自分をしっかり持ってるように見えるような人と

深く関わってみると意外なほどモロいことが多かったです。

 

これは周りの人に対して弱い自分を

見られたくないという心理からなのだと思われます。

 

犬がシッポを後ろ足の間に丸めながら吠えて敵を威嚇してるようなものです。

 

だいたいこの手のタイプの人は言葉や他人との接し方も

トゲトゲしてることがおおいですね。

 

先に相手を攻撃することで

相手をビビらせて自分が優位に立とうとするのです。

、、、か自分のテリトリーに入ってこられるのがこわいから。

 

まあどっちみち自分以外のものがすべて””だということですね。

こういう人たちこそ自分に自信がないんですよ。

そう思ったら少し勇気がわいてきませんか?

 

でも自分に自信が持てなかった当時の僕は

こういうタイプの人がニガテでした。

僕は基本的には受け身の人間なので

最初からガツガツこられると萎縮してしまいます。

今でもこのタイプはあまり好きじゃないですが。。

 

この手のタイプはまわりから尊敬されてるように

見えて、実はウザがられてたりしますね。笑

 

優しくて強い人ほどおとなしく見える

 

一見おとなしそうに見える人ほど信念がすごく強くて、

なおかつ人に対して優しく接してくれます。

 

これは自分がいろんな経験を積んできて、

その辛さを知ってるから。そして自分にトゲがあると、

誰も近寄ってきてくれないことを知ってるから

 

だから自分に自信がある人ほど周りに対してすごく物腰が柔らかいです。

一緒にいてもすごく落ち着く。

この手のタイプは周りからも好かれて愛されることが多いですね。

 

自分に自信を持っている人は自分を知っている

 

自分の事を知らないで自分に自信を持つことは難しいです。

 

なぜ自分に自信が持てないのか。

自信が持てない部分はどこなのか。

どんな時に自信がないのか。

逆に少しでも自信がある部分はどこか。

自分の好きな所。

自分の嫌いな所。

何をしたらテンションが上がるのか。

何をしたらテンションが下がるのか。

 

などなど、

自分自身を細かいところまで分析していきます。

 

自分の”ここが好き”という部分はできるだけ伸ばすことを考えます。

なんなら放置しておいても何の問題もありません。

逆に、自分の嫌いなところ、自信がないところは

徹底的に向き合わないとずっとそのままです。

 

いやむしろ、”今まで目を背けて放置してきたから

自信がない“と言い換えたほうがいいかもしれません。

 

興味がないことまで向き合う必要はありませんが、

自分が好きなことやこれから生きていくうえで

自分の中で欠かせないものは

自信がないままだと一生後悔することになってしまいます。

 

僕の場合は、人前で何かすることが大の苦手でした。

なので大勢の人の前に出てドラムをたたくなんて

とんでもない話だったのですが、人間って不思議なもんで、

何回もやってたら慣れてきて自信をもってできるようになりました。

いや、むしろ快感になっていってました。笑

 

毎回キンチョーはしましたが。笑

 

人とコミュニケーションをとることも苦手で自信がもてなかったのですが、

苦手だからといってそこから逃げてばかりだと

だめだと思ってできるだけそういう場所に

自分を放り込むようにしました。

 

そしたらいつの間にかそれが苦手でなくなりました。

そして苦手だと思っていた部分で自信が持てるようにもなりました。

 

自信が持てるようになるには

 

 

どうやら人が自信が持てるようになるには小さなことを

少しずつ積み重ねていくしかないみたいです。

 

最初はできないようなことでも毎日やっていれば

いつかコツをつかんですんなりできる日がやってきます。

 

どんなことでも真剣に向き合っていればそれが

「経験」になって自分の中に蓄積されていきます。

その蓄積が自信になっていきます。

 

人と比べることで自分に自信を付けるという方法もありますが、

その方法では残念ながら長続きはしません。

 

たとえ一瞬だけ自信が持てたとしても

次の日には忘れてしまって元にもどります。

 

他人に勝ったところで自分自身で納得できないならそれは

結局なんの自信にもなりません。

 

「自信がない」とぼやくひまがあるなら少しでも自信を持てるように

自分自身やいろんなことと向き合って「経験」を積み重ねていくことです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください