結婚は「ゴールイン」ではなく「ゲートイン」道は始まったばかり

「結婚=幸せ」?

結婚したら結婚式を挙げて、

好きな人とともに周りの人たちに祝福される結婚式。

これほど幸せなことは一生に何度もあることじゃないですね。

それから夫婦2人で子どもを設けて

苦楽を共にして一生を添い遂げる。

 

未婚のときの結婚に対するイメージは

なんかだいたいそんな感じでした。

でも実際にはそんなカンタンなものでもありません。

 

結婚=ゴールイン??

 

 

結婚することがある種の

ゴールであるかのような世の中の風潮ですが、

テレビとか新聞とかでも結婚のニュースには

なぜかゴールインという見出しが散見されます。

 

いつまでそうなんだろう?

 

結婚は夫婦として、

家族としての生活が今から始まるという

いわば契約を交わすようなもの。

 

なのでホントは"ゴールイン"

じゃなくて"ゲートイン"のはず。

競馬でいうところのスタート地点に立ったばかり。

 

 

 

なにせ戸籍上の他人同士で交際してる期間よりも

夫婦になって家族として過ごすであろう時間のほうが

圧倒的に長いわけだから。

 

ゴールインとか言っちゃうから

その先のことなんか考えないで

離婚に至るケースが多いんだろうなと思います。






 

結婚は生活を共にするということ

 

 

 

結婚するということは籍を入れて姓も同じになって

同じ家に住所を置いて共に生活していくということです。

 

朝起きて顔を見て寝る前にも顔を見て

ごはん食べてるときも顔を見て

いいところもそうでないところも

すべてをさらけ出すということ。

 

そしてそんな生活に“慣れ”が生じてくると

裸もしくはそれに近い格好でくつろいだり、

自分がいる場所でオナラやゲップをしたり、

会話がなくなったり、お金の使い方が荒かったり。。。etc

 

ありとあらゆることをさらけ出していくと

それがストレスになったりすることもしばしば。

 

 

でもそれは一緒に生活してみないとわからないことなのですっっ。

 

お互い人間なのでダメなところのひとつやふたつ

持ってて当たり前。

 

だめなところが見えてもそれを許せるかどうかが

今後の生活を大きく左右します。

 

いいところもそうでないところも

全部ひっくるめて受け入れるのが

いちばんいいのですがなかなかそうもいかないので、

だめなところは直せるなら直したほうがイイし

そこは話し合いによって解決できることもあります。

 

なによりもいいところを見てあげてそれを

伸ばすのがいちばんなのではないかと思います。

 

夫婦別姓とかもありますが、僕はあれの意味がわからない派です。

 

子どもは姓が同じだからそれに守られてるような感覚になって

ある種の統一感みたいなものが生まれてそれが安心感を生む。

少なくとも僕が小さいころはそんな感じだったと思います。

 

結婚は思いやりが大事

 

 

よく離婚した人の話を聞きますが、いつも共通してるのは

相手を思いやる気持ちがどこかにいってしまってるということ。

 

最初からそれがなかったらそれもしかたないことですが。

でも結婚して一緒にいる時間が長くなると

悪い意味で慣れが出てしまってだんだん

そういう気持ちも薄れていってしまうものです。

人間だからそれは仕方のないことです。

 

でも、

「一緒にいてくれてありがとう」

は絶対に忘れちゃいけないものです。

これは夫婦だろうが友達だろうが仕事仲間だろうが

 

 

結婚をすればいろんなことが起こります。

楽しいことも苦しいことも。

2人だけの問題ではなくなるところもあるのが結婚。

 

自分の親や、相手の親。

兄弟、親戚の人たちとの関係もできます。

 

中にはとんでもないことを言ってきたりすることもあるし、

相手が自分の味方をしてくれないことだってあります。

 

でもどんなに苦しいときでも

相手を思いやる気持ちさえあれば乗り越えられます。

離婚するときはだいたい自分のことしか考えてないときです。

ケンカをしたときだって

少し時間が経てば気持ちは落ち着くもんです。

 

その怒りをずっと引きずったまま

離婚してしまうというのもよくあるハナシ。

 

でも多くの場合、結婚した当初の気持ちを忘れて

思いやりの気持ちを失くしてしまうのがほとんど。

 

初心忘るべからず。

 

 

子は宝

 

 

結婚には多くの苦痛があるが、

独身には喜びがない。

英国の詩人、ーサミュエル・ジョンソンー

 

苦しいこともたくさんありますが

そんなことどうでもよくなるぐらいの喜びもあります。

 

たとえば子どもが産まれたとき。

 

「目に入れても痛くない」というのは

こういうことを言うんだなと思うぐらい可愛いもの。

 

そしてその子どもが成長していくのを見るのは

何ものにも代えがたい喜びがあります。

 

そしてその子どもはときに、夫婦の間に入って

険悪なムードをぶち壊してくれることもあるのです。

 

ケンカしてたのに子どもが間に入ってきて

そんなことどうでもよくなるなんてことは結構あるもんです。

 

子どもが産まれると育児に翻弄されて

男がほったらかしなんてのもよくあるけど

それは男が家庭に入らないことが原因です。

 

ちゃんと2人でみればそんなことも

なくなるはずなんですけどね。。。

 

 

結婚は2人で幸せを築いていくもの

 

 

結婚をしないで、

私はなんて馬鹿だったんでしょう。

これまで見たものの中で最も美しかったものは

腕を組んで歩く老夫婦の姿でした。

 

ハリウッド女優、ーグレタ・ガルボー

 

結婚は始まり。

 

何もないところから楽しいことも苦しいことも

すべてを共にして2人での幸せをつくっていくものです。

そのために必要なものはお互いを思いやる気持ち。

 

これさえ忘れなければおじいちゃんおばあちゃんになっても

手をつないで歩く微笑ましい夫婦になれる、、、

 

「あのときはいろいろあったけどねぇ~」

なんて言いながら笑ってるおばあちゃんとか

みたらステキだなと思いますよ。

 

そんな夫婦になれたら最高ですね。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください