メンタルが弱い人は自分を知らない

メンタルが弱いといわれたことがありますか?

昨今の世の中メンタルが弱い人が多いような気がします。

あくまで感覚的なものなので統計をとったわけでもなんでもないですが。

メンタルが弱い人って自分のことをよくわかってない人が多いです。

自分のことをちゃんと知ることができたらメンタルは強くなっていきます。

今日はそんなお話です。

 

 

メンタルが弱い人ってどんな人?

 

メンタルが弱い人の特徴は気が弱い、まわりに流される、

意志が弱い、すぐ傷ついたり落ち込んだりする、

感情的になりやすい、愚痴りやすい、自己表現が苦手。

だいたいこんな感じでしょうか。

 

これらはすべて自分自身のことをあまりよくわかっていないことが原因です。

自分のことを知らないから不安になるんです。

不安になるとマイナスな思考が脳を支配してしまいます。

マイナスな思考で埋め尽くされると人は弱くなります。

不安で押しつぶされそうになります。

押しつぶされまいとして感情が爆発してしまうんですね。

それを自分ではない何かにぶつけてしまいます。

ぶつけられた方はたまらんですよね。

 

 

自分を知るということは自分がどんなことで喜んだりするのか、

どんなことで落ち込んだりするのか、怒るのか、などなど、

いろんな出来事に対してそれが自分にとって

どういう影響を与えるのかをちゃんと理解してあげることです。

 

 

特に人間はマイナスの感情をコントロール出来ないで

周りの人間に不快な思いをさせてしまうことが多いです。

感情にまかせて怒ったり妬んだりして大切な人を傷つけたり、

失ったりしてしまうこともしばしば。

自分を知らないということは自分をコントロールする術を知らないということです。

 

よくありそうなたとえ話します。

 

恋人が職場で他の異性と仲良さげにしゃべっているのを見て不快な気持ちになる。

そしてヤキモチ妬いて怒る。

感情にまかせて怒った状態で相手にものすごい言葉を投げつけてしまう。

それがキッカケでケンカになる。

あとで冷静になって話をしたら完全なお門違いだった。

その結果、相手をただムダに傷つけてしまった。

最悪の場合それで別れてしまう。

こんな話よくありますよね。

 

 

仮にそのときに自分をコントロールして冷静になれたら。

そんなに怒ることなく、ちゃんと冷静に話をできていたら。

相手をムダに傷つけてしまうこともなくスムーズにことは進んだハズです。

 

マイナスの感情をコントロールできなかったから

お互いにムダなエネルギーを使ってしまった。

 

ではどうすればこの感情をコントロールできるようになるのか?

 

 

メンタルを鍛えて笑顔あふれる人生を

 

メンタルを鍛えれば感情のコントロールはできるようになります。

先ほどのたとえ話のような状況でも

いざという時に感情をグッとこらえることができるかどうか

その後の展開がずいぶん変わります。

心の中で思ったとしてもそれを外に出さなければそれでいいんです。

それができれば人生変わります。

でも人間の心は一朝一夕ですぐに強くなれるものじゃありません。

少しずつ積み重ねていくことでしかメンタルの強さというものは

どうやら手にすることができないものみたいです。

 

僕自身もメンタルを鍛えるまではノミの心臓ぐらいの

メンタルしか持ち合わせていませんでした。

すぐに壊れてしまう「絹こし豆腐」のようなメンタルでした。

でも今ではずいぶん強くなったと自分でも感じるので

メンタルは鍛えれるものなんだとびっくりしました。

 

メンタルを鍛える方法:自分を理解する

 

まずは自分を知ることです。

自分という人間を徹底的に洗い出してとことん自分と向き合ってみるんです。

 

過去の楽しかったこと。

死ぬほど辛かったこと。

なぜ辛かったのか。

未来のこと。

楽しく生きるためにどうすればいいか。

何が自分にとって楽しいのか。

逆に楽しくないことは?

どんな自分になりたいのか?

 

などなどこんな感じのことを徹底的に自問自答します。

なんなら紙に書き出してもいいと思います。

 

特にどんな自分になりたいのかっていうのはすごく大事なことで、

それと今の自分とを比べて何が足りないのかを分析するのって

めちゃくちゃいいことだと思います。

 

メンタルを鍛える方法:常に最悪な状況をシミュレーションする

 

僕がメンタルを鍛えるためにとった方法は

常に最悪な状況を想定するということです。

これはかなり荒っぽいやりかたなのでヘタすると精神的に

かなり追い込まれてしまうリスクがあります。

でも効果は抜群です。

はっきりいってこれぐらいのことをできなければ

一生メンタルは弱いままだと思います。

 

「これだけは起きたら最悪だ」という出来事を自分の中で想像します。

起こってほしくない未来を想像するんです。

最初のうちはこれだけでもうへこんでしまって立ち直れないかもしれません。

安心してください。そのうち慣れます。

 

、で、そうなった場合にどうするか、というのを考えます。

最悪の状況を受け入れないとそこからどうするかを考えるなんてことはできません。

なのでどうするかを考えれるようになれば三歩ぐらい前身です。

 

僕はこんなことを毎日毎日バカみたいにやりました。

乗り越えた自分を常にイメージして。

 

 

実際に自分を辛いと思う場所に放り込む

次の段階では実際にしんどいほうしんどいほうへと自分を放り出しました。

 

頭の中でどれだけシミュレーションしても実際にやってみないとわからないので

楽な方にはいかないことにしたんです。

そうやって、自分を辛い方辛い方へとあえて導くことで見えてくることもあります。

 

これは意外といけるかも?

 

みたいなことも出てきます。アレです。要は慣れです。

そしたら辛いことが起こってもこれも未来の自分の理想に近づくための

修業だと思えるようになれば乗り越えられるようになるんです。

 

今は辛くても絶対あとで笑ってやる!

少しずつそんなふうに思えるようになっていきます。

あせりは禁物です。

そんなすぐにメンタルは鍛えれるものじゃありません。

半年から1年ぐらいはみておいたほうがいいかもしれませんね。

 

自分を苛めることでメンタルは強くなる

 

人間は楽なほうに行きたがる生き物です。

でも楽なほうを選んだしわ寄せはあとで必ずやってきます。

そんな人を何人もみてきました。

年いってから「昔はよかった」なんてセリフを

吐いてる人がかっこ悪くみえてしかたありません。

「じゃあ今どうなのよ?」

自分で選んだ道だろう。いまさらグチグチいってんじゃないよ。

 

 

メンタルが弱いとそんな人間になりがちです。

若いやつがみてもかっこいいと思える年配の人はいくらでもいます。

そんな人は必ずといっていいほど自らを辛いほうへと導いてます。

 

あえて辛い道を選ぶことで後々それが必ず経験になって活きてます。

それは実際に経験した人にしかわからないものがあるからです。

というわけでメンタルが弱い人でも鍛えれば楽しい人生が待ってるよ

というお話でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください