「報われない努力」が教えてくれた間違った努力の方向性

「努力は報われる」

「努力はウソをつかない」

「こんなに頑張ってるのに」

 

そんなふうに考えてしまったらそれはもう

「努力」でもなんでもない。

 

 

それがどこに向かってやってるのか。

そんなこともわからずにただやみくもに

頑張ったところで報われるはずもない。

 

「目標」があってそれに向かって精進して

突き進んでいってその結果「目標」に

たどり着くことができてはじめて、

それを「努力」と呼ぶことができる。

 

 

 

「目標」に通じる正しい道筋を知る

 

 

遠かろうが近かろうが

「目標」というのはある種のゴール地点だ。

 

そのゴールがたとえば「目的地」なら

地図があればあとどれぐらいで

たどり着けるかというのはわかる。

スマホがあればなおのこと

あと何キロとか正確に把握できる。

そこにはちゃんと"道しるべ"があるから。

 

でも人生においてゴール地点までの

道のりには地図もスマホも何もない。

あと何キロでたどり着くのか、

この道でちゃんと合ってるのかどうなのか。

"道しるべ"もなにもないから

あとどれぐらいでたどり着けるのかが把握できない。

 

 

でもゴール地点と自分との距離は「今の自分」

ちゃんと理解すればなんとなくはわかるハズ。

 

その「なんとなく」「明確」なものにするためには

とりあえず第一歩を踏み出してみることだ。

 

踏み出して足跡をつけてみないと

自分の「正確な位置」すらわからない。

 

自分の正確な位置を理解することができれば

ゴールまでの正しい道筋が見えてくる。

 

途中で横道にそれることはあっても

道がわかっていればすぐに戻れる。

 

ゴールまでの道のりを逆算して考える

 

 

道のりがわかればあとはその道をどう進んでいけば

ゴールにたどり着けるのかを考えるだけ。

 

道といっても平坦な道とは限らない。

上り坂もあれば下り坂もあるかもしれない。

もしかしたらいくら頑張っても

越えられない壁があるかもしれない。

 

そういうあらゆる"困難"もそこら中にあるもんだと

シミュレーションしておくとたどり着いたときに

「こんなもんか」と思える。

 

ひたすら突き進むのみ

 

 

道のりがわかってどう進めがいいのかも考えたら

あとはひたすらその道を突き進んでいけばいい。

 

途中で出くわす"困難"も

その都度乗り越えていけば必ずたどり着ける。

 

僕はバンドをやってるときに

最初の「ゴールまでの道のり」

ちゃんと見極めることができなかった。

 

だからいくら努力したところで

それがどこに向かった努力なのか

イマイチよくわかってなかった。

 

このときの「努力」というのは

ひたすら練習していい曲を作って、

をがむしゃらにやってただけ。

 

それをどうやったら多くの人に届けれるのか

ということをまったく考えずにやってた。

 

 

そりゃ報われるわけないわな。

 

 

結果としてバンドはそんなふうに

報われない努力ばかりして、それがどこに

向かってるかがわからなくなってしまって、

空回りしはじめてどんどん

モチベーションが下がっていった。

 

そうなると、メンバー間に不穏な空気が

流れ始めて結局解散という道に進んでしまった。

 

たぶんこれバンドあるある。

 

努力は「ただやれば報われる」というものではなく、

それがどこに向かってやってるのかを

考えてやらないと、それは「努力」でもなんでもない。

 

極端な話、

いくら素振りを頑張って毎日3000回やっても

140キロの球を投げることはできない。

 

「イヤイヤ、投げる練習しろよ」

、とツッコミを入れたくなる。

 

そんな感じだった。

 

ちゃんと計画的に道筋を立ててやるということを

「報われない努力」が教えてくれた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください